Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
水域(上) (アフタヌーンKC)
漆原 友紀
講談社 2011-01-21
評価

by G-Tools , 2011/02/10




『蟲師』の作家さん、久しぶりでした。
めちゃ泣きました。
参った、参った。
やっぱり、漫画って直接来るな、涙腺に。
たまたま本屋でみつけたので、内容を全く知らずに読み始め、
上巻の中ほどから、泣きっぱなし(笑)。

ダムに沈んだ村にまつわる不思議な話。
正直、これまで現実で故郷がダムに沈むっていう話を聞いても
それほど関心を持ったことがなかった。
でも、これを読んで、そうか、そういうことか。
と改めて村人たちの気持ちを想うことができた気がする。


滝にもぐったまま行方知れずとなってしまった息子を持つ
一家が、村を離れられなかったのは当然のこと。
様々な想いがダムの底に眠っているのだ。
普段は水中に隠されている、そういう想いがダムが干上がることで
徐々に見えてくる。

”想い”が水を通して、現世と異世界を交錯する。
時も場所も離れたところの人たちが、出会う。
その邂逅は、留まっていた人たちの新しい一歩となり、
堰から流れ出す水は、新たな生活へと誘う。


滝からほとばしる水しぶき、豊かな水源、
荒くれる濁流、澱んだ緑色の溜まり・・・
どれも同じ水なのに、こうも姿を変えるのか。
水って不思議。
漆原さんの作品には不可欠な存在かも。





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)
川原 泉
白泉社 2006-06-29
評価

by G-Tools , 2009/05/25





川原泉さんは、小学校の頃から大好きな漫画家さんです。数え切れないぐらい同じ話を読みました。なので、私という人間の形成にも相当影響している人です。体調を崩されてからは、あまり描いてないようでとても寂しい思いをしています。そんでいつの間にか読んだことのない単行本が出ていた(といっても3年前刊行)ので、即購入。
『ブレーメン?の5巻』を一緒に購入したのだが、既に本棚にあった!!(泣)。自分の中で未完だったので、つい。終わってたんだね、あっちの話。忘れてた・・・

川原泉ファンにとって、賛否両論ある一冊のようですが、私は出来はどうでも川原さんが描き続けてくれることが嬉しいです。
それにこの漫画も結構好きでしたよ。もっと長く読みたくなっちゃって物足りないと感じるのは、もうしょうがない。我慢します。

これを機にまた読み直しちゃったんだけど、何度読んでも泣けるのぅ川原漫画は。どれも甲乙つけがたいけど、私のベストセレクション!!あ、ベスト3にはできんかった。

『美貌の果実』
『銀色のロマンティック・・・わはは』
『フロイト1/2』
『中国の壷』


テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック


聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)
中村 光

聖☆おにいさん (2) (モーニングKC) 聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC)

by
G-Tools


いや?噂には聞いておりましたが、相当面白いですなぁ、これ。
ブッダとイエスが立川の安アパートで共同生活っていう、荒唐無稽な設定にもかかわらず、なんでしょうこの庶民的な感じ(笑)。

久々に漫画を読んで声をあげて笑ったわ?絵文字名を入力してください
毎回Tシャツの文字が違うのもアッパレだったけど、私のツボはブッタの動物ネタですね。
自己犠牲 キタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━━━!!!!
クリスマスの時の七面鳥とか、おもろかったわ。うつむきがちに玄関外にいる感じがもう・・・
あと仏の顔のカウントダウンとか、苦行が趣味扱いされてたりとか、本当にもう、キリスト教にしろ、仏教にしろ真面目に宗教をとらえている人たちにしてみれば、けしからんこと、このうえない漫画ですね(笑)
こんな漫画が日本で生まれたことに納得絵文字名を入力してください

しかも描くからにはちゃんと勉強してるところがプロですよね。パロディは本物あっての楽しみだからね。これ読んで手塚治虫の『ブッダ』を読んだら笑ってまうんだろか?
いや?面白かった 音符

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌


photo
竹光侍 5 (5) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
松本 大洋
小学館 2008-09-30
評価

by G-Tools , 2009/01/08



松本大洋が描く時代劇漫画。
素敵です。1コマ、1ページと言わず、一筆一筆を楽しむようにゆっくりと読みたい作品です。
スピリッツを購読しなくなって久しいので、こんな漫画を描いていることに結構最近気づいたんですけど、初めて見つけたときの幸福感ったらなかったですよ。
松本さんの世界観で時代劇を観られるのが、とっても素敵。
幸せ?な漫画です。


大好きだった漫画 『蟲師』がついに終わってしまい、とっても残念なところ、心の拠り所(漫画における)はこの『竹光侍』のみとなりました。いっぱい描いてください。松本さん。



蟲師 10 (10) (アフタヌーンKC)
蟲師 10 (10) (アフタヌーンKC)


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
くるねこ
くるねこ大和
エンターブレイン 2008-01-15
評価

by G-Tools , 2008/03/27




大好きなブログの本を買っちゃった。
最高!!!!!
知り合いの猫好き全員に配りたくなったわー。実家に送ったろかな。

飼い猫とのエピソードを漫画で描いているので、どこに分類してよいかよくわからなかったんだけど、漫画のカテゴリーでも、本のカテゴリーでも違う気がする。やっぱり”猫”というカテゴリーが一番ね。
予想以上に内容が豊富で分厚い本に大満足でした。
私がまだブログで見たことのない話がたくさんあったので、買ってよかった!

何故か、ここ何日か私の脳内は「猫」の一文字に90%ぐらい占領されていて、駅から家までの道のりを暗いのをいいことにずーっと死んだ猫のことを考えながら歩いていたりする。
そんな折、目の前に一匹の猫が飛び出してきて、「おっ!!」と思って即座に声をかけたら、「にゃ?」とスリスリ寄って来てくれました!いつも通っていてこれまで触らせてくれる猫なんて一匹もいなかったのに、すごいタイミングで出てきてくれたその猫に、私は思わず涙ぐんでしまいました。
こういうことってあるんだなぁと嬉しく思いながら、くるさんだったら、こういうエピソードをあんなに素敵に漫画化できるんだなぁと羨ましくなりました。
今度から毛物が恋しくなったら、これ読もうっと。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。