Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外にも(?)初、大人計画!!

今回は、オクイシュージさんをはじめ、小松和重さんなど
好きな役者さんが満載で、これは見逃せない!!と
意気揚々と行って来ました。

いや~圧倒されてしまいました。
久々に舞台を見ながら戦慄が走るというか、口が開いてしまうというか、
全身で舞台を受け止めてきました。
全身でないと、受け止めきれないパワーなんです。
斜に構えて観られるような舞台ではありませんでした。
個性的な役者さんたちの個々のパワーに
音楽、ダンスが加わって相乗効果で、SOパワフル!!

とにかくすばらしかった!
大竹しのぶの凄さをまざまざと見せ付けられた。
やはり大竹しのぶは舞台で生きるんだと今更ながら実感。
そして、阿部サダヲも。
テレビで見慣れた阿部サダヲは彼のほんの一面でしかない。
まさに、怪優たる阿部サダヲが爆発。

もちろん、古田新太、多部美華子、松尾スズキ、平岩紙と名優ぞろい。
どこを観ても、すさまじいパワーが炸裂してた。
本当にごちそうさまです!って感じ。


それにしても、オクイさんの消耗が甚だしい。
持っている力をすべて出し切って臨んでいるのが分かる。
燃え尽きて沢尻エリカみたいになったらどうしよう。
でも、こんなオクイさんが新鮮で、ドキドキした。

こんなにも役者さんたちをフルパワーで挑ませている松尾スズキ、恐るべし!
そして、日本の演劇界、本当に捨てたモンじゃない!!
こんなにもクオリティの高い舞台、久しぶりでした。
楽しかった~!!


スポンサーサイト

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


三宅弘城さん、初主演!らしい。
ちょっと意外ですね。

三宅弘城、田中圭、満島ひかり、市川美和子などなど
魅力的なキャスト陣!!
これは面白くないわけない!
と期待いっぱいで行って来ました。

予想裏切らず~

なんか久々に安心して笑えるお芝居を観た気がします。
構えずにただストーリーに身をゆだねて観られるっていいですよね。

舞台を初めて拝見する、田中圭、満島ひかりのご両人。
田中圭さんは磐石といいますが、やりやすい役のようで
気持ちよく演じてるな~って感じで観てるほうも気持ちよかった。
満島ひかりさんは、もうかわいすぎ~
華奢な体も、小さいお顔も、あと声もすごいかわいかった。
まいった~
私は初日に観たんだけど、声持つかな~とちょっと心配にはなった・・・

あとの役者の皆様はもうベテランなので、何も言うこと無しで
すばらしかったですね。
三宅さんは緊張してたんでしょうか?若干の固さがww
でも執事の役なんでそれもまた一興って感じでした。

満島ひかりさんの明菜ちゃんがめっちゃよかった


こういうお芝居を芝居初めての人とかに観て欲しいなぁ~って思う。
ただ楽しくて、役者さんがきらきらしてて、扉をくぐるとこういう世界があるんだ!ってことを知ってほしくなっちゃうな。
芝居が好きな人が書いて、芝居が好きな人が演じてる、そういう初心を思い出させてくれるお芝居でした。
いい時間を過ごせて良かった

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


新感線『シレンとラギ』観ました。
今回の客演は、藤原竜也、永作雅美、高橋克実、北村有起哉、三宅弘城。

まぁ、正直に言ってしまいますと、
主演のお二人にあまり期待感はなかったのですが、
(キライということではなく新感線にあわさなそうで)
そこは新感線、きっとまた期待を上回るものが見られるんじゃないかと、
この二人をどう見せてくれるのかと、
そう思って行ったんです。

結果は、予想より良くなかった・・・
非常に残念です。

いつもの見得も、殺陣も、胸を打つことなく、
心がすんとも動かなかった。

藤原竜也さんは、ずっと芝居が巧い人だと思っていたけど、
よく考えたらほとんどこの人の芝居見たことなくて、
いざ目の当たりしたら、むぅ・・・
そこには、藤原竜也というその人がそのままでいました。

永作博美さんも大好きな女優さんなのですが、
映画だけで観てるほうが良かったかな。
舞台にあわせての台詞回しなのか、なぜそんな話し方を?
と気になって気になって・・・
気負いすぎなのかなぁ。
新感線の空気感と彼らの作り出している世界がどうにも交わらなくて
歯がゆい思いをしました。

そんな中で、エロ教祖を演じる高橋克実さんと教団に忠実な北村有起哉さんは
とても良かった!!

