Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記
北原 みのり
朝日新聞出版 2012-04-27
評価

by G-Tools , 2012/07/22



photo
別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判
佐野 眞一
講談社 2012-05-25
評価

by G-Tools , 2012/07/22



ノンフィクションものはあまり読まない。
木嶋佳苗にも興味はなかった。
なんだけども、”東京ポッド許可局”で語られていたこの2冊がとても気になったので、読んでみた。

想像以上に面白かった!
先に『別海から~』の方を読んでいたら、
ただの事件の一つとして興味ないままだったかもしれない。
けれど、『毒婦』の方は、作者の視点が面白かった。

このデブでブスな女が複数の男から金をだまし取っていた事件は、
やはり男と女によってとらえ方がかなり異なるのだろうなと。
さらに同じ女同士でも、美人とそうでない女でもかなり異なるはず。

彼女は淡々とお金を”援助”という形でもらい、
自分がセレブのような生き方をすることをまっとうした。
わかりやすいほどに。
それはもちろん、授業代だといってもらったお金をベンツ購入や
高級マンションの家賃にあてていたので、詐欺といえば詐欺だ。
でも、お金を渡した方の男たちは、その使い道なんて本当はどうでもよかったんじゃないだろうか?
要は、結婚したかった。見た目の判断で自分たちより”下”と思った女。
ブスだけど、やらせてくれるし、料理上手だし、まぁいいかと。
そういう心のどこかにあった蔑みを見事に突け込まれたんじゃないだろうか。

正直、木嶋は殺しさえしなければ、この後もずっと男たちからお金を取っていたはずだ。
詐欺だけだったら、むしろあっぱれな生き方だと思う。
自分が生まれもった運命とか性というものに、まったく左右されなかった女。
とりたてて秀でたわけでない容姿と家系。
そういうところに生まれた人間で、人より秀でたいと思ったら、
例えば勉強やスポーツや芸術などで人より優れているものを見つけるもの。
元々備わっている人には必要のない努力や時間を必要とする。
そこが、彼女は違う。
いや、違うというより人と違う方法を見つけたということ。
他人からの賞賛や認定など必要とせずに、自分が主役の生き方を見つけた。
それが彼女のすごいところだ。
実際、逮捕されるまで成功しているわけだし。

これは、男でも女でも学ぶところがあるんじゃないだろうか?
いや汗して生きていくことを尊いと思っている人には許せない生き方だけど、
どうにもならない人生をもがいている人たちは、ちょっと見過ごせないんじゃ・・・

なんて、危ない感化をされながらも気になること。
なぜ、彼女は殺したのか?

状況証拠だけで有罪となった彼女の、殺人にいたる心理はなんだったのか。
彼女は単に人を殺すことに何の罪の意識も感じない類の人間だったのか。
殺人と大金がはいってくる、自らが生み出したサイクルに自ら捕らわれてしまったんではないだろうか。
逮捕直前のあわてたように新たな被害者を取り組んでいく様はちょっと異様だ。
大金奪って、高飛びするつもりだったんだろうか?
それにしては、家まで引っ越してきて大がかりだ。

まったく本音を裁判で語らなかった木嶋佳苗。
裁判でもっと彼女の築き上げたプライドを崩せていたら、彼女は落ちていたんではないかとちょっと残念に思う。おそらく彼女は感情的な攻めや倫理観などではなく、”同情”というものに一番弱いのではないかと。そんなことをこの2冊を読んで感じました。

スポンサーサイト

photo
Story Seller (新潮文庫)
新潮社ストーリーセラー編集部
新潮社 2009-01-28
評価

by G-Tools , 2011/11/28



お得なアンソロジー。
伊坂幸太郎、有川浩、道尾秀介、米沢穂信などなど作家の並びを見てもお得感いっぱい。
ブックオフで1,2,3と一気に入手。

しょっぱな、らしさ全開の伊坂幸太郎に郷愁を感じ、あ~やっぱりこの人は殺し屋の話を書いている時が一番輝いている気がするとしみじみ。
そして、有川浩の文章に鳥肌がとまらない。クサい、クサすぎる・・・
『阪急電車』しか読んだことのないこの作家さん。
確かにあれも軽かったけど、まさかこんなにも少女マンガ的な文章を書いているとは・・・一種の衝撃でした。ストーリーはキライじゃないんですが、描写がもう・・・ゾワゾワ~って。
乙女じゃないので、ちょっときつかった。

その他、それぞれ作家さんがその人らしい物語を寄せています。
今回初めて読む作家さんがあまりいなかったので、発見!!的な出会いはなかったけど、
普段あまり長篇に手を出さない方々の本をこういう感じで読めるのは、とてもいい。

