上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
墨攻 (新潮文庫)
酒見 賢一
新潮社 1994-06
評価

by G-Tools , 2007/10/29





漫画化され、海外で映画化もされている作品。
私にとっては酒見作品2作め。
普通に面白いけど、物足りない感もあり。何よりも(って言ったら失礼だけど)イラストがかわいい!

小さな城を守るために派遣されてきた革離という使徒。墨子の教えを引き継ぐ墨子教団の徒である。本来、戦争という行為を否定しているこの教団では、攻める戦はしない。守ることにあらゆる術をもって専念する。守城のプロフェッショナル。訳があって1人で城を守らなければならなくなった革離の奮闘ぶりが記されている。

映画のPRとかであらすじは分かっていたんだけど、守る専門とはいえやっぱり戦の話なんで、人が死にますわね。そういう血なまぐさい話を最近ちょっと楽しめなくなってきた。

関係ないけど、そろそろ陰陽師の新作が読みたい・・・秋だし。晴明の庭で鈴虫が鳴くころだろうに・・・
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。