上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレソンDX行って来ました!いや?噂には聞いていたセレソン、とても楽しみにしてました。
なんせ、脚本のサタケミキオさんはいま超?売れっ子の脚本家さんですし、『花男』ですね。しかも役者・宅間孝行としてもあっちこっちに出演していて、まぁノリにノッてますよね。
そんな彼が書いて、演出して、主演しちゃってのこの作品。再々演なんですって。

場所はシアターサンモール。なつかし??!!学生の頃観に来たなぁ。やっぱりちょうどいいキャパだわ。永井大とか伊藤あいことかテレビで顔を知っている役者が出てるのに、この規模。そして4,500円っていう低料金。芝居心をくすぐりますわ?
さらにさらに、私が行った日は客席が豪華!小栗旬くん、阿部力くんらが来ていて、さすが花男の脚本家!って再認識。タレント祭りみたいな日でしたよ。
とまぁ、始まる前から若干テンションアップ!

内容は幼馴染との恋を描いております。なんで、宅間さんも永井くんも学生服着てましたよ(笑)。コントにしか見えん。でも笑いがメインだから全然見られるのね。役者もみんな上手でねぇ、劇団たたきあげな潔い演技が気持ちよし。
舞台でのびのびしている宅間さんは、正直かっこよかったです。あれはモテる、絶対に。つうか、女が好きな男のパターンを上手く演じてるんだわね。バカだけど力強くて頼りになって・・・そんな永遠の理想像を上手いこと演じてるんだわ。
ず?っと笑いを絶やさず、引っ張っていって、ラストに近づくと泣ける!っていう、芝居としては本当に正統派な内容でした。芝居を見慣れている人も見慣れていない人も、万人が楽しめるお芝居です。
観てるとね、あ?これは芝居を好きな人が作っているお芝居だなぁって思います。観ている人以上に演じている人間が楽しい芝居。「これだから芝居やめられないんだよね?」って終わったあとにおいしくビールが飲める芝居。
だって羨ましくなるもん。学生時代を切なく思い出しちゃうよ。いいなぁ?楽しそうで。30過ぎてもこういう楽しみを味わえるなんて・・・やっぱ役者っていいよな。

とまぁ、とても楽しいお芝居だったのですが、クライマックスのシーンだけ賛否両論あるかと思う。何がって、曲が。どうかなぁ。わざとど真ん中狙ったんでしょうけど、それがはまる人とはまらない人とに分かれると思う。せっかくいいシーンなのに、あの曲のせいでスゥ?と冷めちゃう人もいます、きっと。私と連れがそうでしたし。まぁ好みの問題。それがあってもなくてもいい芝居に変わりはないんだけどね。

いや、本当にとてもいい時間が過ごせるので、是非行ってみてください。
詳しい内容はHPへどうぞ →→  セレソンDXHP
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。