上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
雪の練習生
多和田 葉子
新潮社 2011-01
評価

by G-Tools , 2011/04/24



不思議なシロクマのお話。
3世代に渡るシロクマの物語。

「祖母の退化論」
「死の接吻」
「北極を想う日」

と、世代別にシロクマから世界が描かれる。
生まれ故郷であるはずの北極から離れ、
人間の社会を生きるシロクマ。
動物からみた社会の変遷、見られる動物からの視線、北極へのささやかな想い。

はじめは、美しいシロクマが自伝を描くという、
巨大なシロクマが小さなスカートをはいている絵が
なんとなく浮かぶちょっと滑稽でポップな印象だったのが、
そこから時代を経るにつれ、どんどん切なくなっていく。
何だろう、哀しい出来事が描かれているわけでないのに
じわじわと胸がしめつけられていく。

サーカスでの経験を書いたことで、亡命にまでいたった
シロクマから始まり、
伝説の曲芸を披露して人気だった娘シロクマのトスカ、
この時代でシロクマと曲芸師である人間との魂の交流が描かれ、
最後はなんと、ベルリン動物園のクヌート!!からの視点で
世界が描かれます。

人間との意思疎通ができたり、識字力のあるシロクマだが
食欲をセーブできなかったり、常に暑くてたまらなかったりと
らしさとらしからぬ性質が混在しているのがとても魅力的だし、
あの真っ白でフワフワした外見が要所要所で想像させられるのも
動物好きにはたまらない。

それに対してシロクマが指摘する人間の性質は鋭くてハッとする。
シロクマから見る人間は退化した動物なのだ。
食べるものに困っているわけでもないのに、狩りをする。
理由のない衝動は意味のない行動だ。
そう考えたとき、果たして人間の行動に意味のあるものは
どれほどあるだろう。

シロクマは決して人間を愚かだとは描いていない。
むしろ愛情を持って描いている。
それがよりいっそう、人間の愚かさを感じさせる。


元々シロクマに対して人一倍想いのある方なので、
なんだかとても哀しくなってしまった。
地球上で最も孤独な生き物だと勝手に思っているホッキョクグマ。
ただでさえ、厳しい世界で生きているのに、
温暖化がすすむことで彼らはどんどん追い詰められている。
申し訳ない気持ちでいたたまれなくなっちゃう・・・
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


桃天紅

千秋楽前日、滑りこみで観に行きました。

演出の山内さんは、こんなときにバカな芝居を・・・
とずっとつぶやきながら制作されてましたが、
モウマンタイ!無問題!
こういうときこそ、らもさんのような人が恋しくなるモンです。
人間、何にも考えずにいられる時間って必要だと思う。
さらには、今抱えている問題を一瞬でも忘れさせてくれることって
もっと必要だと思う。

地震後、色んな舞台が中止になりました。
おそらく劇場に足を運ぶ習慣のない人たちには
「今やるべきことですか?」って感じなんだろうけど、
必要な人もいると思いますよ。

要は意識の問題でしょ。
演劇観なくたって、パチンコしなくたって、
世の中の問題に無関心の人いっぱいいますもん。
原発のこととか考えながら、バカなことやってる人だって
いるっていう話ですよ。


そんなわけで、時期とか関係なく思い切りおバカな舞台を
やってくれて、ありがたいなと。
それにしても、山内さんはかっこよいですな。
あ、当たり前のことでしたね、これ(笑)
それと、福田転球さんの足さばきが見事で!
素晴らしい、ジジィ役!!
平田敦子さんのデブネタはやはり鉄板で。

それぞれがそれぞれのやるべきことをやって、
それがストレートに笑いになるという、
スタンダードだけど、懐かしい形を堪能させていただきました。
あ、やっこさんのヘビメタも聴けて良かった!

