上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか日が経つごとに、マイケルの死が大きくなっていく。あれ?私、そんなにマイケル好きだったっけ?と思いつつ、昔のショートフィルムを見ていると、あ?そうだった!このときのマイケルはかっこよかったなぁとか、いっぱい思い出があふれてくるもんなんですねぇ・・・しみじみ。

自分がまだ小学生だった頃、洋楽のMVってすごくインパクトがあって、ミュートマとか観ては、衝撃を受けていたんだよね。それこそ、マイケルとかマドンナとかよく流れていて、意識はしてなかったけど、そういった音楽が自分の中に根付いているんだねぇ。

追悼番組とかで、色んな伝説やエピソードをなぞるごとに、マイケルってつくづく偉大だわと痛感。そして泣けちゃうんだわ・・・あ?寂しいねぇ、本当。

ここ何日か、マイケルのショートフィルムをいっぱい観てたんだけど、私は、『Bad』のショートフィルムがめちゃくちゃ好きです。このマイケルが一番かっこいいし、すごくマイケルっぽい。「ポウ!」って連発してるし(笑)、風に吹かれてるし、何より、ダンスがめちゃくちゃかっこいいのだ!
手足の長い、華奢なマイケルが映える映える。

次が、『Black or White』のマイケル。片手手袋はマイケルのシンボルでもありますが、このSFでは右手だけ、テーピングのような、プロテクターのようなものをつけていて、その分袖をまくっていて、そのアシンメトリーな感じがとてもかっこええのですよ。
アシンメトリーってマイケル好きなのかもね。髪型も片側だけアップにしてること多かったし。
この髪の長いときのマイケルが一番好き。

いやぁ、今さらだけど、Pfunkの影響が垣間見えたり、ダンスシーンなんかは、ウエストサイドストーリーっぽかったりと、当時はきづかなかったこととかあって、面白い。
2000年以降は、顔も崩れてしまって、色んな雑音があって、観てるのが辛い時期だけど、70年から90年のマイケルを今まで知らなかった人たちに見てほしいなぁとしみじみ思う最近です。


スポンサーサイト

テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。