上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOUTUBEで大量に出回った「日本人のイルカ虐殺映像」。最近、色々なところで論議を見かけます。
実際、中目黒の居酒屋で”イルカ”という文字を見かけたショックを経験している私としては、全くのデマだとは思わなかったけど、誇張はされてるなぁといやぁな気分になった。

さて、イルカ漁が実在するとわかったところで、どうなのか。確かにイルカはかわいい。だから、敢えて食べたいとは思わない。さらに言えば、特に食に困っているわけではないこの日本で食べなくたっていいんじゃないかとも思う。でも、イルカを食べる文化がある地域の人たちにしてみれば、好きで食べてるんでしょう?
例えば韓国で犬を食べることに関しての賛否両論があるように、国内にだって賛否両論はあって当然だし、それを他の国からヤイヤイ言われたくない。

食というのは、文化だから、野蛮だという理由は無しだと思う。例えば絶滅する可能性があるとか、私たちの欲と嗜好だけで、ある種の生き物を絶滅させるのはイヤだ。ヒトという種としてやりたくない。
でも、イルカは知能も高くてかわいいからダメって言う理由は違うと思う。そんなこと言ったら、豚をペットとしてかわいがってる人だっていっぱいいるし、サルを食べる地域だってあるでしょ。
色々考え出すと、お肉を食べられなくなるから深くは突き詰めないけど、結局、食文化っていうのはむやみに批判するもんじゃないって思う。国には国の、地方には地方の文化があるわけで、その文化を尊重しつつ意見するべき。

イルカ漁をする人たちを野蛮だとかで非難するのではなく、自分たちにとっては友人も同然の存在なんだ、だから頼むから殺さないでくれってお願いすればいいのに。そうやって分かり合えたらいいのに。キレイごとですかね?んーだって、豚を食べない文化の人たちがよってたかって”豚を食うなんて野蛮だ!”って言いだして、豚を食べることがタブー視されたりしたら、大好きなサンギョップサルとか食べられなくなるし、豚肉大好きな私としてはすごい哀しい。でも、そう言われたらとりあえずは自分の生活に豚ちゃんが是非モノかどうか、1回は考えるだろうし、折り合いをつけていきたいと思うんだけどなぁ。
難しいねぇ、食文化って。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。