Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
燃焼のための習作
堀江 敏幸
講談社 2012-05-24
評価

by G-Tools , 2012/07/10



ほう。
思わず吐息がでるような、時間が流れておりました。

港に近い倉庫街。
閑散とした街中の雑居ビルにある探偵事務所。
そこには、事件をパキパキと解決するような
ハードボイルドな探偵はいない。
禿げた頭、お腹の出た中年男がいる。
彼は、話を聞く探偵だ。
依頼人は何を求めてここへ訪れるのか。
ただ話をすることで、自分の本心を見つけていくようだ。

嵐に囲まれた事務所で流れていく時間。
ほんの数時間の描写が秀逸。


強くなる雨足、近づく雷鳴。
だんだんと濃くなっていく嵐の気配。
無機質なコンクリートに囲まれた部屋の中で
ことさら敏感に聴覚が外の気配を感じ取る。
人気がない街を風が吹き抜けていく。
コーヒーの空き缶が転がっていく。
外は不安な気配に満ちていく。

その一方、部屋の中では
聞き上手の探偵と話し上手の助手が
依頼人と話しているだけなのに
暖かい暖炉のような空間を作っている。

まるで関係のないような話が続くなかで
開いていく各々の記憶の扉。
引き出される些細な記憶。

何も解決されていないのに、なぜか満足してしまう。
そういう時間がここには流れていた。


堀江さんの描く本は雰囲気がありますね。
ほぅっと吐息が出てしまいます。

枕木さんと郷子さんの関係性とか
姿は出てきてない枝盛さんや伊丹さんのことが
気になって、気になって。
また素敵な本でした。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌





クレストブックスの中から堀江さんが選んだ短編集。
こういう風に集まると、クレストブックスというのが
どういう趣味で発行されているかがわかる気がする。
どれも静謐な筆致で描かれる、過去のちょっと切ない思い出。

堀江さんがあとがきで、「何かを捨てなければ、何かを得られない」
というようなことを書いていましたが(既にうろ覚え)、ものすごく共感。
そう、あれもこれも手に入れた!、手に入れたい!、というお話ではないんです。
ちょっとした幸せとちょっとした不幸せ。
それがどっちによっているかは、物語によって異なるし、
どうとらえるかも読者によるだろうな。

いくつか読んだ物語も入ってたけど、
ずっと読もうと思ってたイーユンリーの『千年の祈り』からの短編も
すごく良かった!是非、本編を読もう。


今月は本いっぱい読めたな。
現実逃避だな・・・

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
おぱらばん
堀江 敏幸
青土社 1998-07
評価

by G-Tools , 2011/02/17




読み終わってから気づく。これエッセイだな。
なんでこれ買ったんだろう。私エッセイ読まない派なのに。

でも、堀江さんは小説でもエッセイでも文章の雰囲気が同じなので、
読みやすかった。
滞在していたフランスの街中の情景や出会いが、記憶にある書物、
映画の話などと交錯して、小説のように雰囲気のあるお話になっています。

自分が歩いたところが、描写されているとなんともいえない気分になるもんですよね。
ノスタルジックというか、ちょっとくすぐったい感じの、ね。

ああ、旅したい。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
めぐらし屋
堀江 敏幸
毎日新聞社 2007-04
評価

by G-Tools , 2007/09/18




なんて素敵な本!!読みながら、文章の素敵さに感動する本ってなかなか出会えないのだけど、3年ぶりぐらいにに出会えた!!
1ページごとに「しゅてきっ!」と心震えるフレーズが現われる。それぐらい素敵な文章で綴られている本。言葉のセレクトが素敵。本の薄さが恨めしいほど、心地よい小説です。

父親が死んだ後のアパートを片付けていた蕗子さん。父親の遺物の中に見つけた大学ノート。そこには蕗子さんが幼い頃描いた傘の絵が貼られていた。自分でも忘れていた傘の思い出。幼い頃に別れてしまった父親との些細な思い出。そして、その父親がやっていたと思われる”めぐらし屋”と呼ばれる活動。
異常なほど低血圧な蕗子さんが頑張って血をめぐらしながら、父親のめぐらし業を継ごうとする物語。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学


photo
雪沼とその周辺
堀江 敏幸
新潮社 2003-11
評価

by G-Tools , 2007/06/08




あーなんだか心が落ち着く静かないい小説だった。堀江氏の本をよかったなぁと思えるように自分がなったことがちょっと嬉しい。少しは大人になったのかな。
堀江氏の作品を読むのは、2度目なはず。『一階でも二階でもない夜』を手に取った記憶があるけど、読みきらなかったような・・・面白くないというより、その静かなタッチとフランス文学風な描写がその時の自分には馴染まなかったんだよな、確か。

山あいの町、雪沼とその周辺に住まう人にまつわる短編集。最初の短編のタイトルにあるように、人生の半ばにおいて、自分の”スタンス・ドット(=立ち位置)”を見つめる人たち。ボウリング場、レコード店、製紙工場、中華屋・・・都会から離れた雪沼とその周辺で自分の来し方、行く末を思う主たち。「幸せだったのか?幸せなのか?」そんな直接的な想いはどこにも描かれてはいないけど、登場人物の誰もが今の自分の立ち位置を見つめ、結局は幸せなんだろうなという気配がある。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。