上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bara

☆公式ページ →→ 新感線RX『薔薇とサムライ』


『薔薇とサムライ』行ってきました??
今回は天海祐希さんを迎えての公演だったので、女性のお客さんが多かったかも。

いやいや、やっぱりものすごっっく いい!!!

天海さんが海賊姿で登場した途端、思わず「かっこいい!!」とつぶやいてしまいました。
参った、参った。宝塚ファンじゃない私も”ほれてまうやろ?”って感じ

『五右衛門ロック』の時代背景、設定を変えたストーリー。
お馴染みの五右衛門に、THE宝塚の天海さんがコラボ!で、ものすごい派手な舞台でした。
これまでの新感線RXより歌唱シーンが多かったのは、やはり天海さんの存在感でしょうか。
正直、ミュージカル嫌いが見に来ていたら、ちょっと苦痛かも、と思うほど、歌っていました。
私はミュージカル不慣れでも大丈夫だったけどね。

今回はイケメンの役者がいなくてちょっと寂しい?なんて気持ちで行っていたのが、どっこい!ですよ。
天海さんがヒロインもヒーローもどっちもやっておりました。そんじょそこらのイケメンよりもかっこいい天海さんは、やっぱり宝塚のトップだったんだなぁと納得せざるを得ませんでしたよ。恐るべし、宝塚!
フラメンコのシーンでは、全身鳥肌たったわ?。ちょっとヅカファンのキャア?の気持ちが分かってしまった。
今回、宝塚引退後、舞台に立つ天海さんを初めて見ましたが、やっぱりこの方はドラマや映画より舞台で観たい人だと思いました。あの伸びやかなカラダはテレビサイズじゃないですね。

あと、浦井健治さん。初めて観る方でしたが、歌うま!ミュージカル畑の方なんだろうと思いますが、新感線のコミカルさにも合っていた気がします。今後も是非。

そしてなんといっても古田さん。あんなにコミカルなカラダとお顔なのに、エンディングの時にはいつも「かっこええ?」となります。だから舞台はやめられないんだよね?
前作『五右衛門ロック』に続き、船のシーンでは、うっとりとその勇姿を堪能させてもらいました。

新宿コマに比べてちょいと狭さが気になる劇場ですが、音はこっちの方がいいかな。大好きな生演奏も良かった!うるさくて耐えられない人もいるかもしれないRX。私はど派手でやかましい、この路線を突き進んで欲しいと思う。耳鳴りになっても行く!

あと今回のポスター、めちぇめちゃかっこええです!
まだ観てない方、頑張ってチケット取っていってください。
私はゲキシネで見逃した『蛮勇鬼』を観に行かねば!!


スポンサーサイト

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)
獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)

関連商品
獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)

by G-Tools



いや?もうすっかり上橋菜穂子ファンです。
面白い!!まいった、まいった。
ファンタジーって年齢関係なく楽しめるのね?

上橋さんのファンタジーは本当に大人が楽しめる!
今回は、守り人シリーズ以上に大人向けだと思う。
獣と人との関係。獣を操ること。獣の力を人が利用すること。
そういう今ある社会にも投影できるテーマで、ぐいぐい読ませます。
例えば、オオカミを飼いならせられたら、とか、鳥に乗って飛べたら、とか、そういう誰しも一度は憧れるような、意思の疎通ができない動物たちを思うように動かす魅力に溢れています。
その反面、人の言うことを聞くようになった動物の不自然さ、哀しさもまた、しっかりと描かれております。

小説の中では、”闘蛇”という竜のような獣と、でかい鷲(←私のイメージ)のような”王獣”と呼ばれる架空の獣が登場して、獰猛そうなこれらの獣の弱肉強食な力関係と、それらの獣たちを操る人との力関係が物語の軸となっています。
そこに、民族の歴史や政治が絡んで、まぁ一気読み必須のスペクタルとなってます。

エリンが王獣の子どもと意思疎通するシーンがいい。
ふわ?とした温かい感じに包まれる。

続編が単行本では出ているそう。早く文庫化しないかなぁ。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
蝦蟇倉市事件1 (ミステリ・フロンティア)
東京創元社 2010-01-27
評価

by G-Tools , 2010/03/09




久々のアンソロジー。
伊坂幸太郎の名前が入っていたので、即購入。

不可能犯罪が年間15件も起きる町、蝦蟇倉。
この町を舞台に、5人の作家がミステリーに挑む。
伊坂さん以外初めて読む作家さんで、それがまた楽しみでした。

【収録作品】
道尾秀介「弓投げの崖を見てはいけない」
伊坂幸太郎「浜田青年ホントスカ」
大山誠一郎「不可能犯罪係自身の事件」
福田栄一「大黒天」
伯方雪日「Gカップ・フェイント」


一話目の道尾秀介さんは、しょっぱなからなんとも気の悪い話で、ちょっとどんよりしました。しかも最後の最後、車にはねられたのは誰?といった謎かけが。で、私はじっくり読み直して、時系列から結論を出したんですよ。なのに、なのに!!今、この本の公式HP見たら、訂正が入ってたんです!その時刻に。こんなんあり??もう1回確認せなあかんやん・・・
一番好きなのは、やっぱり伊坂氏の『藤田青年ホントスカ』。これね、秀逸ですよ。つうか洒落てますよ。タイトルがもうね、ぷぷぷです。こういうところ、いいよね?伊坂さんって。

