Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



何というタイトル(笑)。
これは解剖学にいそしむ学生たちが解剖時に口ずさむフレーズ。
学生たちは、それだけでなく解剖のABCの歌を歌ったりしている。
なんてユーモラス。

まだ医学がすすんでいない17世紀。
ロンドンの私設解剖学教室では、6ヶ月の胎児がいる妊婦という
大変貴重な遺体を前に解剖が進んでいた。
そこへ、取締りの手がやってきて、あわてて遺体を隠す学生たち。

まだ解剖が学問として確立されておらず、
遺体がなかなか手に入らない当時、墓暴きから遺体を買い取って
解剖を行っているのだ。

そして、隠し場所の暖炉から出した遺体はなぜか四肢を切断された少年の遺体に変わっていて、
さらにもう一体、顔を潰された遺体も出てきて、一気に解剖学教室は謎に包まれる。

解剖学に熱意を捧げる師とそれを支える優秀な学生たち。
しかしこの崇高な解剖学教室を一歩出れば、
そこは貧しくすさんだロンドンである。
スリや強盗に合わずに道を歩けるのは奇跡のような街で
盲目の判事と美目麗しく優秀な学生たちが繰り広げる謎解き。

ミステリーの魅力は登場人物の魅力にも等しい。
このミステリーでは、この学生たちをはじめ、判事の仲間たちなど
魅力ある登場人物が多く出てくる。
扱ってるのが解剖じゃなかったら、コミックにしても見たいくらい。
そして、あちらこちらにちりばめられたどんでん返し。
何回も展開があって、なかなかに油断できない。
面白かったです。

読ませていただき光栄でした。



スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
道尾 秀介
新潮社 2008-07-29
評価

by G-Tools , 2011/12/13



これはホラーミステリーというジャンルになるの?
良く知らないけど、道尾作品に免疫がないもんだから
気楽にミステリーだと思ってお風呂で読み始めたら、
なんだかどんどん怖くなるじゃん!!
お風呂に入ってるのに、冷えたよ背中が!!
あ~びっくりした。


死んだはずの同級生が空飛んでたり、
部屋空けたら、あ”~っていたりって、
超怖かったんですけど・・・

そこ以外にも、スリルある描写が結構ありまして
怖く感じるということは、それだけ筆力があるということで、
これが道尾さんの実力ですか~と納得。
イチイチ登場人物が不気味なんだよね・・・
みんな怪しいというのは、ミステリーの王道ですが、
この本の場合、みんな不気味という。。


獣を愛する私としては、
犬猫を殺す話は本当にキライなんだけど、
その不快さをさらりと描写するところなんかは、
ノーマルな精神状態を確認できてちょっと安心。

展開が見えてきたときに、そういうことかぁ~と
うなってしまった。
決して、奇抜でも新しい手法でもないんだけど、
それを気づかせない、わかってもがっかりさせない
テクニックのある小説でした。

好き嫌いはあると思うけど、上手い本。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
ソロモンの犬 (文春文庫)
道尾 秀介
文藝春秋 2010-03
評価

by G-Tools , 2011/05/09




道尾さん初読。
『情熱大陸』を見て、作家さん自身に興味が沸きました。
テレビでは、スラスラと執筆していたし、
ご本人もアイデアがスラスラ浮かぶようなことを言ってました。
そんな風にして、どんな小説を描いているのかと。

なるほどねぇ。
こういうタイプの日本のミステリーを久しぶりに読んだ気がする。
テンポがよくて、あっさりしてて、適度にどんでん返しがあって。
ご本人のキャラクターが現われているようでした。
小説家ってすごいよねぇ。よくこういうストーリーを思いつくよね。
いっぱい知識が詰まってるし、読者をだます手法もしっかりしてて。

かなりライトなタッチだったので、娯楽小説としてはいいかも。
好きか嫌いかで言ったら、私はやっぱりどんなタイプの小説であれ
心を動かされたいので、そんなに好きなタイプの本じゃないけど、
『月と蟹』でしたか?大変評判の良い受賞作も是非読んでみたいと思った。


同世代の作家さんの本を読むたびに、自分には書けんなぁって
感心してしまいます。
どうして、こんなにもスラスラと本が書けるのだろう。
小説家ってすごいなぁ。。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
日暮らし(上) (講談社文庫)
宮部 みゆき
講談社 2008-11-14
評価

by G-Tools , 2011/04/19




平四郎と弓之助の叔父甥っ子コンビシリーズ2作め。
今回は、佐吉の母親葵の生活とまさかの殺人事件。
相変わらず湊屋をめぐるちょっぴり切ないお話だけど、
弓之助のますます冴える推理や
前向きなおでこちゃん、
お徳さんの新商売などなど、
脇役たちのひたむきさに救われるお話でした。

こういう小説は気楽に読めて、いいですな。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
ぼんくら(上) (講談社文庫)
宮部 みゆき
講談社 2004-04-15
評価

by G-Tools , 2011/03/18




恥ずかしながら、宮部さんの時代小説は初めて読みました。
たまたま酒席をご一緒した方に勧められて読んでみました。
しゃばけが好きなら、いいと思いますよってことで。
こういう出会いって楽しいですよね。


最初、鉄瓶長屋を舞台にしたオムニバスかと思っていたら、
全ての事件がつながった長編でした。

町の描写や登場人物など、全体的な雰囲気はしゃばけシリーズや
陰陽師シリーズ(比べるもんでもないか?)の方が
はまりますが、ミステリーとしての時代小説もなかなかいいもんですね。

個人的には、同心の方より、甥の弓の助が良かったですね。
『日暮し』も購入してあるので、こちらも読んでみよ。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。