上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
てるてるあした (幻冬舎文庫 か 11-2)
加納 朋子
幻冬舎 2008-02
評価

by G-Tools , 2008/02/12




加納さんの作品、久しぶり!
ずっと読みたいなと思って文庫化を待っているうちに忘れていた本。
『ささらさや』で出てきた不思議な街、佐々良のお話第2弾。前作を読んだときにはまだブログなんて書いてなかったので、細かい感想が思い出せないけど、好きなタイプの本だったはず。

借金のために夜逃げすることになった照代の一家。自由奔放で浪費家の母と、母と車だけを愛している父の2人は自分たちだけで逃げることにして、中学を卒業したばかりの娘にはプリペイド式携帯だけをもたせ、遠い親戚の家へと行かせる。
そうして少女が独りたどり着いた街、佐々良はたいした観光名所もなく、寂れた街だった。東京から来た少女は、高校へも行けず、寂れた見も知らぬ街で、会ったこともない親戚を尋ねるハメになった自分の境遇に不満たらたらだ。
その遠い親戚なる鈴木久代というおばあさんは近所で魔女と呼ばれる、厳格なおばあさんだった。そんなおばあさんと、今までとは全く違った生活を始める照代。
『ささらさや』に出てきたサヤ親子、エリカ親子、久代ばあさんの同級生の珠ばあさん、お夏ばあさんたちに囲まれ、事あるごとに、自分の境遇に涙し、怒りを爆発させる照代。
携帯に差出人不明のメールが送られてきたり、家に少女の幽霊が出たり、と不思議なことが起きつつも、佐々良に馴染み始める中、久代ばあさんが倒れてしまう。
そこから展開する照代と久代ばあさんの関係。ようやく気づく、周囲の人たちの色んな気持ち。

泣けるわぁ。15歳の照代とは歳の差があるにもかかわらず、彼女の心情にすごく共感できる。子どもっぽいところも、色々とあきらめてしまう冷めた今時の子どもなところも、リアルなんだよね。リアルっていうか、自分が経験してきた少女時代の気持ちと似てるんだな。加納さんは思春期の少女の心情を描くのがとても上手いんだと思う。熱しすぎず、冷めすぎずな感じが共感させるのかな。後半、読める展開ではあるけれども、素直に泣ける。
また一人佐々良の住人が増えた。そしてまた佐々良の話を読みたいなと思う。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学





こんばんは。
ドラマは2冊を合わせて脚本を書いたそうですね。
観ればよかったとこの本を読んでから思いました。

ブログお引越し中ですね。『やわらかい生活』のTB貼ろうとしたら、まだ移動中でした。大変そうですが、ゆっくりと頑張ってくださいませ。
【2008/02/13 22:27】 URL | momo #-[ 編集]
こんばんは。
「てるてるあした」は読んだことないけれど、ドラマはたまに観てました。
草笛光子さんの「久代さん」、良かったですよ。

お知らせがだいぶ遅れてしまいましたが、感想ブログのほう、引っ越しました。今後ともよろしくです♪
【2008/02/12 23:23】 URL | runamin #LDTVSh/E[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。