上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末、『ゼブラ』を観に行った。
初シアタークリエ。新しいだけにキレイ。ロビーが狭いせいか、開演前の飲食OK。珍しい。

向田邦子の『阿修羅のごとく』をモチーフにしたという四姉妹のお話。
四姉妹は、斉藤由貴、星野真理、山崎静代(南海キャンディーズ)、大沢あかね。
斉藤由紀の夫に入江雅人、しずちゃんの婚約者に今井ゆうぞう、大沢あかねの夫に是近敦之。
三女の引っ越しを手伝いに集まる姉妹とその夫たち。そんなバタバタとした日、母が病院で逝く。
四姉妹たち一家と、それぞれが持った家族の大小の問題を描き出す。

お付き合いで行きましたが、なかなか楽しかった。セットが久々に観る感じのレトロな一軒家で、割と好き。下手するとドリフに見えちゃうから一軒家セットは要注意。でも、ジャラジャラいう台所の暖簾とか、何故か床の間によくある馬(マイセン?)とか、ディテールもよかった。

そして、入江雅人さんを近くで見れて幸せだった。やっぱかっこええ。
どうも気になるのは、初演の大沢あかねではなく、最近は女優として認識されつつあるしずちゃん。やっぱ演技下手だと思う。あれは演技じゃないよな・・・しずちゃんじゃん。もっさいしゃべりとか動きとか。そのキャラクターが正解だというならいいんだろうけど、私には素人が演技する気もなくただやらされてるようにしか見えなかった。

そして残念なのが、星野真理。とても演技の上手な女優さんです。今回、開演10日前ほどに、壇れいさんが倒れ、代役に抜擢され頑張っている彼女。この短期間でよく作ってきたと思う。でもでも、やっぱり次女の年齢設定には合わないよね・・・手塚家唯一の独身で、みなが嫁いで行ってしまった後の家に残される次女。結構キーマンだったので、気の毒になってしまった。よく引き受けたよ。頑張ったよ。この短期間でやれる女優さん、限られちゃうもんね。
しっかし降板って、制作側にしてみると、なんて胃の痛むような話なんだろう。怖いわ?
次女の最後の回想シーン。なぜ背中を向けるのだ。私はあのシーンでは一番彼女の顔が観たかったのに。いや、見せられてもキツイ尺だったか・・・も。

ダメ亭主をやってた、戦隊もののヒーローっぽい、是近さん。いい男だったなぁ。


ほかに、WOWOWで『さよならシアタートップス』をやっていたので、観ました。
好きだったなぁ、シアタートップス。狭いけど、独特の空気感があって。
コマにシアターアップルも、そしてトップス。新宿の劇場がどんどんなくなっていく。
寂しいのぅ。
でも、お陰で、サンシャインボーイズの15年ぶりの公演が観られた。
内容はそれほど面白くなかったけど、あのメンバーでの芝居が観られることが嬉しいやね。

「これより15年間の休憩に入ります」

その言葉を信じて、また見られる日を楽しみにしていよう。
もう相当ババァになってるなぁ?


スポンサーサイト

テーマ:演劇・舞台 - ジャンル:アイドル・芸能





あ~気に障ったらすみません。
オブラートに包むのが苦手なので・・・

斉藤由貴さんは、独特の雰囲気があるので私はキライじゃないです。大沢あかねさんは、初演なのに全く不安な感じがないのがすごいと思いました。小さい頃から芸能界でもまれてるだけのことはあるなぁと。度胸が違うんでしょうね。
【2009/06/17 15:05】 URL | momo #-[ 編集]
シビアっすね~f^_^;
そのシビアな目で見て斎藤由貴さんと初演の大沢あかねさんはどうでしたか?
【2009/06/15 23:01】 URL | 松田 #tQ725RIE[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。