上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
プリンセス・トヨトミ
万城目 学
文藝春秋 2009-02-26

by G-Tools , 2009/04/06




おお!万城目の新作!と思って、読書中の本をほっぽって読みました。
ほほぉ?京都(鴨川ホルモー)、奈良(鹿男あをによし)ときて、今度は大阪です。万城目三都物語が完成です(笑)。

内容は簡単に言うと、大阪に隠された独立国家があったという話で、それに気づいた会計検査院なる国家予算を調べている役所の精鋭とその国家の存続の攻防です。前半は検査院の仕事について、後半からその国家の在り様と存続の攻防となりますが、面白いのは前半までだったなぁ。
あとの国家の全様が明らかになっていく流れ、国民が集結する流れ、どうも面白がれませんでした。結末にいたっても全く納得いかず。関東出身の女だからかね?

ワクワクさせられなかったのが残念。
『鹿男?』がやっぱり好き。
次回はどの地域が舞台になるか楽しみです。滋賀とか?

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。