上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
インディアナ、インディアナ
柴田 元幸
朝日新聞社 2006-05-03
評価

by G-Tools , 2009/03/17



3月忙しかった・・・ほぼ毎日タクシーで帰宅していたので、本が進まなかったわ?朝の通勤時のみ読んでいたので半月以上かかってしまった。ちょっと落ち着いたので、またちゃんと本と向き合おう。忙しいときは気持ち半分で本を読んでいる気がします。


とっても静かな小説でした。
インディアナに暮らす独りの老人、ノア。
誰もいなくなった古い家で、物思いにふけるノア。それは追憶であり、幻想であり、今の憂いであり・・・彼の思いの欠片を集めていくと、彼の人生が見えてくる。
劇的な展開があるわけでなく、心揺さぶられる衝撃があるわけでもないが、心に響く何かがある小説です。

ちょっと普通の人とは違ったノアだけど、彼は彼なりに人生を楽しんでいたことや、愛する人との美しい日々があったこと、そして一人になってしまった今も、それほど不幸ではないことが感じられる。寂しさが全編に漂ってはいるけれど、私はノアを不幸だとは感じなかった。その気持ちは小説の後半に行くにしたがって確信できた。みんな先に逝ってしまったけれど、彼は皆に愛され過ごした記憶に満ちているんだもの。そう遠くない日、皆がいってしまったところにノアもたどり着けるはず。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。