上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
あるキング
徳間書店 2009-08-26
評価

by G-Tools , 2009/10/03





伊坂本、久しぶり??
著者あとがきにもありましたが、今までの伊坂エンタメ作品とはちょっと違う作品でした。でも、マクベスファンの私には嬉しい作品!!

野球の王となるべく生まれた山田王求。
彼の人生は、野球のためにあり、野球と共にあるはずだった。
しかし、王の人生は思わぬ方向へ・・・

王とは孤独で、短命なもの。本人が意図せずとも、その道は開かれ、導かれるもの。
しかし、王への道のりの途中には、多くの血と涙が流され、そして王の座は結局血塗られるもの。
そんなシェイクスピアの戯曲に描かれているような王なるものの姿が、野球という世界で書かれているという、なんとも風変わりな本です。

個人的に、『マクベス』はセリフにすごい力があって、大好きな戯曲です。
この本のなかにも、「キレイは汚い、汚いはキレイ」で有名な3人の魔女が出てきたり、”運命”というものを強く意識させるストーリーとなっております。
『マクベス』を知らずに読むと、なんて強引な・・・と思ったりするかもしれませんが、「それが王の運命なのだ」という大前提を認識したら、スッキリするのではないかしら?

ただ、『マクベス』から離れて、この王求の人生を想うと、かわいそうでしょうがないよ。彼は彼の短い人生を楽しんだとはとても思えないから。生まれたときから決められた運命。それに従って生きた彼にとって、人生とは一体なんだったのか?野球なんて、上手くなくていいから、毎日を普通に楽しませてあげたいと思った。
本当に王は孤独なんだよなぁ。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


kafuka


芝居なんて観てる暇ねぇ!!って時に強行スケジュールを組んで行ってしまいました。
いやぁ?カフカでしたね??始まってすぐに、ああそうか!カフカの話だったっけねぇ、みたいな。
なんか久々に違うことをやろうとしているナイロンを観た気がします。
いつも違うのかもしれないけれど、なんて言うのかな、やっぱ脚本からして違うし、構成が全然今までの作品とは違ったなぁ。新しいような、懐かしいような・・・劇団というものを改めて感じるような新鮮な感覚でしたよ。
恐らく、ガッカリした人もいると思う。でも私はアリだったなぁ。

そもそもナイロンの舞台は、行く度に違うものを見せられて、面白かったり、残念だったり、結果は色々だけど、その毎回異なる舞台を観れる楽しさというものがあるんだよね。
お決まりの構成を楽しむ劇団もあれば、毎回違う作品で”この劇団はこれ!”っていうものがない劇団もある。どっちもいいんだよね?。ナイロンの場合、同じ脚本家で作品が違うっていう珍しい劇団かもしれない。ケラリーノは本当に、色々な芝居に挑戦するよなぁ。


ま、今回の作品はオススメはしづらいけど、私としてはマンネリ化した日常劇やらを観るよりは、全然良かった。舞台の使い方も色々試している感じがしたけど、舞台美術はあんまり好みじゃなかったかなぁ。
上田大樹さんのオープニングはやっぱり最高!オープニングだけでも来て良かったと思える。あの人の映像世界は本当にいいなぁ。

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。