Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

minamihe.png


妻夫木聡、蒼井優主演という、なんとも豪華なキャスティング。
妻夫木くんは、『キル』以来、蒼井優ちゃんは『渋谷から遠く離れて』以来、
舞台で目にすることになります。

妻夫木くんは、『キル』の時より全然上手くなってました!
声もちゃんと出てたし、動きや台詞回しがもう野田色に染まっていました(笑)
蒼井優ちゃんは、若いのに上手いね?
まぁ出てきたときから上手いけど。
松たか子や宮沢りえらと並んで遜色ない女優っぷりで、まいった。
なんでしょう、あの透明感・・・かわいすぎる。


内容は、前作『キャラクター』に引き続き、わかりやすいメッセージ。
現代の日本人に対する非難というか、そういうものを受け取りました。


※内容に触れています。観劇前の方はご注意ください!

スポンサーサイト

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


charakter_convert_20100701185856.jpg


野田マップ行ってきました。
池袋の東京芸術劇場、初めて行きました。
なんだかすごい劇場ですね。アジアのデパートみたいだった。

さて、内容。
町の書道教室とギリシア神話がシンクロ。
いつもの言葉遊びが今度は漢字の世界へ到達。
目に見えるいじり方だから、いつもよりわかりやすい。

人に弟と書いて「おもかげ(俤)」
人の夢と書いて「はかなさ(儚)」


探している弟は、果たして幻なのか?
あらゆる生き物の姿を変えるギリシアの神々たち。
書道教室の人間は、人を何に変えてしまったのか?


これまでの野田マップより、メッセージ性が強いというか
過去の社会問題を彷彿とさせる、ある意味わかりやすい内容でした。
何故今、この脚本なのか。それが気になる。
ちょっと怖い舞台でした。
今回は、キャストがとても多くて群舞的な動きが見ごたえあり。
舞台奥、シルクスクリーンの奥で絡み合う群集は、まるで絵画のようでした。
断末魔?地獄絵図?複雑に絡み合う人体は、不気味でもあり、美しくもある。
(まさにポスターの感じ!)

相変わらず、聞き取れない台詞があったり、
内容的に果たして面白いのか?断言できない感じなんだけど、
舞台の使い方、人の動かし方はやっぱり素晴らしいと思う。
野田秀樹は、空間と言葉を操るスペシャリストだと思う。

家元役の古田さんのかぶりものが、紅白歌合戦を思わす。
美川憲一やら美空ひばりやらが被ってそうな装飾でした(笑)
宮沢りえの声が催眠効果のように、カラダに染み込んできた。心地いい。
美波は、宮沢りえとそっくりだ。
田中哲司さん、もっと見たかった・・・
橋爪さん、しょっぱな噛みまくりでドキドキしたけど、あの存在感はさすが!
銀粉蝶さんの復帰が間に合わず(1日違い!)残念。


演劇をあまり観ない人には勧めないタイプの芝居ですが、
私は、好きです。

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


野田地図 第14回公演 『パイパー』 行ってきました!

キャスティングが豪華!!さらに好きな役者しか出ていないという、観る前から期待値の高い芝居でしたが、観ても大満足!
やっぱり野田地図を観て損はないですね?
特に今回は、これまでで一番ストーリーが分かりやすかったと思う。
野田秀樹ならではの言葉遊びも抑え目だったので、見やすいといえば見やすい。いや、聞きやすい?

今回はなんと言っても、”パイパー”でしょう。太い蛇腹パイプを手足のように動かす”パイパー”たち。彼らの動きが素晴らしかった。コンドルズならでは!まるで生き物を見ているようでした。舞台の袖や奥からゾワーッと出てくるときの不気味なこと!かと思えば人とダンスを踊る時の頼もしげな感じ。すごかったなぁ。ラピュタのロボットを彷彿とさせましたよ。

そして、やっぱりキャストの素晴らしさ!松たか子は言うまでもなく、揺るぎない芝居。さすがです。私の大好きな田中哲司さん、小松和重さんも堪能できたし(役的には物足りなかったけど)、大倉孝二さんは存分に楽しませてもらいました!そしてそして、橋爪功!!舞台で観るのは初めてでしたが、生で見るあの存在感とおちゃめさ!もう、最高!!

あと、アンサンブルの方々!今回は、この群像劇も見事でした!スローなシーンが多かったんだけど、あの人数でスローをかけると圧巻ですねぇ。
宮沢りえさんも上手いんですけど、ちょっと声が枯れてしまっていてつらそうでしたね。
個人的には、宮沢りえと松たか子二人での長セリフのシーンが大好きです!!
鳥肌ものでした。これぞ、野田!的なセリフの掛け合いがしびれました?

あ?楽しかった。2階席もチケットも取ってたんだけど、仕事で行けなかったのが悔やまれます。

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


NODA・MAP行って来ました。『キル』再再演ですが、初めて観ます。
いや?毎度毎度、野田氏の舞台の使い方には脱帽でございます。
今回の舞台も良かったなぁ。ウッドデッキのようなステージが前側と後ろ側で2段構造になっていて、真ん中から出入りができるのね。だから、下で観ている人にはきっと頭がニュッと出てくる感じで見えるのかな?上から観ると、谷から出てくるようで、砂漠さながらです。
そんでもって、ステージの下から照明をあてるもんだから、ウッドデッキから漏れる光がいいのなんの。お洒落カフェですか?っていうくらい、いい感じ。幻想的ね。
あいかわらず布を使うのがお好きなようで、多様されてましたが、これも照明とあいまって素敵でした。あと、衣装も素敵でした。

キャスティングなどは、公式HPで。



あけましておめでとうございまーす!
年末に30歳を迎え、めでたく三十路女になりました!
いやー思春期の頃、自分がこんな30歳になってると思わなかったなぁ。いい意味でも、悪い意味でも。頑張って生きていこう・・・。

野田地図第12回公演『ロープ』観てきました!
コクーン2階席からの観劇。
主演:藤原竜也・宮沢りえ

まさかリングのロープだったとは。
初めての藤原竜也は登場してすぐに惚れる予感。ああ、顔がよく見えないけど、声と所作がいい感じ。二階席が悲しい。
宮沢りえも近くで観たかったな。小さすぎて、よく見えん。華奢な二人が主役だったな…
宮沢りえ・・・下手だとは思わないけど、終盤の実況がちと役不足?あれ演出かな?あそこでもっともっていかれたかったなぁ。
野田秀樹はいつもより濶舌が良かった。ほぼ聞き取れた。
渡辺えり子はなんだかジャガー横田みたいだった。

ストーリー的にはとてもメッセージ性が強くて、しかもストレートでわかりやすかった。
やっぱりコクーンはセットがいいよな。死角はいっぱいあるんだけど。
藤原竜也…舞台で活きる役者だな。今度は近くで観てみたい。



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。