上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中高生の自殺が流行ってますね。
なんか、最近教育委員会がいじめを認める認めないだのというニュースばかりだけど、どうなの?この風潮。

いじめがあったことを学校や教育委員会が認めることってそんなに大事なことなの?学校がひとりひとりの動向を把握してないからといって責められることではないし、ましてや教育委員会なんて学校の中の細かいことまで把握できるわけないじゃん。

学校へ通ってた人なら多分わかるけど、生徒間の関係に学校がしてあげられることなんてほとんどない。だから学校を責めたって物事の解決にはならないし、今後の対策にもならないと思う。

問題は、学校での交友関係に悩む子どもがいとも簡単に死を選択するという事実。家族に謝る遺書を書くぐらいだったら、何故家族に相談しない?今、あなたたちがいる世界は本当に本当に小さな世界なんだよって教えてあげるのは大人の役目でしょ?
たかが学校の数十人とうまく付き合えない、嫌われる、嫌がらせを受けるっていう、それだけでその後、数十年はあろう人生を辞めてしまうなんて、子どもならではの浅はかな選択。
そんなに辛いなら学校やめればいいじゃん。そういう選択肢もあること、作ってあげることが家族のやるべきことなんじゃないかな。

もし、自分の子どもがいじめに悩んで自殺なんてしてしまったら、私は親として情けなくて悔しくて、とてもじゃないけど人様を責められない。1日の大部分を預けている学校だけど、子どもの管理を委託しているわけではないはず。わが子から死にたいほどの悩みを打ち明けてもらえない、気づいてもあげられない、そんな親子関係を何よりも哀しいと思う。

封鎖的な世界に息が詰まる想いをする学生生活。確かに辛かったよ。
でも、2,3年我慢すればまた世界は変わるし、我慢できなければ、自ら世界を飛び出せばいいんだよ。
周囲の人を巻き込んで不幸になる楽な道より、険しくても新しい世界が開ける道を選ぼうよ。ね、若者たち。世の中はそんなに悪いところじゃないよ。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。