上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログで好き勝手書いていると、猛烈に反論だとか、意味不明の憎悪をみなぎらせ「死ね」だとか書いてくるヒトがいる。今現在、読書や映画の感想を載せてるブログなんて数え切れないくらいあるわけで、ブログの数だけ色んな意見があって、誰に気兼ねせずみんな書いてるわけよね?そんな中、わざわざ他人の感想にケチをつけるヒトってどういうんでしょう?
見逃せないのかね?・・・基本、この人の読み方面白いなぁとか、この人似たようなこと感じてるなぁとか、そういうのを感じて他の同類系のブログに足を運びません?
そこで出会った、自分と全く違った趣味の人だとかにわざわざ嫌味とか言う気にならないんだけど。
たとえ相手の誤解や無知をせせらわらったとしても、それをわざわざ相手に伝えようと思わないけどね。だって関係ないし、それほど影響力があるわけでもないしさ、放っておけばいいじゃんか。しょせん個人のたわ言なんだし。
だから、人の本の読み方やタレントの好き嫌いに余計なお世話なコメントを寄せる人の気がしれません。そしてそういう人に出会うたび、本当に世の中には分かり合えない、自分とは全く価値観を異にする人間がいるんだと、恐ろしくなる。
ネット上の見えない相手に向かって憎悪をみなぎらせたり、悪意を形にする人たちが恐ろしい。
私は好きなタレントをどんなに罵倒されてもその相手に”死ね”とまで思えないけどなぁ。だって知らない人だもん。
なんだかなぁ?

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。