上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

punk


行ってきました??劇団☆新感線!!
今回は本当にチケット取るのが大変で、ちょっとあきらめかけていましたが、なんとかゲット!!

いのうえ歌舞伎・壊<Punk>『蜉蝣峠』
 作  宮藤官九郎
演出  いのうえひでのり
出演 古田新太・堤真一・高岡早紀・梶原善
    勝地涼・木村了

キャスト・スタッフを見るだけでも盛り上がりますね?
素敵なキャストさんの写真がHPに出てるので、見てみてください?

今回はなんと言っても・・・・
堤真一だ?!!

うう 堤さんを好きになって十数年・・・こんなにもかっこいい堤さんに出会えたのは初めてです!MY BESTですディレクターズカット版で堤真一スペシャルDVDを作って欲しいほどです。
古田さんにしろ、勝地涼くんにしろ、好きな役者さんいっぱい出てたけど、堤さんに目を奪われてしまって・・・ふるちん、ごめん

着流しに、長髪って・・・どストライクだ?思わず出てきた瞬間、悲鳴をあげてしまいそうでした Jファンの人たちのあの歓声を初めて理解できたかも・・・
2時間半見終わって、私の中には堤さんしかいませんでした・・・

ちょっと落ち着いて、内容はといえば、クドカンらしい面白いんだか、面白くないんだかといった下ネタギャグを散りばめつつ、新感線らしいど派手な殺陣。ここでも堤さんの殺陣が光るんだなぁ? 
今回は、PUNKを期待していたけど、音楽は演歌?歌謡曲っぽかったなぁ。もっと音楽は派手でよかったかなぁ。そんでもって、舞台がちょいと狭そうでしたね。動きの多い新感線には手狭な感じがしました。映像は上田大樹さんなので、あいかわらず楽しませてくれました。
ん?楽しかったです

スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。