上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
告白
湊 かなえ
双葉社 2008-08-05
評価

by G-Tools , 2009/05/30





今年話題になった本。なんと、本屋大賞も受賞。
あまり読む気はなかったんだけど、上司から薦められて読みました。
残念ながら、私は面白いとは思えなかったなぁ。


物語は、終業式、その日をもって学校を辞める女教師の告白からはじまる。学校内のプールで命を落とした教師の子ども。事故死と思われていたその死は、自分の教え子による殺人だった・・・。そして彼女の下した制裁が引き起こすこと・・・。
女教師の告白による「聖職者」という1章にはじまり、犯人である生徒、生徒の家族、同級生のそれぞれの視点から描かれた他の章が続く。

この本の特徴は、見事に身勝手な人間しか出てこないこと。各章で語られるのは、それぞれの勝手な理屈と思想。各自が自分勝手な理屈で、一人よがりな復讐を試みる。その考え方や復讐にスッキリとする人もいると思う。今の少年法のぬるさに我慢ならない人などには、いいかもしれない。けど、彼らの復讐は全て関係のない人を巻き込む形となっている。だからこの本自体を警鐘ととらえることもできる。だけどそれはかな?り贔屓目に見てだな。

そもそも「告白」というタイトルで書き下ろしちゃったから面白くないのかも。「聖職者」の一章だけだったら、結構面白いと思う。告白という形をとってしまったせいか、真相までの引っ張りが弱く、衝撃性に欠けるし、告白している一人一人のキャラがたってない。同じ人が書いたな?って文章で残念。

若い人が書いているのかと思ったら、30代の人でした。ということは、おそらく中学生のレベルまで価値観や感覚をさげて執筆したのでしょう。そういう意味では、他の作品を読んでみるのが楽しみかな。この作者はきっと登場人物のように悪い人ではないと思う。むしろその逆だと思うんだよね。人の卑しさ、愚かさ、残虐性とか、そういうネガティブな部分を冷静に見ているんでしょうね。でも今の作品では、それを見て伝えているだけだから、それをどう考えているのか、っていう自分のスタンスが作品に出てくるようになると、相当化ける気がします。なんだかすごく偉そうに言っちゃったけど、要は今後の作品に期待ってこと。


真相に衝撃もうけなかったし、伏線にうわ?ともならないし、動機もふぅ?んだし、共感もなく、悲哀も感じず、まったく感情に響いてこない本でした。
世の中のいっぱいの人が面白いって言ってる本を楽しめなかった時って、すごく残念。
まぁ、自分が相当欠けている人間なんだろうけど。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


ブロスが清志郎の追悼特集でした。
また、泣けました。

色んな清志郎が語られていて、そんな彼をいっぱい観たくなって、youtubeをあさる。
今日ほど、youtubeをありがたいと思ったことはないぞ。
古い映像をアップしてくれている人もありがとう。

名曲IMAGINEもあるし、FMTOKYOを非難した伝説のテレビ番組もあるし、坂本龍一とのキスシーンもあったし、色んな清志郎が観られたよ。ああ、清志郎。なんて素敵なおっさん。



私が清志郎の曲を初めて聞いたのはいつだろう?
『やっぱり猫が好き』のエンディングだった「サン・トワ・マミー」か、UNICORNがカバーしてた「雨上がりの夜空に」だったか。「デイ・ドリーム・ビリーバー」だったか。
どちらにせよ、始めは歌っているのがこんなにぶっとんだ人だとは思わなかったんだよなぁ。でも、彼の風貌と歌が合わさったとき、本当にしびれた。

ジャニス・ジョップリンの「サマータイム」を初めて聴いたとき、あの鳴き声に旋律が走ったように、清志郎の歌もまた、魂の深いところで鳴いた。こんな風に魂に響く歌っていうのは、あまり出会えない。

清志郎の歌が素晴らしいのは、歌声だけでなく歌詞に表れている思想にもある。
放送禁止だとか、発売中止だとか、なってきたけど、それだけメッセージがこめられていて、それを伝えようとしない社会がくそったれなんだと思う。

彼の前では、人種も国境も宗教も関係なくて、地球に生まれたモノとして仲良くしようじゃんってすごくシンプルなことを伝えたいだけなのに。なぜそれが問題になるんだろう。

無関心は最大の罪。
常に時代や社会に関心を持って、それを歌ってきた彼の偉大さを本当に今こそ理解するべきなんじゃないかな。
核実験を勝手にした北朝鮮だけが悪いのか?4000発以上の核弾頭を保持しているアメリカやロシアは?持っているものは正義で、持とうとするものは悪だと?
ねぇ、みんな。もういい加減、子どもでも分かる偽善はやめて、本気で平和を目指さないかい?



