上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
自殺うさぎの本
アンディ ライリー Andy Riley
青山出版社 2005-12
評価

by G-Tools , 2007/06/08



衝撃!うさぎの自殺方法がいっぱい描かれた絵本。
ブラックだけど、かなり面白い。
つうか、うさぎがかわいい。
翻訳されてないオリジナルの方で読んだんだけど、ま、絵本なんで問題なし。
この表紙のトースターも笑えるけど、こういう風に何かに紛れてるのがかわいい。バラバラやぐちゃぐちゃ系の死に方もあるので、深く考えるとうえっ!となるから要注意。
それにしても、これ続編もあるから、何通りの死に方を考えてるんだろうか?アンディさんは。サウスパーク的なノリを感じるな・・・この人。
ブーメランに手榴弾がついてるとか、つららの下でひたすら待つとか、他にも手の込んでてクスッとなることがいっぱい。このアイデアを何故に”自殺”として展開したかっていうのが、不思議。ま、ブラックユーモアのひと言に尽きるか。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。