Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新感線『シレンとラギ』観ました。
今回の客演は、藤原竜也、永作雅美、高橋克実、北村有起哉、三宅弘城。

まぁ、正直に言ってしまいますと、
主演のお二人にあまり期待感はなかったのですが、
(キライということではなく新感線にあわさなそうで)
そこは新感線、きっとまた期待を上回るものが見られるんじゃないかと、
この二人をどう見せてくれるのかと、
そう思って行ったんです。

結果は、予想より良くなかった・・・
非常に残念です。

いつもの見得も、殺陣も、胸を打つことなく、
心がすんとも動かなかった。

藤原竜也さんは、ずっと芝居が巧い人だと思っていたけど、
よく考えたらほとんどこの人の芝居見たことなくて、
いざ目の当たりしたら、むぅ・・・
そこには、藤原竜也というその人がそのままでいました。

永作博美さんも大好きな女優さんなのですが、
映画だけで観てるほうが良かったかな。
舞台にあわせての台詞回しなのか、なぜそんな話し方を?
と気になって気になって・・・
気負いすぎなのかなぁ。
新感線の空気感と彼らの作り出している世界がどうにも交わらなくて
歯がゆい思いをしました。

そんな中で、エロ教祖を演じる高橋克実さんと教団に忠実な北村有起哉さんは
とても良かった!!

毎回、素敵な役者さんたちを新感線という色に染めあげて、
素敵な舞台を見せてくれる新感線。
たまにはこういうこともあるだろう。
舞台というのは、本当に博打みたいなものだなと実感。
キャスティングにしろ、脚本にしろ、1回1回が実験のようなもので
どういう化学反応がおきて、結果が出るのか。
やってみなくてはわからないし、ひとつの公演の中でも
毎日それが変わって、出来上がるものが異なる。
それが舞台の魅力でもあり、怖いとこでもある。

観に行く方も、毎回が賭け。
12,500円という金額を払って、何を見せられるのか?
果たして、今回の舞台はこの金額に値しているのか。
そもそもこんなチケット代を徴収しないと興行が打てない
日本の演劇業界がどうかと思う。
私は、舞台が好きだから金を払って観に行く。
高い金を払って観たものがつまらなければ、つまらないと文句を言う。
当たり前の権利。
それでもまた舞台へ行く。好きだから。
でも、人によっては、そんなお金を払ってまで観に行かないだろう。
そうやって舞台へ行く人が減るのも哀しいので、
チケット代、もっと安くなればいいのになぁ。

そんなわけで私は、次回もまた期待を持って新感線を観に行きます!


ラストの方、紙吹雪(毒薬だけど)が舞う所良かったなぁ。
役者の台詞をオフって、音楽だけで見たら
それはもう最高だっただろうな。
あ~森山未來の舞台が観たいな!!
スポンサーサイト

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


観てきました!!髑髏城~~

これは、ヤバイ

もう、期待以上に最高でした 


私、数々の芝居を観てきましたが、こんなにも胸が高鳴ったのは久々です
何が良かったって、
それは、早乙女太一!!

彼の登場シーンで、鼓動が早くなって、その後も鳥肌が消えない。
もう、震えました・・・
もしかして、コレって一目惚れか??

私はあんなにも華麗で鮮やかな殺陣を初めて観ました。
早乙女太一が刀を振るうと、心が震えるような、そんな状況。
ん~今さらながら、彼の人気の理由を実感。

そしてそして、大好きな森山未來。
今回は、悪役だったので、まぁ楽しそうでした(笑)
本職の早乙女太一に見劣りしない殺陣の技術にもうっとり
あ~かっこよすぎる二人。
この二人の殺陣だけでもいいから、あと5回観たい。

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


港町オセロ


満足!!
予想以上に田中哲司さんがメインで、
見慣れないヤクザ役、聞きなれない関西弁。
今まで見たことのない田中さんがいっぱい堪能できました。
踊ってたしね(笑)
もう、本当に素敵。。。素敵すぎる。
田中さんの口から下品な台詞が発せられても、
あんまり下品に聞こえないし(笑)

もちろんじゅんさんも、石原さとみちゃんも素敵だったし、
私は初めてお目にかかる伊礼彼方さん(ミュージカルの方なんですね)、
ゲイ役をこなしていた大東俊介さん、
みんな良かったですよ~~

原作の『オセロ』自体はちゃんと読んだことないけど、
人の嫉妬とか、ネガティブな感情を表現する
シェイクスピアらしさを楽しめました。
いつの時代、どんな台詞にしても、シェイクスピアらしさって
失われないのが、シェイクスピアが愛される所以なんだろうなぁ。
人間の素直な感情だからなのかな。

クライマックスは、シェイクスピアらしい熱さがあって、
じゅんさん、素敵でした!
でもやっぱり、シェイクスピアの長台詞を関西弁で演じる田中さんが
一番素敵でした!!

