上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライヤーの堤真一があまりに格好良くて、つい買ってしまったチケット”写楽考”。観て来ました。

作:矢代静一  構成・演出:鈴木勝秀 
出演:堤真一・高橋克実・長塚圭史・キムラ緑子・七瀬なつみ・西岡徳馬

という、豪勢なキャスト。
なのに・・・寝てしまった。役者の皆さん、スタッフの皆さん、本当にすみません。
どうやら私は写楽の人生に全く興味が持てませんで・・・2階席だもんだから、堤さんのお顔もぼんやりだし・・・高いチケット払って居眠りはもったいないわね。
長塚圭史さんは、出演されてるのは初めて観たかも。デカイのね、あの人。堤さんと西岡さんはさすが舞台たたき上げ!お声が通って気持ちがいい。

あとね、ストーリーはいやはや全く面白いとは思えなかったんですけど、太鼓と横笛が生演奏だったの!これはいい!!舞台の上手と下手の高みに和太鼓と横笛が位置して、要所要所でなんとも言えない響きを聴かせてくれました。こういうの、いいよね。時代劇だとなおよし。
その時だけ1人ニマニマと舞台を観ていた私なのでした。

今度から、芝居を冒険して買う時には、安い席にしよう。



 
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。