上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
パフューム スタンダード・エディション
ベン・ウィショー.レイチェル・ハード=ウッド.アラン・リックマン.ダスティン・ホフマン, トム・ティクヴァ
ギャガ・コミュニケーションズ 2007-09-07
評価

by G-Tools , 2008/09/29




天才的な嗅覚を持った男グルヌイユ。18世紀、汚いパリの魚市場で産み落とされた男。社会の底辺でしぶとく生きる彼は念願かなって香水の調合師となり、多くの人間を虜にする香水を生み出す。しかし、彼が調合したかったのは、乙女の香り。人間の香りをどう保存すればいいのか?その方法を追い求めて次々と乙女たちを手にかけるグルヌイユ。そこに悪意はなく、ただひたむきにただひたすらに彼の挑戦は続く。そして、奇跡の香水がもたらした結果は・・・

全く度肝を抜かれるストーリーですね。そして”香り”をテーマにした映画を撮ろうというその心意気にも驚かされます。でも、市場の汚さやそれに反するラベンダー畑など、映像から匂いを感じとれるよう苦心して映像を撮った努力が伝わってきます。

結局グルヌイユが12人の乙女から抽出した香りが人の心を動かす奇跡の香水となったわけだけど、この体臭を持たず、優れた嗅覚を持った男は一体、何のために生まれてきたのか・・・彼の使命はなんだったのだろう?なんとも不思議な話。
単なる匂いフェチが考えたのかな(笑)。
ただ、グルヌイユが見つけた香りの抽出法は、何も殺さずとも出来る方法だったのが、引っかかる。気絶させればいいじゃん・・・暴れたり叫ばれたりしなければ出来る方法なのに。。

グルヌイユ役のベン・ウィショー。ただならぬ雰囲気を持っています。シェイクスピアが似合う男。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。