Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
馬たちよ、それでも光は無垢で
古川 日出男
新潮社 2011-07
評価

by G-Tools , 2011/10/18



福島出身の著者が、3月の地震を見て、感じて、想ったこと。
あんな光景を見た後で、本なんて書けるわけがないと著者は言う。
あの悲劇を目の当たりにして同じことを感じた表現者たちが何人いたことだろう。
それほど、感覚に鋭く突き刺さった出来事。
しかし、福島に生まれ作家として生きる著者はやはり何かをしないわけにはいかなかった。自分の目で見にいった。
数年前に描いた東北の小説、『聖家族』の登場人物たちと会話しながら、東北の地を回る。

普段、心地よい疾走感をもって描かれる古川さんの文章が、
喪失感と痛みを孕んで、綴られる。
だから、読んでいるこっちも心が痛くて痛くて仕方がない。

鳥、犬、馬への視線。
今まで小説の中で古川さんが描いてきたものたちが、リアルな視線で捉えられる。
そこに生きるものたちの姿。
どんなに空が青く澄んでいようと、風がさわやかに吹きぬけようと、
その空気には見えない恐怖が交じっている。
そのことを知らずに、人がいなくなった地に放たれた家畜たちはどう生きるのだろう。
知らないから不幸ではないのか?哀しくはないのか?

青い空の下で、やせ衰えていく家畜たちを想うと、これが現実世界かと思う。
でも、事実あるのだ。今もなお○○km圏内というくくられ方をして。
そういう地があることを日に日に忘れて日常に戻っていく自分の後ろめたさ。
何もできないという無力感はもういいとして、せめて忘れてはいけないと思う。あの時の感覚を。それがまだ続いているという事実を。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
MUSIC
古川 日出男
新潮社 2010-04
評価

by G-Tools , 2010/07/06




今回は、なんだか、な、難解なんだにゃぁ?
大地の響き、猫の笛、風の音・・・
街には音があって、何かが奏でられている・・・
っていうことの、恐らく『MUSIC』。

なんだけども、むぅ・・・
これは、きっと物語。
タワーを目指した猫の。
猫の全世界共通語を探索する佑太の。
走ることで音を感じた美余の。
男でもあり、女でもあるkaz'miの。
半獣半人JIの。

で、彼らの何の物語?
彼らの音楽にまつわる物語?旅する物語?
地を駆け、空を飛ぶ、そういう物語なんだけども
・・・で?


言葉の響きに集中して読むと良いのか、
勢いで読むと良いのか・・・
いつものように疾走感を味わえなかったぞ。
読み方を指南して欲しいと思った。
自分の気づいていない読み方があるんではないかと、
すごく心配になってしまう。
敗北感。
どうか、置いて行かないで。寂しいから。
むぅ。。。




テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
ゴッドスター
古川 日出男
新潮社 2007-11
評価

by G-Tools , 2008/04/29




私は古川さんの女語りが好きだなぁ。
今回も水際で話が加速。
ある日、交差点で男の子を拾った私。カリヲと名づけた男の子と“ママ”になった2人が新しい社会を形成していく話。
カリヲが言葉や標識や世界を吸収していく。そのカリヲの世界を通してカリヲのママも新しい世界と出会う。
たまらない疾走感です。
妊娠中の姉が子どももろとも轢かれて死んで、その時彼女の世界は壊れてしまった。一瞬にして、強制的に奪われる世界。だから、彼女がカリヲとイチから始めた生活はなんだかとても共感できる。これまでの世界秩序を崩してでも新しい世界を生きるこの親子は素敵だと思う。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
ハル、ハル、ハル
古川 日出男
河出書房新社 2007-07
評価

by G-Tools , 2007/12/18






久しぶりの古川日出男?。装丁がかわいくって、買いたくてうずうずしていた本です。
古川氏曰く「次の段階へ来た」らしい。最後にそう書いてあった。
そうなんだ?へ?と思いながら、コレまでとの違いが分からないのであった。
ただ思うのは、どんどん走ってくなぁって。
古川さん、どんどん走ってるし、走らせるなぁって。
怖いような、それでいいような、思春期みたいな気にさせられるわ。
より闇雲さがなくなったというか、固い意志ありきで走り始めた。そんな感じですか?違うのですか?古川さん。

「ハル、ハル、ハル」
「スローモーション」
「8ドッグズ」

3編入ってます。私は表題作が好き。3人のハルが犬吠崎を目指すんだ。“誰も知らない”的な少年と家出少女とリストラ男、3人のハルが目指すんだよ、犬吠崎を。個人的に犬吠埼、好き。
「スローモーション」は日記形式で書かれる。いつかそれを読む“あなた”に向けて。だから、部分的な情報しか与えられずに知る甥と姪がさらわれたこととか、彼女が企んだこととかが、断片的ゆえに怖い。
「8ドッグズ」まさかの里見八犬伝。でも古川日出男の八犬伝。これ、長編で読みたい。
そしてどれも何故か、千葉の物語だ。暴走の、いや房総の物語。
吠えて、踊って、目指す。そういう話。かな?

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
ベルカ、吠えないのか?
古川 日出男
文藝春秋 2005-04-25
評価

by G-Tools , 2007/06/08




さっさと読めばよかった!!
評判は聞いていたけど、壮大な歴史小説という刷り込みがあって、古川さんの文章で壮大=難解!と勝手に思ってたので、ついつい後回しにしていたの。でもこれは、古川氏の小説の中でも、かなり読みやすい部類に入ると思う。
とにかく犬の小説なの。それも軍用犬の。
第二次世界大戦があって、ソ連とアメリカの冷戦があって、ベトナム戦争があって・・・と戦争の歴史の中で脈々と受け継がれる軍用犬たちの系譜。スケールでかい。
読んでいると、犬の系統図を作りたくなる。喫茶店で系統図を書きながら読んでしまった(笑)。
戦争に左右される犬たちの運命に、何度も鳥肌が立った。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。