上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
太陽の塔
森見 登美彦
新潮社 2006-05
評価

by G-Tools , 2007/06/08




夜は短し歩けよ乙女』のルーツのようなもの?なのかな。同じようなもてない京大生の恋路を追う話。世の中では立派にストーキングとして判断される彼女への執着を「研究」と称し、別れた彼女を観察する男。そして、その彼女を同じようにストーキングしている男子学生と交わすバトル。
京大モテナイ四天王の独特な世界観。クリスマスに対する憎しみ(笑)。
この話をもっと丁寧に、さらに面白くしたのが『夜は短し?』だと思っていい。こっちはまだまだ荒削りな感じのユーモア。独特な言い回しとか展開するビジュアルイメージはやっぱり断然『夜は短し?』の方が上手い。
似たような話なので、敢えて両方読まなくてもいいかもって思ってしまう。太陽の塔に思い入れのある方は、共感できそうなのでいいかもよ。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学





順番的にはつなさんの方が正解かも!
『夜は短し~』を読んだ後だと物足りない感じがしてしまったので。『夜は短し~』はかなりお薦めです!
【2007/05/08 21:11】 URL | momo #-[ 編集]
『夜は短し~』は、図書館の予約待ちなのです。
早く読みたくなっちゃいました。
『太陽の塔』の荒削りな感じも好きなんですけど、比較して読んだら、自分はどう思うのかなぁ。
【2007/05/07 22:20】 URL | つな #nfSBC3WQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。