photo
レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)
川原 泉
白泉社 2006-06-29
評価

by G-Tools , 2009/05/25





川原泉さんは、小学校の頃から大好きな漫画家さんです。数え切れないぐらい同じ話を読みました。なので、私という人間の形成にも相当影響している人です。体調を崩されてからは、あまり描いてないようでとても寂しい思いをしています。そんでいつの間にか読んだことのない単行本が出ていた(といっても3年前刊行)ので、即購入。
『ブレーメン?の5巻』を一緒に購入したのだが、既に本棚にあった!!(泣)。自分の中で未完だったので、つい。終わってたんだね、あっちの話。忘れてた・・・

川原泉ファンにとって、賛否両論ある一冊のようですが、私は出来はどうでも川原さんが描き続けてくれることが嬉しいです。
それにこの漫画も結構好きでしたよ。もっと長く読みたくなっちゃって物足りないと感じるのは、もうしょうがない。我慢します。

これを機にまた読み直しちゃったんだけど、何度読んでも泣けるのぅ川原漫画は。どれも甲乙つけがたいけど、私のベストセレクション!!あ、ベスト3にはできんかった。

『美貌の果実』
『銀色のロマンティック・・・わはは』
『フロイト1/2』
『中国の壷』


テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック


一昨日から始まりました『MR.BRAIN』。高視聴率でスタートですな。
そりゃそうだろ!って観てる誰もが思いますわな。
何ですか?あの豪華なキャスティングは!!本当にレギュラー枠の連ドラですの?
ギャラ払えるの??すごいな、TBS。サカスでもうかって、唯一、赤字をまぬがれた局だけのことはある?

いやぁ?キムタクの良さをこれっぽっちも理解できない私としては、彼のドラマを見るのはなんと!ロンバケ以来!!あ、ちがうな。『空に降る一億の星』?だっけ?さんまさんとやってたやつ。あれが最後かな?それ以来ですよ、観ようと思ったの。だって、何の役やらせても、彼でしかないんですもの。最近の天海祐希と一緒ですよ。だから、できる限り観たくないんです。
それが、このドラマだけは捨てたくなかった。だって、香川照之出てるんですよ!連ドラに!そりゃ観とかないと。あの怪優を見逃す手はないっす。

ってことで、観てみたら、なんてことでしょう!香川照之だけじゃなく、海老蔵いるわ、トータスいるわ、大地真央いるわ、なんだかすごく豪華じゃないの!設楽だの、田中だの芸人もいる、トータスにGackt、アーティストがいる、絶大人気の水嶋ヒロがいる、綾瀬はるかがいる、そして何故か小林克也がいる・・・網羅しすぎ・・・。これで数字とれなかったら、むしろ恥!!

で、内容?う?ん、面白かったかなぁ?まだ判断つかないなぁ。突っ込みどころは満載だったけど。
香川照之の演技は言うことなしで、素晴らしかったけど、海老蔵よかったなぁ?あんみつ食べてるとき、まつげの長さにビックリしてしまったよ。もてるだけあるな、あやつ・・・悪役だといいなぁ。善良な役は似合いませんから。
今後の展開としては海老蔵の活躍と、(レクター博士パクってる?)ガックンの活躍が楽しみですわ。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


うひゃ???ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星
行ってきたよ!武道館!!!UNICoooooRN 絵文字名を入力してください

最高です。民生もEBIも阿部もテッシーも川西も。
昔のかっこよさをそのままに、お茶目さに磨きをかけて。
ああ、みんな素敵な16年を過ごしたんだねっていう感じ。
客の年齢層の高さも面白かったなぁ。

シークレットライブの時より曲数は減ったかな?
少し曲目も変わってたと思う。
あと阿部が金髪に、EBIの髪もすこし短くなっとりました。

私はテッシーの曲が好きだったので、「デイゲーム」は相当嬉しかった!
欲を言えば「自転車泥棒」も聞きたかった。
でも、あたらしい曲と古い曲とバランスよくやってくれて大満足っす!
UNICORN サイコーっす絵文字名を入力してください

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


photo
海 (新潮文庫)
小川 洋子
新潮社 2009-02
評価

by G-Tools , 2009/05/20




ブログを見て、小川洋子さんの本を読むのがものすごい久しぶりなことに気づく。
なんかずっと読んでた気がしてたんだけど、ブログ始める前に結構読んでたんだな。

これは短編集。相変わらず、どこの国かわからない不思議な雰囲気と、静かな世界が広がっていました。長編に比べると、不思議感は弱く、その分読みやすいかも。
「バタフライ和文タイプ事務所」が好きです。
キーボードの上に広げた手がまるで蝶のようだから・・・と付けられた社名からして素敵ですが、内容もユーモアに溢れていて面白かった。タイプライターと活字管理人のやり取りを描いていて、欠けてしまった活字を取り替えてもらうため、活字管理人とガラス越しに会話をする二人のやりとりがなんともいやらしい。
主に医学部の論文を打っているため、壊れた活字が「糜爛」の「糜」であったり、「睾丸」の「睾」だったりする。普段あまり口にしない部位の名称がバシバシ入った文章を生真面目に打っている様とか、確認のためにそんな文章を大きな声で読み上げている様が、なんともおかしい。
この短編は官能小説を描いて欲しいと頼まれて、描いたものだとか。なるほど。こんな風に官能小説を描ける小川さんが素晴らしい。

