上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団ダンダンブエノのお芝居に行ってきました。
ダンダンを観るのは初めて。
客の年齢層の高さに驚きつつ、その温かい観劇姿勢になんだかホッとした。
南野陽子さんが出演していたせいか、あまり劇場では見かけないサラリーマンの方々が結構いらっしゃいました。不思議空間。
光石研さんとか、酒井敏也さんとか、よくテレビでみかける役者さんを舞台で観るのって不思議な感じ。大好きなナイロンの峯村リエさんはやっぱりいい雰囲気。なんだか彼女がいるだけで、馴染みの場所のような気になる。ウラを返せば、馴染みのない出演者たちのなかで探りつつ観てたってことでもあるんだけど。
今回は出演者の年齢層が高かったんだけど、おじさんたちが一生懸命踊っているのがかわいかった。
正直、ちょっと年代が合わない内容だったけど、こういう舞台を作っている人たちがいることがちょっと嬉しかった。きっと芝居を始めた頃と変わらない気持ちで舞台に臨んでるんだろうなぁって。年を重ねていくのにあわせて、年相応の舞台を作っている感じ。
自分が学生の頃に作っていた舞台を思い出したな。今の自分たちにしか出来ない自分たちのスケールでの芝居。ふふ、みんな芝居が好きなんだろうなぁ。

⇒ 劇団ダンダンブエノHP
スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。