上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
ストロベリーショートケイクス
池脇千鶴 中越典子 中村優子
ハピネット・ピクチャーズ 2007-04-25
評価

by G-Tools , 2007/10/29




WOWOWでやってたのを録画して視聴。魚喃キリコの漫画が原作。魚喃キリコの漫画って、好きだったり嫌いだったり、共感できるようで出来なかったり、共感したくないのにしちゃったり、ちょっと距離を計りかねるんだな。『痛々しいLOVE』という漫画タイトルもあるくらい、痛々しい恋愛ばっかりなんだよね。この原作は読んだような気もするけど、記憶が定かじゃない。

登場人物、痛々しい女いっぱい、ろくでもない男少々。
池脇千鶴演じる里子がいいな。ああいう子になれない自分を分かっているけど、いいな。
「スペシャルな人のスペシャルになりたい」
女の子の不変テーマですな。好きな人と付き合えることを奇跡とわかっている里子の感覚に激しく共感。
ほかに拒食症のイラストレーター塔子、結婚願望のみのOLちひろ、デリヘルやってマンション資金を貯める秋代。
秋代が痛々しかったなぁ。
普段は化粧もしっかりしてキレイなのに、好きな男と会うときはすっぴんで飾らない自分を演出。実家から送ってきた野菜をあげるという口実を作って会う。・・・痛い、痛いよぅ。でも分かる。その気持ち。女と意識されてしまったら距離が生まれちゃうんだよね。女という砦をとっぱらって、近づいたのはいいものの、そこから恋愛対象に戻すことの難しさってね。彼女の「一回だけでいいから」ってHを迫るシーン、痛すぎる!けど、分かる!


それにしても加瀬くんが嫌な奴だ。いや、嫌な役だ。こんな男に期待するちひろもどうかと思うぞ。だから痛いのか。うー未だに加瀬くんのラブシーンに慣れないんだけど、何でだろう。

秋代の好きなキクチはいいヤツだな。バカだけど。安藤政信って色んな役こなせるのねー。秋代役の女の人も良かったなぁ。すごくキレイ。
原作ファンはどういうのか分からないけど、魚喃キリコの漫画の映像化としては、成功では?と思える作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。