Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
オリンピックの身代金(上) (角川文庫)
奥田 英朗
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-09-23
評価

by G-Tools , 2012/01/10




面白かった~

舞台は東京オリンピックが開催される年の東京。
敗戦後の日本にとって、オリンピック開催がどれほど一大事だったか。
誇れる日本、民主主義を手にした日本、日本の未来は輝かしい・・・
誰もが浮き足立つ中、地方の貧しさは変わらず、
東京の街づくりのため出稼ぎ人夫たちが必死に働く。

そんな東京で、秋田の貧しい農村出身、東大大学院生の島崎國男は
兄の死を機に、近代化していく東京で立ち止まる。
華やいでいく東京の一方で、忘れ去られた故郷。
学校へもろくにいけず家族を養う為に10代から出稼ぎをして働きづめの男たち。
その境遇の差に不条理を感じ、テロリストへと変貌していく。

1人のひょうひょうとした若者が、
国を相手にテロを起こしていく様。
オリンピックを前に必死に隠密裏で犯人逮捕に駆け回る国家権力。

追う方も、追われる方も応援したくなる、不思議な展開。
それは立場が違えども、庶民である人々の攻防だからか。
あきらめてしまった人も、あがいている人も、みんな等しく親近感。

未来へ向かって色々なものを切り捨て、生み出し作り上げられた東京を
今、実感することに意味もある気がする。
民主主義が崩壊しつつある現代。
原点を見直す気持ちが多くに生まれたら何か変えられるのだろうか?
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
家日和
奥田 英朗
集英社 2007-04
評価

by G-Tools , 2008/07/28



このタイトルが秀逸だと思う。
家好きな私はするっとこの言葉が入ってきたもん。
「家日和」ってあるよなぁ。

内容は、奥さんが出て行ってしまった部屋をどんどん自分好みの家具で埋めていくサラリーマンの快楽やら、会社が潰れて奥さんの代わりに家事をやりはじめたら楽しくって仕方がない旦那やら、ネットオークションにはまる主婦やら、家と家庭にまつわる短編集。
奥田さん独特のやさしさとユーモアでさまざまな”家”が描かれていて、なんだかんだ言っても家がいいなぁっていう仕上がりになってます。独りで住んでも、誰かと住んでも、自分の”家”はいい。
ほのぼの系でした。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
奥田 英朗
角川書店 2007-08
評価

by G-Tools , 2008/06/24




久々に奥田英朗さん。大ヒット??!!
いやぁ、壮快だわ?。いつもとはちょっと違ったテイストで、でも奥田節が効いてて(今回で言えば、二郎のご飯がスパイシー)、楽しく読める一冊でした。
元過激派のお父さんに振り回される家族の話なんだけど、お父さんの思考回路がちょうど今の自分が考えていることにビシッ!とはまってて、そのシンクロにビックリしちゃったよ。
まぁ、きっと映画化されたってことは、自分以外に共感した人間がいっぱいいたんだろうね。
でも、一郎役はトヨエツより、時任三郎の方がいい気がしたな。
やっぱりお父さんは、社会的に至極まともな人よりも、家族を守れる強さを持ってる人がいいね。二郎が感じたような恥ずかしさや不便さは絶対あるけど、これからの世の中で、強いのはきっとこういう父親なんだと思う。誰にも振り回されない考えがあって、自分の価値観で子どもと向き合える人。めちゃくちゃだけど、素敵だな。
そりゃ、社会で生きていくってことは税金払わなきゃいけないし、政治も考えなきゃいけない。国なんていらない!って考えたとき、その意思を通していいのは、やはり誰の土地でもない場所での自給自足生活が前提だよね。そんなの99%無理だけど、小説だけにそこの痛快さを味わわせてくれた。
分かっちゃいるけど、できない。そんなもどかしさをスッキリさせてくれた一冊でした。
いや?沖縄行きたくなるね。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
ララピポ
奥田 英朗
幻冬舎 2005-09
評価

by G-Tools , 2007/06/08




この本の表紙は黒い紙。鍵穴が空いてます。表紙をはらりとめくってニヤリ。そこに描かれているのは所謂春画っていうやつです。鍵穴から人の情事を覗く構図になってるんですねぇ。上手いなー。さらに帯には”いや?ん、お下劣!※紳士淑女の方にはお薦めしません”という作者からのメッセージが(笑)。これだから奥田英朗はやめられない。
内容はもちろんお下劣。階上の住人のセックスを盗み聞きする対人恐怖症のフリーライター。女子高生の買春にのめりこむ官能小説家。主婦AV女優・・・。冴えない人生を送る人たちの滑稽な短編集。

みんなコンプレックスを抱えながら、それなりに生きてる。でも、ダメなヤツって必死だと余計滑稽になっちゃうのね。空回りしてる人を描かせたらこの人の右に出る人はいないでしょう。
そんでまた、ダメダメな登場人物たちのどこかに自分とかぶるところがあるはず。そこが他人事じゃないんだよね。自分で思ってる人物像ははたから見たら、思ってる自分とは違うっていうのかな。その主観と客観のバランスが絶妙!

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学


町長選挙
町長選挙
posted with 簡単リンクくん at 2006. 4.26
奥田 英朗著文芸春秋 (2006.4)通常24時間以内に発送します。


伊良部シリーズの新刊!
思わず本屋の棚を2度見しちゃった。全然知らんかった。まだシリーズが続いているなんて。グリーンの表紙がとってもキレイ。

相変わらず面白いなぁ。
今回はちょっと前に世間を騒がせた著名人たちをデフォルメした患者たち。
球界のドンと普段着のIT社長、40過ぎてより一層美しさを増す女優Kさん・・・
彼らがこうだったら面白いなぁと思いながら、伊良部のように「ぐふふ」と思わず笑ってしまう箇所がいっぱい。

3冊目にしてようやく伊良部を可愛く思えた。
そしてミニ白衣の看護婦、マユミちゃんの素性も色々と出てきましたよ。
もっとたくさんの話をくれ?となってしまうのが、このシリーズの読後感。
本当に楽しく読めるシリーズです。





| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。