上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
サウンドトラック〈上〉
古川 日出男
集英社 2006-09
評価

サウンドトラック〈下〉 by G-Tools , 2007/06/08


疲れた?。ようやく読み終わったよう。
すごいよ、本当に古川さんは。とにかくずーっと走らされてる気分。
止まらない小説。疾走小説・・・。
読んでる間にアタマに浮かんだ感覚、”疾走感”、”濃密”このふたつのフレーズがまさに解説者の柴田氏によって語られていた。本当に、この小説を表すのにふさわしい言葉だと思う。それどころか、古川氏本人がこの小説を「疾走小説」と名づけている。伝わったよ、疾走感。グッタリするほどに。

舞台はそう遠くない東京。ヒートアイランド化した東京はスコールに襲われ、江戸川は不法侵入の外国人の住処となり、西荻窪では外国人排斥運動がヒートアップしている。
無人島で出会った二人の子ども、トウタとヒツジコ。それぞれ別々に東京に上陸し、それぞれの形で静かに戦闘を始める。
そして、ニッポン人ではないレニ。地域によって自分の性を切り替え、レバノンと呼ばれる神楽坂に生きる。熱病とスコールに犯される東京で、たくましく生きる子どもたちが東京を滅ぼす。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学


ものすごい久しぶりに映画館で映画を観た。
連れがいたので、自分1人では選ばなさそうな映画をセレクトしてみて、これになったんだけど、良かった。こういう映画はやっぱりスクリーンで観るといいね。

公式HP www.tomorrow-world.com

大まかにネタバレしちゃいます。ネタ分かってても楽しめる映画だと思うので。
ストーリーは2027年、18年間人類に子どもが誕生していない近未来。未来に希望を持てなくなった、世界は争いを重ね自滅していた。
舞台は移民が押し寄せるロンドン。このロンドンでもテロが横行し、自殺薬が支給されるほど、人類は退廃しかけている。そんな中、テロリストたちが守ろうとした1人の少女がいた。
元妻でテロ集団のボス、ジュリアンからこの少女を託されたセオは、彼女の奇跡を知り、彼女を”トゥモロー号”という船に連れて行く任務を負うことになる。

SFなんだけど、この映画の描く近未来は全然ハイテクじゃなくて、退廃していて、とてもリアル。私たちは既に希望だけを持った未来を描いている場合じゃなくなっているんだ。
映画の原題は『Children of men(人類の子ども)』。
ものすごくストレートなタイトル。奇をてらわずに、数年後にはこうなっているかもしれない未来を描き、単純なメッセージをその映像力からガンガン発してる映画。

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画


photo
カナリア
石田法嗣 塩田明彦 谷村美月
バンダイビジュアル 2005-10-28
評価

by G-Tools , 2007/06/08




無差別殺人を引き起こした、カルト教団”ニルヴァーナ”から保護された子ども。協調性がなく、凶暴性を垣間見せる光一は祖父から引き取りを拒否され、一緒にいた妹・朝子だけを連れて行かれてしまう。妹を取り戻すため、児童相談所から逃げ出した光一と途中で出会った少女・由希との旅が始まる。

多分、この映画が語りたかった一番のところを私はきちんと受け止めず、その感想もあっさりにしてしまうけど、あまりに子役の二人が鮮烈で、それだけで観る価値のある映画だと思った。

光一役の石田法嗣くん。
誰も知らない』で柳楽優弥が強烈な印象を残したように瞳の力があって、不器用で、そんでもって次長課長の井上にとても良く似ている。うん、好きな顔だ(笑)。
終わってから気づいた。彼の既視感は柳楽でも井上でもなく、ドラマ『火垂るの墓』だ!あのドラマの清太役だ。ドラマの予告で彼を見て、一瞬の彼の表情に泣きそうになったほど印象の強かった子だ。無邪気さの中に芯の強さを感じるというか、その年齢とは不釣合いなほど、強い気持ちを持っている印象を受ける。その強さはきっと信念や優しさ。セリフ回しとかどうでもよくさせる表情を持ってる子。とても期待大の役者。だけど最近の柳楽くんがガッカリな感じになっているだけに、彼の今後もとても心配です。この強さが吉と出るか凶と出るかなのよね、子役って。

