Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
居心地の悪い部屋
岸本 佐知子
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-03-27
評価

by G-Tools , 2012/07/26



岸本さんが好きな風変わりなお話を編んだ海外文学アンソロジー。
タイトル通り、ちょっとザワッとする読後感の短編がもりっと。
短編ならではの、全様が見えないからこその怖さがあります。
行間というか、例えば電話の向こうの静けさみたいな、
見えない空間の怖さがどの短編にもある感じです。
ホラーよりのものだけでなく、それこそ苦笑してしまうようなお話も。

ただ読み終わる頃には、読み始めた時と違ってしまった世界が
広がっていて、物語の中の人物の孤独や恐怖、焦燥感がひしひしと伝わってきます。
居心地が悪いけれども、もっと読みたくなる、そういう物語の魅力が詰まった本でした。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
遠い町から来た話
ショーン タン 岸本 佐知子
河出書房新社 2011-10-14
評価

by G-Tools , 2012/04/16


『アライバル』に続きショーン・タン。
今度は画だけでなく、物語も書かれていました。

素晴らしいです!
画と文字の構成が抜群にいい!
これ、訳した岸本さんの力も相当影響していると思います。

ショーン・タンの画は本当にノスタルジックというか、
ほんわかとしていながら、切ないです。
愛おしいとか、慈しみとか、そういう言葉が浮かびます。
なぜだか、胸がチクリとしたりもします。

ある日庭に現れたジュゴンや、空き地にいた水牛、
街中にいる棒人間、潜水服の日本人、街のはずれにたどりついた兄弟・・・
不可思議な物語の登場人物たちは、なんだか大切な存在に思えてきます。
そして、彼らの不在がとても哀しくなったりします。

絵本でありながら読み応えがあり、
また繰り返して何度でも読みたい一冊です。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
変愛小説集2
岸本 佐知子
講談社 2010-05-28
評価

by G-Tools , 2010/09/11




2008年の夏に第一集が出された”変愛小説集”。
翻訳家の岸本さんが出会った、一風変わった恋愛小説を集めたアンソロジーです。
2作目も面白かった!!どの物語も秀逸でした。

冒頭の『彼氏島』。海で遭難事故にあった女性がたどり着いたのは、イケメン男性ばかりの島。
(今やってる映画『東京島』の逆?)夢のような(?)社会で彼女はいろんなタイプの男性と付き合ってみる。が、彼女がやがて達する結論というか、選択は意外にも・・・
ギャルっぽい口調で語られる物語は、軽いようでなかなか鋭い真理を突く。
とてもよくできた物語。

あと印象的だったのは、ある日自分の妻が木製のマネキンだったことに気づく男の物語『マネキン』。
妻へ向けた手紙という形で綴られる男性の思い。そんなバカな!と思いつつも、ちょっと恐ろしくもあり、切なくもあるから不思議。盲目的な恋愛当初には気づかない相手の姿というのは、少なからずみな経験があるはず。そういう誰にも起こりそうな愛があったからこその悲劇をこういうユニークな形で描くのがいい。

他にも体中から歯が生えてくる妻の話『歯好症(デンタフィリア)』や、あらゆる”彼女”というものの習性を手短かつ辛らつに並べた「『人類学・その他 100の物語』より」など、笑って読めるものあり、切なくなるものあり、でかなりバリエーション豊かで、楽しめます。

世界にはユニークな作家さんがいるもんだと、岸本さんが教えてくれるありがたい一冊。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
変愛小説集
岸本 佐知子
講談社 2008-05-07
評価

by G-Tools , 2008/07/15



いやいや面白い。岸本さんったら、またおかしな小説ばかり集めてきて(笑)。これまで、岸本さんが訳すニコルソン・ベイカーばかりを読んできましたが、まだまだいるんですねぇ、岸本さん好みの変な小説家たちが。なんてったって、”変愛”小説ですからねぇ。
ただタイトルを観て、ニヤニヤしながら読み始めたけど、意外にもとてもピュアな”恋愛”の物語が詰まっていて、予想を裏切られました。でもいい意味でね。

最初の一編が、木に恋してしまった人とその配偶者の話。木に恋するなんて・・・でも恋する相手が木だったばっかりに、その木を所有している人に対する嫉妬だとかあって、そういう感情がなんだか恋は盲目的な感じをすごく切実に感じさせて、切なかったりする。

ほかにバービー人形と恋愛する男の子の話や、あんまりにも魅力的な相手を思わず”丸呑み”してしまい自分の体の中で彼を感じる女性の話などキテレツな物語があったり、はたまた病に犯された妻と過ごす最後の夜を描いた世俗的な話があったりとバラエティ豊か。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
ねにもつタイプ
岸本 佐知子
筑摩書房 2007-01
評価

by G-Tools , 2007/10/25





いやぁ?面白いですなぁ、岸本さん。もったいないから、ずっと読まないでとっておいたんだけど、ついに読んでしまった。子どもの時の話が多くて、私の中で何故か、とっとちゃんか、さっちゃんかみたいなことになってきている。とっとちゃんはどうも好きになれなかったんだけど(おかしな子だったことを自慢げにしているところがあったからか、大人になった彼女がどうも胡散臭くて好きになれないからか理由はあいまい)、けど岸本さんちのさっちゃんは好きだなぁ?ダメな子だった自分を恥ずかしげに書いているんだけど、そういう子いたし、そういう点って少なからずあったなぁと思って、かわいく思えるんだよね。毛布と会話したり、大人の何気ない言葉を信じて恐ろしい妄想に苛まれていたり、不器用な子どもなんだなぁ。でも自分が親だったら、確実にイラッとする(笑)。岸本さんのお母さんみたいに、なんでも「うん」って答えてしまいそう(笑)。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。