上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス)
沼野 恭子
新潮社 2004-09-29
評価

by G-Tools , 2008/10/27



これはこれは素敵な本に出会ってしまいました。
内容は決して明るくないので、HAPPYな本というわけではないんですが、ペンギンの存在がもう・・・ズルイ!ペンギンにノックアウトですよ。

ウクライナのキエフに住む売れない作家ヴィクトル。動物園が飼えなくなったペンギンを譲り受け、一緒に暮らしているがそのペンギン・ミーシャはどうやら憂鬱症らしい。彼女とも別れ、書こうと思っている小説は一向に書けないヴィクトルは奇妙な仕事を引き受けることになる。新聞に載せる追悼文を書く仕事だ。しかしこの”十字架”と名づけられた追悼文はまだ生きている人の追悼を書く代物。この仕事を引き受けてから、彼の生活は徐々におかしな方へと向かっていく。

彼が何によって働かされているのか、彼の周りで何が起きているのか、きな臭さだけは感じられるけど、表立ってはわからない。そんな不穏な中で深く知ろうとせずに、ヴィクトルは流れに身をまかせ、ミーシャと少女とベビーシッターと平和に過ごす。
ウクライナの政情の不安定さや思考をやめたくなるような寒さがヒシヒシと感じられる中で、起きている不幸をミーシャが一身に引き受けてしまったようで、切ない。
よくわからないけど、国が大きな変化を遂げている時、そこに暮らす人々はただただ言われるままに、生きるためだけに行動しているんだろうなと思った。
ミーシャの身に起きていること(南極で群れて暮らすはずのペンギンが、動物園という狭い世界に入れられ、さらには氷のない家の中で暮らすようになったこと)は、同じようにキエフに暮らす人々の身にも起きていることなんだろう。

世界各国で翻訳されたこの本。著者のところにはミーシャの写真を撮らせてくれと、飼っていないことを全く信じてくれない記者からの依頼があるらしい(笑)。それほど世界中の人にこのペンギンは強烈な印象を残したんですね。ミーシャのその後が気になります。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
長い終わりが始まる
山崎 ナオコーラ
講談社 2008-06-26
評価

by G-Tools , 2008/10/24



初、山崎ナオコーラ。
う?ん。どうなの?
ところどころ、おっ!って思う文章があったりはするんだけど、全体として箸にも棒にも・・・って感じ。登場人物の誰にも感情移入できないんだなぁ。思うに、やさ男の描写が合わないのかも。例えば、伊坂幸太郎の描くやさ男は好きだけど、絲山秋子の描くやさ男は嫌い、みたいな。それが合わなかったのがひとつ。
あと、主人公が好きになれない(笑)。これって致命的だね。嫌われてる女の子を描いてるんだけど、こういう時って読者としては好きになれるところがないと辛い。もはや価値観の違い。一人称で描かれているところと、彼女を”小笠原”と呼ぶところの使い分けも気持ちよくなかったなぁ。
きっと下手な人ではないと思う。けど、友達になれないタイプの作家さんなんだと思う。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


sharpsan.jpg

先週ですが、ホワイトチーム行って来ました。
脚本は変わらないんですねぇ、ほとんど。
微妙に違う結果になるところがあるくらい。さて、何故こちらのチームがホワイトなんでしょう?内容的には逆な気がしたけど。全体的なトーンがこっちの方が暗い。

前回は後方の席で、今回は前方の席でした。
なので、バランスよく舞台を観られてよかった。前の方だと舞台の上の方が観づらいので、後方が好みです。でも顔を良く観たかったのはブラックチームだったので、逆だったら良かったな。

それにしてもダブルキャストって難しいよなぁ。観てる方はどっちがいいだのと平気で言えるけど、演ってる方は気になるよね、他チームが。昔、ダブルキャストの芝居に演者で出たことあるけど、それぞれの色が出ればいいじゃん、みたいなことは思いながらやってるけど、やっぱり心中穏やかじゃない。一緒に作ってる役者に対しても、この役はあっちの方がいいな、みたいなこと絶対思っちゃうもんね。同時に自分も思われるってことだから、穏やかじゃない。私なんかは、単に部員全員が役につけるようにってくらいのダブルキャストだし、所詮学生演劇だから、結局のところどうでもいいんだけど、プロのダブルキャストって複雑そうだなぁ。
同じ脚本で違う演出家だと、面白い違いが出るんだけどね。今回はどっちもケラだし。この役者だからこっちはこうしよう、みたいなことあるんだろうか?違うメンバーで同じ脚本を演出するのって、もしかしてすごく大変なことなんじゃ・・・
う?ん。ダブルキャストの意図はよう分かりませんが、個人的にはブラックチームが好きでした。ってやっぱりどっちがいいって言ってしまった(笑)。しゃあないわ。

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


photo
虚空の旅人 (新潮文庫 う 18-5)
上橋 菜穂子
新潮社 2008-07-29
評価

by G-Tools , 2008/10/16





”守り人”シリーズがいつの間にか”旅人”になった。
と、おもったらバルサを主役とした物語を”守り人”とするなら、今回の物語は外伝にあたるだろうということで”旅人”になったとのこと。
そう。今回はバルサが出てこない。真ん中あたりでそれを確信したとき、ちょっと寂しかったけど、今回の物語もかなりよかった。個人的には1冊目の次に好き。

今回はチャグムの物語。
隣国の新王即位の儀に呼ばれ、新ヨゴ皇国の皇太子として海の国サンガルを訪れる。自国とは全く違う風土と王族たち。儀式の期間に持ち上がる事件の数々。その裏で動いている陰謀。かつて”ナユグ”の世界を見たことがあるチャグムだからこそ、理解し力になれる事件。