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


行ってまいりました、新感線
今回は、原点回帰だ、初期の笑いオンリーだ、と色々と前もって
耳に入れて行ったので、予想通りの感じでしたよ。
新感線の後期からしか見ていない私には、お得感ありました。

今回、私が一番ググッと惹かれたのは、古田さんの登場シーンです。
バカうけです!
韓流を意識したアシンメトリーな髪型。
清らかなハーモニー。
さわやかなステップ。
K?POPな感じで歌いきったあとの
村西透口調(笑)。
ナイスですね??

昭和の男子学生と現代の男子学生混合の下ネタの数々。
いわば、下ネタの古典とモダンが乱れ打ち。
いい大人が高い金払って、見に来る芝居とは思えない感じ(笑)。
でも、好きな人は好きだよね?
もちろん私も好きだけど。
RXとか見慣れてしまっている人にはキツイかもね。
男性向きのネタだと思う。

ちょっとスリムになったからか、古田さんの殺陣が切れてました。
絶対かっこよくないのに(←失礼)、惚れてしまうと思ってしまう
古田さんの魅力って、なんでしょうね。
オレは面白い!っていう自信?
大勢の舞台女優を抱いてきた経験?
舞台俳優の魅力って不思議だなぁ。

今回は、スケ番刑事をやりきった坂井真紀も良かった!!
汚れた舞台の一服の清涼感(笑)?
その日暮らしの・・・も笑えました。

あ?くだらない人生って素敵!

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


bara

☆公式ページ →→ 新感線RX『薔薇とサムライ』


『薔薇とサムライ』行ってきました??
今回は天海祐希さんを迎えての公演だったので、女性のお客さんが多かったかも。

いやいや、やっぱりものすごっっく いい!!!

天海さんが海賊姿で登場した途端、思わず「かっこいい!!」とつぶやいてしまいました。
参った、参った。宝塚ファンじゃない私も”ほれてまうやろ?”って感じ

『五右衛門ロック』の時代背景、設定を変えたストーリー。
お馴染みの五右衛門に、THE宝塚の天海さんがコラボ!で、ものすごい派手な舞台でした。
これまでの新感線RXより歌唱シーンが多かったのは、やはり天海さんの存在感でしょうか。
正直、ミュージカル嫌いが見に来ていたら、ちょっと苦痛かも、と思うほど、歌っていました。
私はミュージカル不慣れでも大丈夫だったけどね。

今回はイケメンの役者がいなくてちょっと寂しい?なんて気持ちで行っていたのが、どっこい!ですよ。
天海さんがヒロインもヒーローもどっちもやっておりました。そんじょそこらのイケメンよりもかっこいい天海さんは、やっぱり宝塚のトップだったんだなぁと納得せざるを得ませんでしたよ。恐るべし、宝塚!
フラメンコのシーンでは、全身鳥肌たったわ?。ちょっとヅカファンのキャア?の気持ちが分かってしまった。
今回、宝塚引退後、舞台に立つ天海さんを初めて見ましたが、やっぱりこの方はドラマや映画より舞台で観たい人だと思いました。あの伸びやかなカラダはテレビサイズじゃないですね。

あと、浦井健治さん。初めて観る方でしたが、歌うま!ミュージカル畑の方なんだろうと思いますが、新感線のコミカルさにも合っていた気がします。今後も是非。

そしてなんといっても古田さん。あんなにコミカルなカラダとお顔なのに、エンディングの時にはいつも「かっこええ?」となります。だから舞台はやめられないんだよね?
前作『五右衛門ロック』に続き、船のシーンでは、うっとりとその勇姿を堪能させてもらいました。

新宿コマに比べてちょいと狭さが気になる劇場ですが、音はこっちの方がいいかな。大好きな生演奏も良かった!うるさくて耐えられない人もいるかもしれないRX。私はど派手でやかましい、この路線を突き進んで欲しいと思う。耳鳴りになっても行く!

あと今回のポスター、めちぇめちゃかっこええです!
まだ観てない方、頑張ってチケット取っていってください。
私はゲキシネで見逃した『蛮勇鬼』を観に行かねば!!


テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。