上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
恋文の技術
森見 登美彦
ポプラ社 2009-03
評価

by G-Tools , 2009/04/27




久々モリミー。新婚のモリミー。
全て手紙の形で書かれている本。
京都の研究室に飛ばされた大学院生守田一郎が、文通武者修行と称して、いろんな人と交わす手紙の数々。
これぞ、森見独りよがり文学の骨頂とも言うべきか。文通の片方の手紙だけなので、独りよがりにも拍車がかかっております。
友人、小松崎の恋の悩み相談、大塚緋沙子なる羽貫さんみたいな強烈な先輩との応酬、妹への強がり、家庭教師をしていた小学生への教え、さらには森見登美彦との不毛なやり取り、そういう人たちとのやり取りを通して、遠くはなれた京都で起きていること、守田のいる能登での生活が見えてくる。それぞれの手紙の時差や、相手によってニュアンスの変わる文章など、なかなかに面白い。
形として面白い。

でも、やっぱり手紙なので、ある程度の量で区切られてしまい、自然勢いはなくなってしまう。全様がちょっとずつ見えてくる面白さと引き換えな感じ?
好き嫌いがあるかも。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌





つなさん、こんばんは~
確かに、装丁は作品に合っていてとてもいいですよね。

つなさんが書いてたように、大文字山への招待状もかわいらしいというか、こ憎たらしいというか、ニヤリとしている守田を想像できますよね(笑)。

私は、シビアな妹が結構気になる存在でしたよ。

モリミーのブログ、面白いですよね。でも、トークライブのお知らせで初めてモリミー実物を拝見して、ちょっと・・・・これからもモリミーのイメージはクマのぬいぐるみのままにしようと思いました。
【2009/06/17 14:58】 URL | momo #-[ 編集]
momoさん、こんばんはー。
私は全面的に好き!な方でした。
モリミーは、装丁も恵まれているというか、いいですよね。
こんなにラブリーでずるい!、と良く分からない感じで、憤慨しそうになりました。

新婚モリミー、ブログに出てくる妻の話も、やはりそこはかとなくラブリーです。
【2009/06/15 23:39】 URL | つな #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。