毎回、素敵な役者さんたちを新感線という色に染めあげて、
素敵な舞台を見せてくれる新感線。
たまにはこういうこともあるだろう。
舞台というのは、本当に博打みたいなものだなと実感。
キャスティングにしろ、脚本にしろ、1回1回が実験のようなもので
どういう化学反応がおきて、結果が出るのか。
やってみなくてはわからないし、ひとつの公演の中でも
毎日それが変わって、出来上がるものが異なる。
それが舞台の魅力でもあり、怖いとこでもある。

観に行く方も、毎回が賭け。
12,500円という金額を払って、何を見せられるのか?
果たして、今回の舞台はこの金額に値しているのか。
そもそもこんなチケット代を徴収しないと興行が打てない
日本の演劇業界がどうかと思う。
私は、舞台が好きだから金を払って観に行く。
高い金を払って観たものがつまらなければ、つまらないと文句を言う。
当たり前の権利。
それでもまた舞台へ行く。好きだから。
でも、人によっては、そんなお金を払ってまで観に行かないだろう。
そうやって舞台へ行く人が減るのも哀しいので、
チケット代、もっと安くなればいいのになぁ。

そんなわけで私は、次回もまた期待を持って新感線を観に行きます!


ラストの方、紙吹雪(毒薬だけど)が舞う所良かったなぁ。
役者の台詞をオフって、音楽だけで見たら
それはもう最高だっただろうな。
あ~森山未來の舞台が観たいな!!

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


ナイロン100℃ 38th session『百年の秘密』観てきました。

twitterをやっていて面白いのが、フォローしている異なるジャンルの人たちが
つながっているのをしばしば目にすること。
自分の場合、作家さんであったり、演出家だったり、音楽家だったりするんだけど、
今回、この「百年の秘密」のtweetが多くて、ちょっと意外でした。

ナイロンの芝居はもう10何年観てきてますが、
こんなにもナイロンの舞台のことを耳にすることがなかったので、
今回はなにやらいつもと違う気配を感じております。
もしかして、ブレーク(笑)?
なんて、今更言うのは大変失礼ですね。

とはいえ、実際観て思ったのは、これまでのケラ作品とは確かに少し違うかも。
なんて言うんでしょう、わからないところがない!っていうか、
まるっと飲み込める、感じられる、お芝居でした。
脚本、演出、美術、映像、音楽、役者・・・舞台を構成する要素の一つ一つが
きちんとなすべきことをしている、というか。
ひずみのない世界ができあがっていたように思います。

当たり前のことを言っているようですが、何十年と演じられ続けているような
戯曲と違い、新しい芝居で世界が完璧ってなかなかないことだと私は思ってます。
その完璧さと、演じている役者さんのすばらしさ、
大好きな上田さんの映像、と確かに今回は秀逸でした。

それに、大倉さん、イヌコさんは言うまでもなく、
峯村さんや村岡さんといった大好きな俳優陣が
揃っての舞台は久しぶりだった気がするので、
それもまた嬉しかったです。
やっぱり舞台、好きだなぁ。。

客席もかなり豪華で、注目され具合が伺えました。

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


u-1

前々から気になっていて見そびれていた「U-1」シリーズ。
GWのせいか、前日でもチケットが取れたので行ってきました!

福田雄一さんも好きな脚本家ですが、
マギーと坂田聡というジョビジョバ好きとしては
たまらないお二人の共演。

うっかりACTシアターの方へ最初向かってしまい、
ロミオとジュリエットのポスターに呆然(笑)
考えてみれば、ACTでやる種類の舞台じゃないわな。
そんなミスもありながら、久々のレッドシアター。


いやいやいや~面白かったです。
坂田さんってやっぱり抜群に顔が面白いww
池谷のぶえさんの存在感も、小劇場で見るとすご!
マギーはちっちゃいおじさんだけど、
イチイチ動きに切れがあって、舞台人ってさすが!と
思いましたよ。

何も考えずにケラケラ笑えるって、いいことだ~!!
初めて福田さんが出演しているのをみましたが、
いいキャラしてますの~ww
福田さんのアトムが最高に面白かった!
フォルムが・・・爆笑。
あと、OPのライティングとかかっこよかった。
舞台って、イチイチが勉強になるなぁ。


人がいなくてガラガラの赤坂でひっそりと繰り広げられる
質のいい笑い。
もっといっぱいの人が気づけばいいのに、もったいない。
5/6までやっているようなので、時間が有る人は是非!

私ももう一回見ちゃおうかな。。

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。