上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
エンジョイしなけりゃ意味ないね
朝倉 かすみ
幻冬舎 2008-11
評価

by G-Tools , 2008/12/25



いいっすね?最近の朝倉さん。
相変わらず痛い女を描いているんだけど、なんて言うんでしょう、その女性への愛が強くなったというか。痛いけど、かわいいじゃんっていう愛をね、感じます。
ありがちなOLたちの日常。陰で嗤われる仕事の出来るお局のこと。同僚の男性社員とのちょっとした駆け引き。無難に過ごしたい、でもやっぱりちょっとは目立ちたい、そんでもって幸せをゲットしたいOLたちの日々。女たちはどんなタイプにせよ、頑張ってんだぞ!っていう共感と、わたしもこんな日常でいいのかも、なんて安心をもらえます。

ちょっと荻原浩化?奥田英朗化?っていうくらい、登場人物のひとりひとりのキャラが立ってるし、憎めない感じがいいなぁ。女の汚い面とかわいい面。はたから見たら痛い面と尊敬できる面。女たちのいろんな角度が見れて楽しかった。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。