上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
カナリア
石田法嗣 塩田明彦 谷村美月
バンダイビジュアル 2005-10-28
評価

by G-Tools , 2007/06/08




無差別殺人を引き起こした、カルト教団”ニルヴァーナ”から保護された子ども。協調性がなく、凶暴性を垣間見せる光一は祖父から引き取りを拒否され、一緒にいた妹・朝子だけを連れて行かれてしまう。妹を取り戻すため、児童相談所から逃げ出した光一と途中で出会った少女・由希との旅が始まる。

多分、この映画が語りたかった一番のところを私はきちんと受け止めず、その感想もあっさりにしてしまうけど、あまりに子役の二人が鮮烈で、それだけで観る価値のある映画だと思った。

光一役の石田法嗣くん。
誰も知らない』で柳楽優弥が強烈な印象を残したように瞳の力があって、不器用で、そんでもって次長課長の井上にとても良く似ている。うん、好きな顔だ(笑)。
終わってから気づいた。彼の既視感は柳楽でも井上でもなく、ドラマ『火垂るの墓』だ!あのドラマの清太役だ。ドラマの予告で彼を見て、一瞬の彼の表情に泣きそうになったほど印象の強かった子だ。無邪気さの中に芯の強さを感じるというか、その年齢とは不釣合いなほど、強い気持ちを持っている印象を受ける。その強さはきっと信念や優しさ。セリフ回しとかどうでもよくさせる表情を持ってる子。とても期待大の役者。だけど最近の柳楽くんがガッカリな感じになっているだけに、彼の今後もとても心配です。この強さが吉と出るか凶と出るかなのよね、子役って。

そして、由希役の谷村美月ちゃん。最高。
なんて美しい。そんでこの子も強さがガンガン出てる。
強くて美しい女なんて危険だわー。強さとはウラハラに華奢な体がまた魅力的ですな。彼女の歌う”銀色の道”はとても良かった。
この子は『レオン』のマチルダぐらいイケてると思う。ナタリーが成長後、出演作が限られた(もしくは選んだ)ように苦労はすると思うけどいい作品にであって、素敵な女優になって欲しいなぁ。
しっかし、この子は危険だなぁ。ちゃんとした大人に守られているといいけど。

とにかく走るシーンがいい。
田んぼのあぜ道を、山の中を、郊外の道路を走る二人の姿が一番好き。
走っても走っても、結局どこにもたどり着けない、子どもたちのはかなさが強烈に描かれていて、いい。
あと、援交しようとした由希とそれを止めに行った光一が道路でどつきあってるシーン。ここ、良かったなぁ。

中盤、ちょっと飽きちゃって、元信者たちが苦悩しているあたりのシーンはあまり覚えてないんだけど、私にとってそこは結構どうでも良かった。ま、映画としてはそこやっとかないと問題あるかも、だけど。
光一が信じた世界、母親が一生懸命作ろうとしていた自分たち家族の未来、そういったものが全て否定され、その彼がこれから社会でどう生きていくのか。
きっと光一は一度死んだ。だから、また新しい世界を作るんだ。新しい家族とともに。


誤解を覚悟で書いちゃうと、私はこういう宗教モノを観ても不幸だとは思えないのよね。教団で親と離されて理不尽な生活を強いられているとしても、この世の中で信じるモノを、それがどんなものであれ与えられ、信じるべき世界を確信できるという、その絶対的安心感を思うと必ずしも不幸とは言えないんじゃないかと思ってしまう。
もちろん”子が親を選べない”のと同様、”信じるモノを選べない、強いられる”不幸というのはあると思うんだけど、じゃあ、今の世の中自分で選べる確固たるモノって何がある?って考えちゃう。
信じる神、信じる社会、信じる世界・・・どれだけ自分が持ってる?どれだけ人に与えられる?
自殺を選ぶ子どもたちにとって、社会って何だ?彼らは何を信じて生きている?
私は自分の無神論、無宗教がたまにとても怖くなる。
それだけ自分の中に説得力がないから。私が信じているものを伝えられない。というよりも、確信しているものがない。それで本当に他人と分かり合えるのか。
もっと怖いのは、そんな人間同士のコミュニティって脆すぎるんじゃないの?ってこと。
何かを信じて生きている人はただそれだけで幸せなこともあるんだと思う。

あーなんか結局いっぱい考えさせられちゃってるけど、『カナリア』ってやっぱりアレよね。毒ガスの危険がある所に探知用として使われるカナリアよね。まっさきに社会の毒にあてられるのが子どもってことだよね。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画





えっ?「14才の母」出てるんですか!
全然知らなかった。
志田未来ちゃんもかわいいですけどね。
そうかぁ。観てみよう。でも彼女はドラマでは納まりきらない気がします。
小さくまとまらないでいて欲しいなぁ。
【2006/11/27 17:41】 URL | momo #-[ 編集]
私も谷村美月に惚れました。
そう、そう、レオンのマチルダ的な存在感ですね!
この映画では、関西弁なのがまた良かったんだなあ・・。
今「14歳の母」に出てるけど、いまいち活躍の場が少ないです。
【2006/11/26 18:05】 URL | runamin #LDTVSh/E[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。