上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NODA・MAP第11回公演『贋作 罪と罰』を観てきました。

恥ずかしながら野田秀樹さんの舞台はお初。
噂に聞いていた通りの舞台でした。いい意味で裏切られなかったかな。
ストーリーは置いておいて、なんと言っても舞台美術がいい!舞台自体の使い方から幕やら椅子やらの使い方が巧い!私は舞台装置などが凝っている舞台が結構好きです。劇場の醍醐味ってやつ?あるからには使わなきゃ的な貧乏根性が刺激されるのよね。純粋に「ほぉ?」と感心してしまう。

まず、会場に入って驚いたのが、舞台の位置。客席の中心に設置されたステージには当然袖がない。ドリカムがこんなステージでコンサートをやっていたような・・・。舞台と客席を隔てる幕がないから、始まりも唐突だ。舞台下の四方には小道具ともなる椅子が置かれ、舞台に出ていない役者がそこに座っているという不思議な状態。舞台上の効果音も椅子に待機する役者がつけていたりもした。これ歌舞伎風なのかしら?
転換は舞台を横切る2枚の幕。幕の間でも動きやまない役者たち。
今回何故か、多用されていたのがプチプチのシート。覆ってるときは気にならないけど、踏みしめる時に”プチッ”と鳴っているのがちょっと笑えた。
幕を隔てて2つの場面が展開されるところなんかは、座っている位置によって見えかたが全然違うはずで、逆サイドからの観賞も気になるところ。
小道具の出し入れや動線あたり、相当気を使って練習してるんだろうけど、結局そういうのって観てる側はどうでもいいよなって観てる最中に考えてしまった。雑念だらけだな、私。

タイトル通り、ドフトエフスキーの『罪と罰』を幕末という時代設定で戯曲化しているこの作品。残念なことに原作はあらすじぐらいしか知らないので、全てを理解できたわけではないと思う。ただ松たか子の一本調子な台詞回しと滑舌の悪い野田秀樹とで、ストーリーは二の次でいっかと割り切って見てしまいました。それでも大好きな役者、古田新太と村岡希美、さらに結構好きな小松和重やマギーも出てて十分に堪能しました。

それにしても舞台向こうのお客さんが見えるので、泣いてる人とかいると目がいって困った。テレビとかでも客のリアクションとかはさまれるのがものすごく嫌いなのよね。自分の感情を煽られてるような気がして。私は私だけの感性で観たいの!ってね。ま、私には泣けんよ、この芝居では。
でも、機会があったらまた観たいな、NODA・MAP。

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。