上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船に乗れ!〈1〉合奏と協奏船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
藤谷 治

船に乗れ!(2) 独奏 船に乗れ! (3)

by G-Tools



数年前に、すごく話題になった本。
文庫化を待ち望んでおりました。

音楽一家に生まれ、音楽科の高校に入ったサトルの青春小説。

全くクラシック音楽に疎いので、
出てくる曲をYoutubeで調べて流しながら読みました。
音楽を全然理解できなくても、誰しもが通ってきた思春期の
様々な想いが伝わってくる本。

思春期って、自分が特別であるかのような優越感を持っている一方で
世界の広さを目の当たりにして、不安で押しつぶされそうになったり、
と複雑な時期だ。
初めての恋やら、挫折やら、進路決定という初めて自分で選ぶ人生の岐路があったりと
本当に濃い時期なんだよね。

このサトルは、音楽学校の理事長の孫という特別な環境で、
あたりまえに音楽に触れ、同じように音楽を語れる仲間に出会い、
そうして、初めての挫折を味わう。
それは、技術的な挫折であり、失恋という挫折であり、
彼の人生を大きく変えてしまう出来事であった。

痛みを持って描かれるサトルの高校生活は、
生き生きとした喜びと哀しみに満ちていて
自分たちの過ぎ去った大切な日々を思い出させてくれる。

本当に思春期って、二度と戻りたくはないけど、
いとしい日々だったなぁと思う。
誰しも、自分が選んだきた道が正しかったかなんてわからない。
進み続ける人生に、どれほどの痛みを抱え、向き合って生きていくかなんだ。
だから、「もしあの時・・・」という瞬間があったとしても、
自分が選ばなかった方の結果にすがってはいけないんだと。
そんなことを感じた本でした。






スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


三谷幸喜さんのお芝居。
ものすごく久しぶりに行きました。

野村萬斎さんが出てるとあらば、行かねば!

他にも、深津絵里、大泉洋、浅野和之、浦井健治という
豪華出演者!!


昭和初期?だったのかな、
イギリスに留学した日本人・夏目の周囲で起きたこと。


浅野さんが何役もこなしていることとか、
大泉洋の間はやっぱり笑いのセンスあるなぁとか、
ふかっちゃんは上手だねぇとか、
萬斎さんったら、やっぱり動きがちょっと狂言っぽいとか、
役者さんにまつわる感想はあるんですが、
内容はというと・・・


何も言うことがない・・・
ん~ストーリーは面白いとはあまり言えないなぁ。
かつて、高校、大学時代にふわぁ~~となった
三谷さんの本の面白さっていうが感じられなくて残念。
それは、自分がその頃よりずっと多くの舞台を見てるっていうこともあるし、
仕事上、笑いっていうのにシビアになってるっていうのもあるだろうな。


長年に渡り、面白い本を書くって、
ものすごく難しいことだと思う。
だから、何十年もこの作業をやってる脚本家の方や、
演出家の方って、すごいよね!
私なんかが、今回はイマイチなんて軽く言ってしまうと
何を~と思うでしょうけど、
でもやっぱり、いつになっても面白い舞台に
お金を払って行き続けたいから、感想は正直に言ってしまいます。

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能


photo
僕は、そして僕たちはどう生きるか
梨木 香歩
理論社 2011-04
評価

by G-Tools , 2011/06/03




本当に久しぶりの梨木さん。
あ~嬉しい・・・

たまたまなのか、
こういう”生きる”ということ、
”自然を守る”ということ、
まさに今考えなくてはいけないことが
描かれていた。


子どもたちがどういう世界に生きているのか、
みんな知っているはずなのに、
すっかり忘れて見過ごしてしまっているんじゃないだろうか。
大人のちょっとした気まぐれが
子どもにとってどのくらいの作用を及ぼすのか・・・

そう。
こんな世界だからこそ、
どう生きるのかを考えなくてはいけない。
ただ漠然と生きていては絶対にダメなんだ。
そんな当たり前のことをこんなにも
やわらかく、切なく、そして幼く描かれると
まいったなぁ~って思う。


梨木さんの自然に対する敬意というか、
大切に想う気持ちがあふれている。
けもの好きとしては、犬のブラキ氏の描写にうっとりする。
この犬、絶対にかわいい。。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2011 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。