他にも福田栄一さんの話も面白かったし、なかなか楽しい本でした。
私ね、地図がついている本がものすごく好きなんですよ、子どもの頃から。
だから、この本の蝦蟇倉市の地図も見ながら楽しめました。
2冊目もあるそうなので、こちらも読んでみようっと。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


hensin.jpg

スティーブン・バーコフ演出によるカフカの『変身』。
グレゴール・ザムザを森山未來、父親を永島敏行、母親を久世星佳、妹を穂のかが演じる。

正直、それほど期待をして行かなかったのですが、全くもって予想外の舞台でした。
そもそもカフカの『変身』をどう舞台化するのか、あの一人称の小説を・・・と思っていたのですが、なるほどなるほど。こういう舞台にできるんですね。
パンフを見る限りだと、古くから各国でこの形で上演しているようだけど、私はこういう舞台とは初めて出会いました。
まさに、出会いです!衝撃でした。
これは芝居ではない。 芸術です。

とにかく素晴らしい!!
グレゴールの部屋を表す鉄パイプのセットのみで、小道具は丸イスぐらい。
中世のヨーロッパをイメージした衣装に身を包む4人の役者。
リズムを打つ音と効果音。
カラダと台詞と音が一体となる、リズミカルな展開。
時に象徴的に切り替わる照明。
ああ、なんて古典的な雰囲気のある舞台なんでしょう。

なにより目が離せないのが、森山未來の虫!!
言葉通り、カラダひとつで、指先、関節、表情、彼の持つ体を全て駆使して、虫を演じます。
なんておぞましい、そしてかわいそうな虫なんでしょう!
これまでも役者としての森山未來をかなり評価しておりましたが、彼は観るたびに彼の能力がまだまだつきないことを教えてくれます。今回もあれほどまでに彼の身体能力が高いことに驚きました。
ブラボーです。スタンディングオベーションをしたいくらいブラボーでした。しなかったけど・・・。
いや?いいもん見せてもらったなぁと一人ニンマリしながら帰路につきました。


テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


photo
カービン銃の妖精
Daniel Pennac
白水社 1998-01
評価

by G-Tools , 2010/03/06





人喰い鬼のお愉しみ』の登場人物、バンジャマン・マロセーヌシリーズの第2弾。
前作からずいぶんと時間を空けてしまったので、登場人物を思い出せなかったけど、そんなことは関係なく面白かった。ダニエル・ペナックはやっぱり面白い!
前作同様、ポップな文体には、色んなユーモアが散りばめられ、スイスイ読めます。
むしろ1冊目よりも読みやすくてオススメ!

前作でデパートの苦情処理係としてスケープゴートだったマロセーヌは、今度は出版社に勤めています。何かとトラブルに巻き込まれるバンは、マロセーヌ家の長男。一家の主である彼は、父親の違う弟妹たちを食べさせるため、スケープゴート(身代わりのヤギ)として収入を得ている。今回は彼のこの仕事よりも、ジャーナリストの彼女が持ち込んできたトラブルに対応中。何故か、マロセーヌ家にはヤク中の老人たちが匿われ、バンの弟妹たちがかいがいしくお世話をしている。驚くべきことに、母親はまた新しい弟妹を妊娠中。
そんなバンが暮らすベルヴィルでは、ここのところ老婆殺しが続いていた。そして連続老婆殺人事件を捜査中の刑事が白昼堂々、アタマを打ち抜かれて殺される。老婆殺し、刑事殺し、そして麻薬売買が絡み、事態はどんどんバンの周囲に集まりはじめ・・・
あらゆるトラブルの原因とされそうになるバンの行方と、いくつかの事件の展開が軽妙に描かれています。

このシリーズは、世の中のくら?い部分、人間の陰湿な部分をユーモアをもって描いていて、本質はエグい事件をキャラの濃いマロセーヌ家の人々が絡むことによって、それはもう愉快な小説にしてしまうんです。
今回の事件も、人種差別、老人蔑視、私利私欲、そんな世の中に常にはびこるネガティブな感情が色々な事件の発端となっているんだけど、そういうところを糾弾するわけでもなく、バンが自分の知らないところで色々な物事を結びつけ、結果いつの間にか事件が解決しているという、なんとも粋な展開なんです。

今回は特に問題児のジェレミーが生き生きしていた。
刑事のアタマが打ち抜かれる現場に遭遇したジェレミーは、「男の人が真っ赤なお花に変わったんだ!」と町中で妖精を見たかのような報告。こういう子どもの目線と現実の違いとか、同じく冒頭の刑事が打たれるシーンの刑事の思考回路とか、本当にウィットに富んでいて上手だなぁと思う。

シリーズ第3弾はさらに分厚いハードカバー・・・持ち歩くのは辛いけど、早めに読みたいな。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。