そして、由希役の谷村美月ちゃん。最高。
なんて美しい。そんでこの子も強さがガンガン出てる。
強くて美しい女なんて危険だわー。強さとはウラハラに華奢な体がまた魅力的ですな。彼女の歌う”銀色の道”はとても良かった。
この子は『レオン』のマチルダぐらいイケてると思う。ナタリーが成長後、出演作が限られた(もしくは選んだ)ように苦労はすると思うけどいい作品にであって、素敵な女優になって欲しいなぁ。
しっかし、この子は危険だなぁ。ちゃんとした大人に守られているといいけど。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


ブログって、書き始めてみないと使いやすさが分からないから不便。ある程度の情報でブログを選んではいるけど、やっぱり使い始めて色んなことが明らかになって、ガッカリしたりする。
FC2に移す時、データを移行するために色んなブログに入ってみたんだけど、登録してるだけじゃもったいないかと思って、それぞれのブログを使ってみた。そしたら、不思議なもんで欲しい機能を全て備えているブログってないもんね。
で、ちょっと気づいたことを並べてみます。
なかには、私が知らないだけで可能な機能とかあるのかもしれない。その時は教えてください。

1.ロリポブログ
ここは最初に使ってみたブログ。今考えると一番使いやすかったかも。変えた理由はテンプレートの少なさ。つまんなかった。
ただ、SPAM拒否設定とかセキュリティ面が充実していたし、アクセス解析もすごい見やすいし、プレビューも観やすかった。
あとは画像のアップが面倒だったかな。
ここと平行して、契約がいきてるから、未だに公開はしてる。アクセス数も一番ある。
でも、唯一有料だな、そういえば。

2.FC2
デザイン面では満足。とにかくテンプレートが豊富。
アクセス解析を別途取り付けなのが、いただけない。しかも見づらい。
管理ページからアクセス解析できないのが不便だわ。
ま、それぐらいかな不満な点は。
あと、気になってるのはアクセス数が伸びないことかな。
これは自分のせいも当然あるんだけど、でも他のサイトに比べて明らかにアクセス数が少ないのが気になる。アクセス解析の取り付け方の問題だとは思ってるんだけど、ページ別に設置するのはものすごく面倒だからやりたくない。

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記


photo
悪い女
イ・ジウン キム・ギドク イ・ヘウン
ビデオメーカー 2004-08-27
評価

by G-Tools , 2007/06/08




《キム・ギドク監督 1998年》
娼婦のいる海辺の宿。そこで働くジナとその家の娘ヘム。
ジナを軽蔑し、事あるごとにジナにつっかかるヘム。
性の考え方、関わり方が全く異なる二人が徐々に打ち解けてゆく。

まず気になったのは画質の古さ。70年代のドラマみたい。
でも98年制作だから、これわざとなのね。時代設定が70年代なのかな?
まぁ、そもそも90年代に公然と売春宿なんてないか。
つうか、売春宿が家業ってすごいな。
家人の住む同じ土地で商売してるのが恐ろしい。
だって、この家の子どもたちは売春婦たちが客をとった金で育ったわけでしょ。すさまじいよ。そう思ったから、私はヘムがジナを責め、憎むのが納得いかんかった。憎むべきはその商売してる親でしょ。それこそ、誰に食わせてもらっとんじゃ!っていうことよ。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


眼が見えないんです。
視力だけが唯一人より秀でた身体能力だったのに、視力がどんどん、
なくなっていきます(泣)。
去年あたりから、なんだか眼が霞むなぁ、疲れてるんだなぁ、
なんてぼんやり思っておりましたの。
で、ある日、あれ?これはもしや視力が落ちてる?!と気づき、
眼科に行ってみたらば、0.9。
うそ?ん!これまで裸眼で2.0を誇ってた私のおめめが・・・
ショックを受けたものの、メガネを作るほどではないとのお言葉を信じて、月日が経つこと1年。
健康診断の結果は、0.6!!さらにか!車乗れんやん!
ん?そろそろまずいかも。そういえば、人の顔が見えないし。
で、健康診断から3か月後。ふらりと入った眼鏡店で測ったら、0.3!!
あ”あ”??誰か止めてくれ?
というわけで、18年ぶりにメガネを作りました。
ちなみに18年前は乱視メガネね。

