上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
八月の路上に捨てる
伊藤 たかみ
文藝春秋 2006-08-26
評価

by G-Tools , 2007/06/18




初めて読む作家さん。芥川賞です。
やっぱり芥川賞はよぅわからん。
すぐ読める。そしてすぐ忘れる。そういった類の本でしょう。
軽いなぁ。吉田修一を思いだすな。
既に表題作のほかにどんな話が入っていたかを思い出せず、ネットをウロウロしている。そしてみつけたタイトルを見ても思い出せない・・・『貝から見る風景』?
あー・・・スーパーのお客様の声が貼られる掲示板を楽しみにする男の話でした。でも『生協の白石さん』とそこかぶるし、あっちの方がおもろいし。

別につまらなくはない。けど面白くもない。可もなく不可もなくって感じでした。でも買ってたら、ちょっとチッって思うかも。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。