相変わらず不思議職業が出てくるけど、よく思いつくよな・・・

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
トミー・リー・ジョーンズ, ハビエル・バルデム, ジョシュ・ブローリン, ウディ・ハレルソン, ジョエル・コーエン;イーサン・コーエン
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2008-08-08
評価

by G-Tools , 2009/05/18





面白い、面白くないという感想は書きづらい映画でしたね。
観終わったときに、なんとも言えない虚脱感が。そして観終わった後、映画のことを考えずにいられない。なかなかアタマから離れないんですよ。

舞台は1980年代のテキサス。
麻薬取り引きが失敗したのか、何人もの死体と大量の麻薬と大金がある場所に居合わせたモス。大金を持ち逃げした瞬間から、おかっぱの殺し屋シガーに追われることになる。ベトナム帰還兵のモスと独自のルールで動くシガーの戦いである。
確かにクライムサスペンスである。でも、コーエン兄弟のせいか、そのつもりで観ていなかった私には終わったあとのもやもやが消えません。

そもそもこれは原題 『NO COUNTRY FOR OLD MEN』でないと意味が分からん。原題を知ってみてこそ、老いた保安官トミー・リー・ジョーンズの存在が生きる。そして原作ですね。読んでないけど、『血と暴力の国』という小説。この二つのタイトルをヒントにようやくこの映画の解釈が出来る。
それでも分からないことがいっぱいあったんだけど、とてもわかりやすい解説をしてくれているサイトを見つけました。詳しくはコチラを見ていただければいいと思う。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


otome
乙女なげやり (新潮文庫)
三浦 しをん
新潮社 2008-08-28
評価

by G-Tools , 2009/05/16



しをんさんは私と同じ歳。
そんな彼女のエッセイが相当らしいという噂はかねがね聞いており、このたび初めて読んでみました。結果?

そりゃあもう・・・爆笑ですよ。
なんでしょうね、この共感の具合。全然他人事と思えないんですよね。もしかして、30代の独身女はみんなこんな生活をしているの?って錯覚しちゃうほど(これは危険だ)。

風呂嫌い、ネズミキャラクターが歌って踊るあの世界を嫌悪、ananの人気投票に疑問などなどもそうですが、基本的に部屋でゴロゴロと漫画を読んでいるときが至福の時・・・なんて。
ああ、もうあらゆることが自分のことを言われているようで、嬉しいような情けないような・・・複雑な心境でございました。

ただ私はまだ未熟者で、BLの世界には疎いんです。漫画にしてもしをんさんのように白泉社の漫画に造詣が深くもありません。ああ?私なんてまだまだだなぁっと、ちょっと落ち込みました(何で?)この週末は、久々に漫画喫茶にいって『アラベスク』を読もうと思います。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


村上春樹の『ノルウェイの森』が何故か今映画化されます。
映画化が決まってから、みんなが気になっていたであろう配役。

ついに決まりましたよ!
ワタナベはなんと!!



松山ケンイチ絵文字名を入力してください




どうなのかなぁ?
マツケンは大好きだけど、ワタナベのイメージではないような・・・かといって、誰だったらいいかも難しいんだけど。でも、マツケンはきっと役作りしてくるだろうなぁ。『銭ゲバ』を見て以来、彼の可能性をすごく信じている私としては、どうかなぁと思いつつ、結構期待しているのでした。
果たしてミドリは誰?レイコさんは、直子は?気になるなぁ。


絵文字名を入力してください 妄想キャスティング

ワタナベ・・・岡田将生、瑛太(本当は加瀬亮がイチオシだけど、もう若くないし・・・)
直子・・・宮崎あおい、池脇千鶴、沢尻エリカ(永作がいい・・・)
ミドリ・・・吉高由里子、美波(昔だったら断然深津絵里なんだけどなぁ)
レイコさん・・・寺島しのぶ、余貴美子(濡れ場がなければ・・・)

