上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何やら日テレでは、岡本太郎の「明日の神話」再生プロジェクトなるものをやっているらしく、2階のホールに簡単な展示がしてある。
そこには岡本太郎の言葉が書き込まれていて、それが目をひいた。
「芸術は爆発だ!」は言わずもがな有名なフレーズだけど「 字は絵だろ 」っていう言葉に心ひかれた。うん、合ってる。
合ってるけど改めて言われると、そうかーと思う。
高校の時に書道をかじっていたので、字は創作するものだと思っている。
思っていたけど、なんかこのフレーズに惹かれちゃった。
これね、”だろ”がいいんだね。
「女は顔だろ」  言われたら相当腹立つけど、やけに説得力ある感じするもんね。

そしてもうひとつ。
 
自分の中に毒を持て。

これ、パソコンの文字で打つの、惜しいな。
んー。毒だらけ・・・
物理的な意味でもそうだけど、私の中には確実に毒が満ちている・・・
持ってていいのかな?太郎がそういうなら、いいのかな。
私ね、男でも女でも善良と言われる人があまり好きじゃない。
その人の中に何かしらの毒を感じないと面白みがないし、人として興味を惹かれないのね。
ちなみに悪い奴が好きという意味ではない。毒は悪じゃないからね。むしろ灰汁?・・・あ、上手い。シャレたいわけじゃないんだけど、やっぱり灰汁に近いよね、毒って。
適度な毒が人を造る。それがいい。
でも、今はちょっと毒たまりすぎかなぁ。灰汁抜きしないと本当に食えたもんじゃなくなっちゃうわ。

要はね、疲れてんの。稲中に出てくるキャラみたいにほへぇと口開けて魂抜きたい気分なの。悪いね。
あー美術館行きたい。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。