Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
荒野に獣 慟哭す 上 (トクマノベルズ)
夢枕 獏
徳間書店 2011-08-31
評価

by G-Tools , 2012/04/01



書店にサイン本が並んでいたので、つい購入。
獣系SF。
人がめちゃめちゃに殺されます。
首切られるわ、喰われるわ。
獏ワールド全開です。

獏さんの作品の中ではかなり分かりやすい方だと思う。
もう分かったよ、っていうくらい心情や状況を説明してくれるし(笑)。

食人の習慣のある部族の脳からみつけたウィルスにより、人が獣化し、
人間以上の力を持った彼らを兵器として開発するという、
恐ろしいSFです。
獏さんの描いてきている”鬼”と通じるものです。
人が作り出す”鬼”。
その”鬼”の気持ち。

本当に恐ろしいのは鬼なのか、人なのか。
獏さんの作品には、そういう想いが常にあるように思います。
異質なる”鬼”の登場により、”人”の怖さを描く。
その一方で、突出して魅力的な”人”もまた描く。

獏さんの作品は、化け物系が多いですが、
結局は人を描いているのだなぁとしみじみ。


ジャングルをかけめぐる御門の気持ちを想う。
果たして彼は幸せだろうか、と。
しかし、彼が選んだ生き方以外に幸せはあるだろうか、と。
人は人とのつながりをもってして、ようやく人としての幸せを得るのではないだろうか。
私みたいな人嫌いは、御門の孤独を哀しいと思いつつも、ちょっぴり羨ましい。
だって、人であることを止めてしまえば、孤独なんてどうでもいいんじゃないかな。
獣はさみしいからといって泣きはしないだろうから。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
陰陽師 醍醐ノ巻
夢枕 獏
文藝春秋 2011-05
評価

by G-Tools , 2011/07/13




久しぶりに出ました、陰陽師シリーズ。
中身はいわずもがな、表紙のイラストと質感が大好きなので
出ると買ってしまいます。

このくそ暑い東京で、いろんな心配をしながら過ごす夏に
一服の清涼剤として読めますよ。

晴明と博雅がいる京の都は、薄暗くてひんやりとしていて
世事に構うことなく、ひょうひょうと生きられる世界があって
なんともうらやましい。

今作では、晴明と博雅が若干BLっぽくなってきたのが
コミックの影響なのか、獏さんのいたずら心なのか、
ちょっとドキッとしましたよ。

気持ちだけでも涼しくなれたひと時でした。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
のぼうの城
和田 竜
小学館 2007-11-28
評価

by G-Tools , 2011/03/29



読みたかった本が文庫になったので即買い!

戦国時代の時代小説って初めて読んだ。
これは、面白い!!
今さら私が言うまでもないだろうけど、面白い!

のぼう様という中心人物はいるけれど、
1人の戦国武将の魅力を追うのではなく、
忍城を守った武士、百姓たちの団体戦が魅力的!
まだ戦に仁や義が残っている時代、
熱き血に動かされる人々。
やってることは、もちろん殺し合いなんだけども、
そこには痛みを理解できる指導者たちがいて、
鮮やかな戦法があって、生臭さはないんだな。

こういう戦ものの時代小説で笑いながら読むのって
初めてかもしれない。
そういう要所要所に、クスリとできる温かさが描かれていて
かなり楽しいライトな時代小説でした。


映画では、大好きな野村万斎様が演じるとのこと。
のぼう様を演じるのは難しそうだなぁ。
だって、図体のでかい醜男で無表情なでくの坊だよ!
万斎さんと真逆じゃないか!!
とはいえ、コロコロ変わる表情、読めない、食えない人物を演じるには
適任という気もする。
一旦、小説の人物像は忘れて、万斎さんののぼう様を堪能したいと思う。
楽しみ??

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
悪人(上) (朝日文庫)
吉田 修一
朝日新聞出版 2009-11-06
評価

by G-Tools , 2010/11/23





数年前に趣味の違いによりお別れを告げた吉田修一。
映画が気になって、久しぶりに読んでみた。
やっぱり、キャストがわかってて原作読むのって難しい!!
妻夫木と深津の顔を思い浮かべずに読めたら、良かったなと思う。
二人とも好きな役者だから、気持ちがそちらに偏っちゃうんだよね。
そもそも、この二人をキャスティングしたということは、
少なくとも映画の監督は、彼ら二人を悪人とは思わなかったんでは?
ま、映画観てないからわからないけど。
でも映画は面白そうだなぁ。

読む限り、私の中で祐一はブッキーじゃないなぁ。
ブッキーは演技上手いから、絶対できると思うけど、
彼の面影がなければ、原作の中の祐一に全く共感も同情もしなかったと思うわ。
反対に、光代という女には深津という後ろ盾があっても、共感できず。


誰が悪人なのか?

そうね、それを読者に問いたいんだろうね。
でも感想としては、さして悪い奴いなくね?
どこにでもある、今このときにも起きてそうな事件。
ニュースの一部が現実だという、そのリアルを追求しているのか、
事件なんて、特別な人が起こしているわけじゃないんだよという、
そんなありふれたことが言いたいのか。
孤独が悪いんだ!!という魂の叫びなのか。
なんにせよ、やっぱり軽い・・・
そして、彼の描写は全く私の中に映像を作らない・・・
やっぱり・・・でした。





テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
カツラ美容室別室
河出書房新社 2007-12-07
評価

by G-Tools , 2010/05/28





※2010年8月24日訂正
 初ナオコーラじゃなかった!!自分でブログを見ていて気づく。
 う?ん、読んだことすら忘れてた。
 これだから、たまに持ってる本買っちゃったりするんだよね・・・



初ナオコーラ。
う?ん・・・
感想書けないなぁ、これ。

で?っていう・・・感じ。何も心に触れてこない。
結局、何が言いたいのか、私は受け取れなかったなぁ、申し訳ないけど。

カツラの美容師桂さんとか、梅田さんとか、キャラもそれなりに面白そうな人物は出てくるんだけど、人間模様がなんとも退屈。ある所に○○という美容室があって、そこには○○さんという人や××さんという人がいました。っていうだけのことだった気がする。
そもそもこれって小説なのだろうか?
なんか、大衆性を感じなかったな。
多くの人が読んで、感じて、思う。そういう風に書かれているのが小説だと思ってたんだけど、そういう目的をなんだか感じられない物語でしたね。

行間のゆるさが、ブログみたい。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。