これ、直子が一番むずかしい・・・一見清純で、でもすごくませてて、ませてるくせにすごくピュアで・・・みたいな堂々巡り。
いやぁ考えてみたけど、イマイチだわ(笑)、この妄想キャスティング。
実際のキャスティングプロデューサーの手腕を楽しみにしようっと 音符

conny.jpg
わが愛しき娘たちよ (ハヤカワ文庫SF)
Connie Willis 大森 望
早川書房 1992-07
評価

by G-Tools , 2009/05/13



コニーの初期の短編集です。

まず一話目の「見張り」という短編がお馴染みのタイムスリップネタで、ダンワージー先生とかキヴリンが登場しました。ここが原点だったんでしょうか。短編だけに時代背景などの描写が勉強不足の身にはあっさりしていて、わかりにくいところもあります。
コニーの色々なタイプの小説が入っているので、彼女の作風の広さを知るにはいいかも。でも、どれもちょっと荒削りな感じが。反対に荒削りな分、彼女の言いたいことっていうのは、昔から変わらないんだなぁっていうのも感じ取れます。
最後の「月がとっても青いから」以外、なんだかゾッとする話が多かった気が・・・
コニーのラブコメが好きな私は「月が?」が入っていてホッとしたのと同時に嬉しかった。暗くなった気持ちが最後に救われた感じで。

で、何より語らねばならぬのはやはり表題作「わが愛しき娘たちよ」。
あとがきを読むと、どうやらこれは問題作だったらしい。
確かにそこで語られる内容は衝撃的。パープーな語り口にうかうかしていると、徐々に分かってくる事態にゾーっとする。
根本的な性のあり方を突きつけられるというか、男性、女性だけでなく、父性に対してもかなり衝撃的な状況を描いております。批判を受けそうだけど、私は結構本質をついている内容だと思ったな。もちろん作り話としてね。
母親が不在のこの小説。一体母たちはどこへ行ってしまったんだろう。『最後のウィネベーゴ』に入っていた「女王様でも」みたいにもしかして女たちは月経を放棄したとか?
主人公の女の子が唯一母目線なのかも。
1回読んでから、もう1回読むと、新入生の女の子のセリフの重さに気づきます。「原罪」とか「妹がまだ二人いる」とかね。ああ、恐ろしい。タイトルまでが忌まわしい。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


今年も休まず働くGW。
大っキライな大型連休に一服の清涼剤、シティボーイズの恒例ライブに行って来ました。
今年はね、天王洲の劇場じゃなくて、新国立劇場でした。
初めて行った新国立。なんか作りが洒落てるし豪華。
客席は銀河劇場と似た雰囲気の、いい感じのホールでしたよ。

ちょっと席が後ろの方だったので、顔がよく見えなかったのは残念だったけど、毎年期待を裏切らないので幸せです。大竹さんなんて、もう59歳だって!!どんどん公演時間が短くなったり、動きが鈍くなっていくんだろうなぁ(笑)。それでも続けて欲しいわ?

今年のオープニング映像、素敵でした。金粉に塗られた皆さんの素敵な映像。なんだか、70年代の映画を観ている気分でしたよ。『燃えよ!ドラゴン』とか、ああいう雰囲気を感じたのは私だけかな。舞台も奥行きがあって、なんか懐かしい感じのセットだったなぁ。
奥から斉木さん出てきたときには、ジェームズ・ボンドかと思ったわ。


ネタとしては、”共産主義宣言”(勝手に命名)、”危ない総理大臣(以下同様)”あたりが好きですねぇ。あ、あと、”黄金の弟”ね。斉木総理良かったなぁ。
反対に今回、物足りなかったのは、ダンディズムと映像遊びかな。

それにしても、なんで作家さんが二人して登場したのかしら?予算削減?細川徹は、後ろの席からは森山未來に見えましたよ?(笑)。声はぼそぼそしてたけど。

気になったのが、お客さんの拍手ポイント。したくなる気持ちは分かるんだけどさ、拍手って自分以外の人間にも面白いだろ?って気持ちを強要するから気を遣ってほしいよね。笑いのポイントなんて人それぞれなんだからさ、笑いを押し付けられてる気がして引く。
最後の挨拶で大竹さんも言っていたけど、なんでユウジさんが木になるところで拍手起きたんだろう?


ま、それはよいとして、来年もやってくれます様に。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


忌野清志郎さんが亡くなりました。

速報で知った2日の夜。泣きました。ただ泣きました。

2007年の年末、ジョン・レノンのライブで奇跡のようにガンとの闘いから復帰して、その変わらない熱い歌とパフォーマンスを見せてくれたのが、うそのようです。再発したときにも、絶対清志郎は戻ってくると思ってました。
待ってました。
みんな待ってたと思います。
そんな大勢の気持ちに応えられなかった本人が一番悔しいでしょう。戻ってくるつもりで闘っていたでしょうに。
もっともっと清志郎の歌を聴きたかった・・・

本当に、本当に残念です。哀しいです。
でも、いっぱいの名曲を残してくれてありがとう。


安らかに、お眠りください。





LOVE&PEACE




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。