んで、メガネをして気づいたこと。
見えるって疲れる・・・そして部屋のごみが気になる(笑)。
世の中はぼんやり見えてるぐらいの方が楽ちんなのね。
どうりで、前は人ごみに行くと吐き気がしたわ。見えすぎなのよ、アレ。
でもさ、眼が悪くなかったら、かからないお金が高いこと!
ピンきりだろうけど、たっけ?な、メガネ。
まだ、ちょっとかけてると酔うけど、クリアな世界もいい時はいいね。
願うのは、メガネが似合っているといいんだけどってこと。
高い金かけて、より不細工なお顔になったら、それこそ泣けるわよ。
萌えてもらうぐらいじゃなきゃ割りに合わんのよ。
メガネコ、どうかなぁ。。。

photo
陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション
大沢たかお 伊坂幸太郎 前田哲
ジェネオン エンタテインメント 2006-10-25
評価

by G-Tools , 2007/06/08




レンタルで早速視聴。
原作は、私が伊坂作品で一番好きな作品。それだけにドキドキ。
公式HPはとてもポップで、スペーストラベラーズみたいな印象だったけど、果たして・・・

公式HP⇒ http://www.yo-gang.com/

う??キャストはもうヨダレもん。大沢たかお、佐藤浩一、松田翔太、鈴木京香って、マジ文句なし!!おまけに古田新太に大倉孝一でしょう?もうニヤニヤなわけですよ。
観てるだけでも幸せなわけですよ!なのに・・・なのに何故?
この中途半端な作品は。う??やってくれたね。
これは、もう脚本家(3,4人いたぞ)と監督の責任!
く?悔しい、悔しい。こんないいキャストを揃えておきながらこの出来とは!!

テーマ:DVD - ジャンル:映画


役所が苦手だ。
融通が利かないから。

先日、税金の支払額に誤りがありました、という知らせを貰った。
つきましては、返金額がありますので、取りに来てくださいとのこと。
どれどれと見てみたら、その額、なんと100円・・・
・・・は?!
本気で言ってるの?この人たち。
100円取りにいくのにいくらかかんだよ!アホか!
むしろ振り込めや!手数料かけてでも!計算ミスはそっちだろ!
あまりのバカバカしさにしばし呆然。
でも、しばらくしてしょうがないか、と納得。
だって、マニュアル通りにしかやらないのがお役所仕事だもんね。

書類を出せ?とか、金払え?とか、本気で督促してるなら夜も開けとけよって思うしね、役所。
郵便事業だけじゃなくて、民政化しちゃえばいいのに、もっと色々。
立派なサービス業なんだからさ。
それにしても最近の役所は立派な建物だねぇ。
そんなに設備を充実させる必要があるのかってくらい充実してますわな。

photo
ハヅキさんのこと
川上 弘美
講談社 2006-09-30
評価

by G-Tools , 2007/06/08




独り言みたいな短編集。実際エッセイを書こうとして書けず、エッセイのようなお話を書いたものらしいので、本当にあったことなんじゃないかと思ってしまうような話が多い。
川上さんの作品を好きになるきっかけになった『先生の鞄』のテイストにとても近い気がした。

ぐずぐずとした30,40を過ぎた女の描写が心地いい。
川上さんの描く女性って、なんだか面妖なのね。とろりと溶けていなくなりそうな、そんな女性。
色気はないけど、イヤらしいから不思議。
一重で長い黒髪を一つに束ねていて欲しい、そんな感じ(笑)。
そんなことを思っていたら、ああピッタリな役者さんがいたなとふと思いついた。
時空警察に出てた女優さん。江口のりこさんというらしい。
この人、川上弘美ワールドにピッタリ。あとは木村多江さんなんかも合うけどね。って、勝手にキャスティングしてしまった。
キャスティングしたくなるほど、キャラが描けてるってことかしら?
とにかく、短すぎて残念な感はあるけど、心地のいい本です。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。