海の民や、王家の女たちが絆を保持するサンガル諸島の情勢など、これまで険しい山の中で展開していた物語が今回は海の国を舞台にしていたことで、また新しい世界が描かれていて、すごく楽しい。素敵なファンタジーでした。

読んだあと、バルサが懐かしくなってまた『精霊の守り人』を読んだら、やっぱり1冊目はいい!次の文庫化は夏だそうで。待ち遠しいです。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


top2.jpg

Piper10周年記念の何故か2回目の公演。
何回10周年を祝うんだろう?全然構わないけど(笑)
会場に入るとホールで宇宙服を来た人がお客さんと記念撮影をしている・・・(笑)
あの中身は後藤さんだったのだろうか?よく見ておけばよかった。

前回、『ひーはー』で観た西部風居酒屋がスペース基地となって現われた!
位置関係がそっくりだわ。
しかも小細工がいっぱいありそうでワクワク。
前回と同じバカ家族が出てきて、もじゃきが出てきて、色んなところにデジャ・ヴを感じる。
それにしても、鈴木蘭々。練習期間が1週間あったかどうかなのに、ちゃんと仕上げてきてたなぁ。エライなぁ。代役の人って本当プロ根性すごいと思う。

内容は・・・後藤さんの言うまんまだと思います。
「で?」ってね(笑)。でもその時その時が楽しく過ごせる舞台、嫌いじゃないです。
それにしても、内容のない芝居だったかも・・・(笑)
ベントラーベントラーベントラー・・・UFOを呼ぶ呪文らしいですよ。

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


photo
田村はまだか
朝倉 かすみ
光文社 2008-02-21
評価

by G-Tools , 2008/10/08



久々に朝倉さんの本を読んだ。
面白い!
小学校の同窓会から流れてきた40歳の男女。3次会となった小さなスナック「チャオ!」のカウンターに座る5人の中年。彼らが待っているのは田村という男。その男の小学時代の思い出を語りながら酒を飲む5人。チャオのマスターは、常連の永田以外の彼らを”腕白”、”コルリオーネ”、”エビス”、”いいちこ”と名づけ、様子を見ている。そして、彼らの話を聞いているうちに彼もまた田村を待ち望むようになる。それにつけても・・・「田村はまだか?」

彼らの小学校時代のエピソードから始まり、40歳を迎える彼らのひとりひとりの今が描かれる。40歳にもなれば色々ある。そして、普段会わない旧友だからこそ、思わず口にしてしまう話がある。今まで人に言ったことのなかった自分の秘密。田村を待っている間にゆるゆると口が開いてしまう。

誰でも経験したことあるんじゃないかな。今交友している人たちには絶対話さないようなことを思わず、久々に会った人に話してるってこと。それに、初めて行ったバーで何故か吐露してしまう自分の弱さみたいなこと。そういう共感もまたある。

田村が遅くなっている理由にはちょっと驚いたけど、田村って何もんだ!?っていうキャラクターは一貫してたような。「孤高の小6」はとても強い人間だったのだ。


久々に映画館で観ました。
芝居の方を見逃していたので、ちょっぴり悔しい気分で観賞。
いや?すごいもの作りましたね。中島監督。
前半戦、色彩の多さに圧倒されて疲れちゃうかと思ったけど、そう思ったあたりでストーリーがグッと動く。動いた瞬間に気持ちも持っていかれて、夢のような世界に気持ちよく連れて行ってもらいました。映画館で泣いたのも久しぶり。

ストーリー的にはやっぱり舞台向きで面白いだろうなぁ舞台。って感じだけど、それを映像化するからには!ていう気概があったんでしょうね。映画にしか描けない新たな世界で、映画は映画で素晴らしい!アヤカ・ウイルソンがかわいい!役所広司が上手い!二人がとっても素敵でした。
ただ、自分的には阿部サダヲさんがちょっと・・・彼は好きなんだけど、この作品のあの役としてはもう少しアクが薄いと良かったなぁと欲を言っちゃいます。

本当に後藤ひろひとさんは、温かい作品を描く人ですねぇ。やっぱり舞台も観たい!どうぞまた再演をお願いします!!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


photo
フェッセンデンの宇宙 (全集・シリーズ奇想コレクション)
中村 融
河出書房新社 2004-04-15
評価

by G-Tools , 2008/10/06




これまた楽しい奇想の数々でした。
どの短篇もわかりやすくて、どこかで読んだことあるような気もしたけど、どれも楽しい発想のお話でした。読んだことがあるような気がするのは、かなり前に書かれている話なので、きっとその後のSF作品の礎になっていたりするからなのでは?
まだ宇宙に対して分からないことがあった時代、こんな作品を読んだら私はおったまげるね。怖くて宇宙開発なんてやめちまいなよ!って思ったに違いない。

『追放者』、『向こうはどんなところだい?』なんて結構好きです。
前作は、SF作家たちがお酒を呑みながら談話をしている中で、一人の作家が語った話。自分が作ったどうしようもない世界に自分が何故か来てしまったという話。オチは見えているんだけど、面白い。SF作家だけに作り話だろうと信じたい他の作家たちの気持ちや、その話の後の場の雰囲気とか想像するとかなり楽しい。
後者は、火星に行って来た青年が帰郷する過程で、会う人会う人に聞かれるフレーズがタイトルになっている。皆が想像する火星と実際の火星。そして、皆が求めている体験談と現実の違い。話す相手ごとに変わっていく様子が面白かった。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。