上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
八日目の蝉
角田 光代
中央公論新社 2007-03
評価

by G-Tools , 2008/04/30



良かった?。本当に角田さんの最高傑作になるんじゃないかと思う。なんだかあちらこちらで泣きながら読んでた。ぐわぁ?っと感情の波が押し寄せるわけじゃなくて、じわりじわりと胸をしめつけられる。ただ涙がながれてくる。哀しいとはちょっと違う、”切ない”だったり”愛おしい”だったり、そういう種類の感情に持っていかれる。久々に朝まで一気読み。

不倫相手の子どもを衝動的に誘拐してしまった希和子。子どものあまりのかわいさに抱く自分が親であるような錯覚、そんなわけないという自覚、その感情に揺れながら、ダメだとわかっていながら逃亡を続けてしまう。行き当たりばったりで逃げた月日の1章。そして誘拐された子どもが大学生になって回想するそれまでの人生の2章。

子どもを盗まれた夫婦にしてみれば当然彼女は罪人だ。誘拐された子どもにとってみても自分が安心して暮らせたはずの世界を奪った人間だ。だから彼女は「世界一悪い女」だ。でも、1章を読んでいると、希和子が子どもに感じている愛情があまりに切なくて、彼女を責められなくなってしまう。未来はないけど、この偽の親子ができるだけ長く一緒にいられればいいのに・・・なんて思ってしまう。
子どもの章でも、誘拐犯を恨む彼女に、そんなことはないんだよ、なんて言いたくなる。読者がストックホルム症候群にかけられちゃうようなもんだ。
うう、なんだか哀しいなぁ。この本、夫婦の側からの視点があっても面白かったかも、って思う。誘拐をはさんでの四者の心情。どの人も誰かを恨んで、自分を憎んで生きるんだろうなぁ。

読み終わった後、布団の中で余韻にひたりながらキャスティングを考えてみる。希和子は誰かな。永作博美?宮沢りえ?鈴木京香は年齢がイマイチだな。不倫相手の嫁は高岡早紀が合う。富田靖子も狂気な感じが合いそう。実際は西田尚美とかがやりそう。
きっと映画化されるね、これ。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。