上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
青年のための読書クラブ
桜庭 一樹
新潮社 2007-06
評価

by G-Tools , 2008/01/30




むむ!これは・・・微妙だ。
ストーリーは面白い。でも、ちょっと馴染めない感じもちらほら。
何が馴染めないかっていうと、“ぼく”という一人称。女子高の話なので、女の子が“ぼく”って言うの。“ぼく”とか“きみ”とか。これが、うすら寒い。昔っから苦手なのよ、この世界。女子高は私にとって、もっとも未知で、畏怖する世界。入ってみたいなんて米粒ほども思ったことないし、興味がない。そんな女子高が舞台だったもんだから、読みたい気持ちと背筋がゾワゾワする感じに挟まれて、複雑な読書になった。

パリの禁書を扱う店から始まった“読書クラブ”が都内名門カトリック系の女子学園に引き継がれ、その読書クラブでは部員によって学園の裏の歴史がこっそりと記録されていた。各時代の出来事、描くにあたいする学園のエピソードの数々。
表面だけとらえると、極めて少女漫画的な世界。そのせいで、少女たちの描写やセリフが私を落ち着かなくさせる。
だけど、語ろうとしていることは興味深くて、面白い。この扉の先には自分の好きな世界があるのに、そこへたどり着く道のりが自分の苦手なものに溢れている・・・そんな感じの話。
苦行のようだった(笑)。

この学園を創設した修道女マリアナがパリから日本へ渡り、学園を創設するにいたったストーリーが一番面白かった。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。