上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
チョン・ソンファン ハン・ヨルム ソ・ジソク
ハピネット 2007-02-23
評価

by G-Tools , 2007/11/25





久々のキム・ギドク映画。
映像の美しさというか、カットの持つインパクトはさすが!なんとも彼らしい映画。とにかく台詞が少ないのが相変わらず。キム・ギドク氏は言葉の力をまったく信用してないのでしょうか?本当に映像重視の方です。

沖に浮かぶ一艘の釣り船。そこには老人と少女が暮らしている。港から釣り人を連れてきて収入を得ているこの二人は親子ではない。もうすぐ17歳になろうかという美しい少女は10年以上船から出ていない。そして老人との結婚を間近に控えていた。
釣り人たちからの好奇の目や悪戯に老人は弓を放ち威嚇し、少女を守る。そして、二人だけの時には、その弓で音楽を奏でる。
二人の結婚の準備を老人が進めるうちに、一人の若者が少女と恋に落ち、彼女を船から連れ出そうとするが・・・
少女に恋する老人。監禁と言ってもおかしくない状態で17歳を迎える日まで少女を大切に育てる。善人なのか悪人なのか、ようわからん。でも、若者に心惹かれ、老人に反発し始めた少女を目にして、17歳の誕生日のカウントをズルするあたりがちょっとかわいい。
反対に少女が老人から離れられないのは、アレだね。何だっけ?誘拐犯と被害者の間に芽生えるあの感情。ストックホルム症候群!
ん?歪んでるなぁ。

正直、キム・ギドクがこの映画で何を言いたいのかはよくわからない。少女の気持ちも老人の気持ちもわからない。ていうかあまりわかりたくない。ラストに結構ストレートなメッセージは出てきたけど、そういうことなの?みたいな、ね。でもね、少女の表情とか、老人が奏でる音楽とか、船の様とか、いいんだよねぇ。何でしょうねぇ、やっぱり気になる監督なんだなぁ。
視聴後に唸ってしまう作品です。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。