上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
母の家で過ごした三日間
Francois Weyergans 渋谷 豊
白水社 2008-03
評価

by G-Tools , 2009/03/30




おもしろかった?!
前金をもらっているのに一向に新刊を出せずにいる作家さんのウダウダな日々。書こう、書こうと机に向かうも、思考はあちらこちらへ。書こうと思っていた小説のこと、かつて訪れた国、かなり多くの女性との甘い時間(笑)、さらに督促を受けている税務署とのやり取り・・・つらつらと書き連ね、その思考の脱線ぷり、切羽詰っている割にはのん気な彼が相当面白い。あと彼のしょうもない浮気性っぷりも。

でまぁ、ウダウダしているうちに、本のプロットは描かれていくんだけど、その登場人物もまた書けずにいる作家で、その作家が取り組んでいる小説の主人公も作家で・・・とつながっていくのね。読んでいるうちに果たしてこの女の人はどこの世界の人だったかしら?となる。
『母の家で過ごした三日間』という本を書こうとしているのに、当の彼はしばらく母親の家によりついていない。新刊を出せないことが後ろめたく、顔をだせないでいる。
ママンや姉たちにかわいがられて育ったようなおぼっちゃんぶりがあちらこちらに垣間見えて、本当だったら、仕事しないくせに浮気ばっかりしているこんな男はどうしようもないはずなのに、なんだか憎めないキャラクターがたってます。

結局、この作家さんはこれで一冊書けたわけだ。あとは、書こうと思ってこちらも前金をもらっている『火山』と『様々な情事』が気になりますな。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


仕事が華僑です。いや、佳境です。
うわ?あっという間に3月が終わってまうわ?桜は咲いているの??

特番期は毎度のこととはいえ、年々ADの質が落ちているせいか、自分の体力が落ちているせいか、どんどんきつくなっていく?
それにしても入ってくる新人は必ず年ごとにバカになっている。これってゆとり教育の弊害?
いっそのこと、社会人になる前に職業訓練を義務付けてくれないだろうか。5人まとめて勝負しても勝てるわ(ケンカじゃなくて、仕事ね)

仕事が忙しくって花粉舞い散るこの日々に通っている耳鼻科に行けなくて、仕方なく会社のそばの耳鼻科にかけこんだ。くそ忙しい中、2時間半も待たされた挙句(検査の必要の有無を聞くのに1時間かかったぞ)、ようやく診察と思ったら、何故か上から目線のじじい医者。 私、20年来の花粉症患者なんだけど、アレルギー検査なんてしたことなくて、毎年毎年毎日を楽に生きるためにクスリを貰ってたわけよ。それが悪いとも思わないんだけど、なんか、ろくに検査もせずにクスリもらうだけっていうのが、その医者は気に食わなかったらしい。「僕はスギが原因だとは思わないけど・・・」とか、「ま、いいや。診てみるか」ってその投げやりな態度は何 
つうか、検査した方がいいなら、すればいいじゃん。私拒否しないし、別に。原因が違うと思うなら、責任もって検査しろっつうの。そういう嫌味な言い方をしながら、「検査はアナタがしたければ自己申告でやってください」みたいなことで締めくくりやがって。ものすごっく不愉快!!
そもそも難聴の患者が多い病院のくせに、呼び出しの声が小さいんだよ!患者の立場がわかってないのな!あ?久々に何様?医者に会ったよ。不愉快、不愉快


punk


行ってきました??劇団☆新感線!!
今回は本当にチケット取るのが大変で、ちょっとあきらめかけていましたが、なんとかゲット!!

いのうえ歌舞伎・壊<Punk>『蜉蝣峠』
 作  宮藤官九郎
演出  いのうえひでのり
出演 古田新太・堤真一・高岡早紀・梶原善
    勝地涼・木村了

キャスト・スタッフを見るだけでも盛り上がりますね?
素敵なキャストさんの写真がHPに出てるので、見てみてください?

今回はなんと言っても・・・・
堤真一だ?!!

うう 堤さんを好きになって十数年・・・こんなにもかっこいい堤さんに出会えたのは初めてです!MY BESTですディレクターズカット版で堤真一スペシャルDVDを作って欲しいほどです。
古田さんにしろ、勝地涼くんにしろ、好きな役者さんいっぱい出てたけど、堤さんに目を奪われてしまって・・・ふるちん、ごめん

着流しに、長髪って・・・どストライクだ?思わず出てきた瞬間、悲鳴をあげてしまいそうでした Jファンの人たちのあの歓声を初めて理解できたかも・・・
2時間半見終わって、私の中には堤さんしかいませんでした・・・

ちょっと落ち着いて、内容はといえば、クドカンらしい面白いんだか、面白くないんだかといった下ネタギャグを散りばめつつ、新感線らしいど派手な殺陣。ここでも堤さんの殺陣が光るんだなぁ? 
今回は、PUNKを期待していたけど、音楽は演歌?歌謡曲っぽかったなぁ。もっと音楽は派手でよかったかなぁ。そんでもって、舞台がちょいと狭そうでしたね。動きの多い新感線には手狭な感じがしました。映像は上田大樹さんなので、あいかわらず楽しませてくれました。
ん?楽しかったです

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


photo
インディアナ、インディアナ
柴田 元幸
朝日新聞社 2006-05-03
評価

by G-Tools , 2009/03/17



3月忙しかった・・・ほぼ毎日タクシーで帰宅していたので、本が進まなかったわ?朝の通勤時のみ読んでいたので半月以上かかってしまった。ちょっと落ち着いたので、またちゃんと本と向き合おう。忙しいときは気持ち半分で本を読んでいる気がします。


とっても静かな小説でした。
インディアナに暮らす独りの老人、ノア。
誰もいなくなった古い家で、物思いにふけるノア。それは追憶であり、幻想であり、今の憂いであり・・・彼の思いの欠片を集めていくと、彼の人生が見えてくる。
劇的な展開があるわけでなく、心揺さぶられる衝撃があるわけでもないが、心に響く何かがある小説です。

ちょっと普通の人とは違ったノアだけど、彼は彼なりに人生を楽しんでいたことや、愛する人との美しい日々があったこと、そして一人になってしまった今も、それほど不幸ではないことが感じられる。寂しさが全編に漂ってはいるけれど、私はノアを不幸だとは感じなかった。その気持ちは小説の後半に行くにしたがって確信できた。みんな先に逝ってしまったけれど、彼は皆に愛され過ごした記憶に満ちているんだもの。そう遠くない日、皆がいってしまったところにノアもたどり着けるはず。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。