上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
願い星、叶い星 (奇想コレクション)
中村 融
河出書房新社 2004-10-22
評価

by G-Tools , 2009/01/12



奇想コレクション8冊目。
基本、SFなんですが、なんだかとっても哲学的な話が多かった気がします。
”地球最後の?”という設定や、タイムトラベルものがいくつかあり。

「ごきげん目盛り」
「ジェットコースター」
「願い星、叶い星」
「イヴのいないアダム」
「選り好みなし」
「昔を今になすよしもがな」
「時と三番街と」
「地獄は永遠に」

最後の「地獄は永遠に」が中篇でしたが、なんだかSFというより神話を読んでいる気分になりましたよ。サタンやら創造主やら日本人には馴染みの薄い世界でした。
「ごきげん目盛り」は狂った高性能アンドロイドの話。恐ろしいです。狂ったアンドロイドはSFの永遠のテーマですなぁ。「ジェットコースター」なんかは面白かったですね。
ベスター氏によると、未来の人間たちはとにかく退屈で、新しい刺激を求めているようでした。

SFとしてきっと王道だと思うんですが、個人的にはもうすこしウィットにとんだというか、ユーモアのある話の方が好きです。背筋が冷えるようなSFはあんまり・・・
まぁ、描かれた時代が時代なんで(1940年?50年代)、暗くなってしまうのはしょうがないですね。当時読んでいたら相当面白かったろうな、と思います。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。