こんな時代だからこそ、舞台にしかできない笑いがある。
本当に羨ましい空間です。


今回、大好きなオクイさんと大好きな山内さんの舞台を天秤にかけて
笑いをとって、こっちにきたけど、
平田さんを見ているとオクイさんの舞台を思い出して、
山内さんの敦子さんいじりも萌え!だけど、
オクイさんの敦子さんいじりも久々に見たいと思った。
舞台で発揮されるあの座長の座員いじりのSっぷりが
本当に好きなんだな、私。


明日も若干当日券あるらしいので、
ちくわが欲しい人や笑いたい人は
本多に足を運んでみては?

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


photo
日暮らし(上) (講談社文庫)
宮部 みゆき
講談社 2008-11-14
評価

by G-Tools , 2011/04/19




平四郎と弓之助の叔父甥っ子コンビシリーズ2作め。
今回は、佐吉の母親葵の生活とまさかの殺人事件。
相変わらず湊屋をめぐるちょっぴり切ないお話だけど、
弓之助のますます冴える推理や
前向きなおでこちゃん、
お徳さんの新商売などなど、
脇役たちのひたむきさに救われるお話でした。

こういう小説は気楽に読めて、いいですな。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


photo
モンティニーの狼男爵 (光文社文庫)
佐藤 亜紀
光文社 2001-10
評価

by G-Tools , 2011/04/15




これまた面白い。
佐藤さんの小説は、異国情緒があって
子どもの頃に読んだファンタジーを思い出します。
とはいえ、大人の恋愛小説なんですけど。
独特な世界があって素敵。

フランスの田舎モンティニーの伯爵のお話。
山ぐらいしかない田舎で、うだつのあがらない
風変わりなモンティニー公は唯一狼狩りを得意としていた。
両親を早くに亡くし、お屋敷で孤独に育った青年の恋と結婚生活。

途中でまさかの狼伯爵登場。
でも、狼としての彼が最も魅力的だった。



ようやくブログの障害が復旧したと思ったら
カテゴリがばらばらで直すのに疲れてしまった。
本の内容も新鮮さがなくなってしまったな・・・

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


書きたいことがいっぱいあるときに限って、ブログに障害が発生しています。
一週間ほど我慢してるんだけど、全然直らんのよ
何よ!このカテゴリー欄!!!
復旧しなかったら、全部打ち直しかい!?マジで!?
うへぇ~~~
FC2頼むぜ、おい~~

舞台のことやら本のことやら書きたいことはあるんだけど、
こんな時期にしか考えないこと。
原子力の話をしたかったのだ。

私さ、今まで自分が使う電力がどういう風に作られていようが
まったく関心がなかったんですよ。
でもね、そのことを猛烈に反省する日々なわけですよ。
東電の社員をなじりたいのはヤマヤマなんだけどね、
まず、その前に自分を恥じようと思って。

清志郎がさ、原発反対の歌を歌ってても、
LOVE&PEACEの精神と原発反対がマッチしなかったわけ。
でも、やっぱりPEACEじゃなかったわけよ、原発は。
地元の人たちにだけ、その恐怖と不安を押し付けて
のほほ~んと電気を潤沢に使ってたんだなぁ。

放射能汚染された水を海に垂れ流している東電。
こんなにもおおっぴらに違法投棄をしていいのですか?
冷蔵庫一個捨てても、見つかれば罪ですよね?
この状態を子供達になんて説明すればいいんですか?
ゴミを捨てちゃダメだよって、どの口で言えますか?

日本を誇らしく思えたのは、地震後の数日だけ。
私達は、この先何年も国内だけでなく、海外の人たちに
放射能をダダ漏れさせてしまったお詫びをしていかなければならない。
日本人です。あの放射能を撒き散らした国の人間です。って・・・
そういう誇れない日本を、若者や子供達に負わせてしまっているんですよ、今。

東日本大地震を国難というならば、
福島原発の事故は、国罪ですよ、菅さん。
もはや一企業の失態では済まないんです。


だから、今からでも関心を持とう。
これからの電力を考え直そう。
みんなで今後の日本の話をしようじゃないか。


清志郎が空で泣いているよ、いや、歌ってるかな。
その空が暗くて見えなくなる前に・・・

 RCサクセション 「Love me tender
 斉藤和義     「ずっとうそだった


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2011 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。