上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
鴨川ホルモー
万城目 学
産業編集センター 2006-04
評価

by G-Tools , 2007/06/08




万城目って20世紀少年!?なんて思った作者は”まきめ”と読むらしい。むむ!三浦しをんさんに続き同級生だわ。本屋大賞にノミネートされていましたが、同じく候補になっていた『夜は短し歩けよ乙女』と偶然なのか、同じように京大生が主役だから、なんだか、京都の町がここ何日かでとても身近に感じてしまいましたわ。

単純に2作品を比べてしまうと森見さんの勝ち!なんですが、発想としては万城目さん、すごいと思う。奇想天外という言葉がまさに!って内容でした。惜しいのは文章力かなぁ。自虐的な文体っていうのかな?もてなさそうな雰囲気をばっちりかもし出してるのはやっぱり森見さんの方が上だと思ったなぁ。それにしても、この2作品を通じて思うのは、京大生ってもてないの?(笑)。Tシャツをジーパンにインしちゃうような輩がうようよしてそうなんですけど、大丈夫ですか??
お話としては、京都の大学に密かに受け継がれている”ホルモー”という競技。京都4大学、京大、龍谷大、京都産業大、立命館大にそれぞれチームがあり、そのチーム間で競われているのだが、この競技がビックリ!オニを使う戦闘ゲームなのだ。正式にホルモーの参加者として契約をした部員たちにしか見えない夥しい数の鬼たち。これが、ちょっとかわいい。茶巾絞りみたいな顔をしたちっこい奴ら。1人が100匹のオニを使って闘うんです。
このホルモーの正体が判明するまでが長い。京都の祭りなどを舞台にホルモー部員たちが着流しで歩いているところとか風情があって面白いんだけど、オニたちを出してからの方が断然面白いから、早く教えて欲しかった。

文章自体にぐいぐいと引き込まれる魅力はなかったので、前置きが長すぎるなぁとちょっと前半はきつかった。主人公の鼻フェチもふぅん程度でニヤニヤするまではいかなかったし。妄想っぷりが中途半端なんだね、きっと。もっと突き抜けないとね、もてない男の自暴自棄は。

それにしても羨ましいなぁと思うのが、やっぱり京都という町は他の町とは違って、人でないものの気配が濃厚なんだろうなってこと。人と人でないものの境がとてもあいまいな所があるんじゃないだろうか。そういうものの気配を感じて生活できるなんて、陰陽師ファンの私としては羨ましくってしょうがない。オニとの契約に巻き込まれるのは冗談じゃないけど、自分たちにしか見えないものがいるって言うのは、ちょっとうらやましいわ。
しっかし、京都の男はほんともてなさそうだわ。実のところどうなんでしょう(笑)?
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学





藍色さん
TBありがとうございます。
陰陽師ファンですか~
あの雰囲気がいいんですよぇ。
【2007/04/10 17:26】 URL | momo #-[ 編集]
こんにちは。
トラバさせていただきました。
恋愛あり友情ありの、とっても楽しい青春小説でしたね。
あちらこちらで、笑えました。
妄想っぷりが中途半端、になるほどって思いました。
京都という土地柄から醸し出される雰囲気が、内容に合っていましたね。
私も隠れ陰陽師ファンです(笑)。
【2007/04/10 16:02】 URL | 藍色 #-[ 編集]
はっ!!
お返事した途端に・・・
つなさん、ごめんなさい~~!!
せっかくコメントいただいたのに、誤って消してしまった!
うわぁ、本当ごめんなさいi-238
【2007/03/28 23:34】 URL | momo #-[ 編集]
あっ、『20世紀少年』でしたね。
21世紀少年って(笑)
直しておこうっと。
【2007/03/28 23:27】 URL | momo #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。