アンソロジーを作ってくれる出版社の皆さん、いつもありがとうございます。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
短篇集
クラフトエヴィング商會 石川美南 戌井昭人 円城塔 小川洋子 Comes in a Box 栗田有起 小池昌代 柴崎友香 柴田元幸
ヴィレッジブックス 2010-04-20
評価

by G-Tools , 2010/06/22




このところ、本を買いすぎてお金がない・・・
そんな時に本屋へ行くのは、苦行のよう。
でも、森見さんの新刊『ペンギンハイウェイ』だけ買おうと、本屋へ行って、見つけてしまった素敵本。

もう表紙から素敵な感じが漂っている・・・
うっとりと手にとって、速攻レジへ。
結果・・・

見つけてラッキー。出会ってよかった。
そういう本でした。
柴田元幸さんが編纂する短篇集。
知っている作家さんも、知らなかった作家さんも、
とても雰囲気のある物語を書いています。
中には、この本テーマあったっけ?って思うような
同じ題材を書いた物語もあって、その理由はちゃんとあるんだけど、
とりあえず、どの話も面白かった。
「クラフトエヴィング商會」なんて、まさかの作者名だったし。
(二人のかたで書いているそう)
写真と文章でなりたっている物語はとても素敵でした。


こういう本を企画できる出版社は素敵だと思う。
柴田元幸さんが責任編集をしているという『モンキービジネス』という文芸誌が発端のよう。
そちらの方で掲載された短編もいくつか入っていて、
その”箱号”という回からの短編だったからテーマが同じだったんですね。
さて、この『モンキービジネス』HPをみたら、ものすごく面白そうだ!
そういえば本屋で、ど派手で楽しそうな本があったな?
もっと早く手に取っていれば良かった!
既に9号まで出ているので、一気に買うのは大変そうだ。
長い楽しみにさせてもらおう。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
蝦蟇倉市事件1 (ミステリ・フロンティア)
東京創元社 2010-01-27
評価

by G-Tools , 2010/03/09




久々のアンソロジー。
伊坂幸太郎の名前が入っていたので、即購入。

不可能犯罪が年間15件も起きる町、蝦蟇倉。
この町を舞台に、5人の作家がミステリーに挑む。
伊坂さん以外初めて読む作家さんで、それがまた楽しみでした。

【収録作品】
道尾秀介「弓投げの崖を見てはいけない」
伊坂幸太郎「浜田青年ホントスカ」
大山誠一郎「不可能犯罪係自身の事件」
福田栄一「大黒天」
伯方雪日「Gカップ・フェイント」


一話目の道尾秀介さんは、しょっぱなからなんとも気の悪い話で、ちょっとどんよりしました。しかも最後の最後、車にはねられたのは誰?といった謎かけが。で、私はじっくり読み直して、時系列から結論を出したんですよ。なのに、なのに!!今、この本の公式HP見たら、訂正が入ってたんです!その時刻に。こんなんあり??もう1回確認せなあかんやん・・・
一番好きなのは、やっぱり伊坂氏の『藤田青年ホントスカ』。これね、秀逸ですよ。つうか洒落てますよ。タイトルがもうね、ぷぷぷです。こういうところ、いいよね?伊坂さんって。

他にも福田栄一さんの話も面白かったし、なかなか楽しい本でした。
私ね、地図がついている本がものすごく好きなんですよ、子どもの頃から。
だから、この本の蝦蟇倉市の地図も見ながら楽しめました。
2冊目もあるそうなので、こちらも読んでみようっと。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
Teen Age (双葉文庫 か 30-1)
角田 光代 瀬尾まいこ 藤野 千夜
双葉社 2007-11
評価

by G-Tools , 2008/03/02




疲れていると、ややこしい本が読めない。
重い本も持ちたくない。
期末期首の多忙期に入って仕事に追われている最近、読んでたアメリカ文学を保留にして、アンソロジーを読んだ。
女性作家さんたちが描くティーンエイジャーたち。
知らない作家さんが何人かいたので、この人たちの本も今度読んでみようと思った。
アンソロジーは新しい出会いがあっていい。

収録作品は、
角田光代 「神さまのタクシー」
瀬尾まいこ「狐フェスティバル」
藤野千夜 「春休みの乱」
椰月美智子「イモリのしっぽ」
野中ともそ「ハバナとピアノ、光の尾」
島本理生 「Inside」
川上弘美 「一実ちゃんのこと」

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。