上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
リメイク (ハヤカワ文庫SF)
Connie Willis
早川書房 1999-06
評価

by G-Tools , 2009/08/16





映像の技術が進歩したら、ハリウッドはどうなるのか?そんなSFです。
21世紀初頭が舞台なので、ちょうど今頃を想定して書かれているのですが、
コニーの先見の明にはいつも驚かされますね。
さすがに、本にあるように映画が作られない時代ではないけれど、
確かに最近のハリウッドはCGアニメかリメイク作品ばかりですもんね。
世界の目はハリウッドではなく、アジア映画に向いている気もするし。

小説の中のハリウッドでは、もう新たな映画が作られることはなく、
デジタル技術によって、過去の映画に手を入れたリメイク作品ばかりが作られている。
そんなハリウッドに生きる技術者の青年トムが、今や絶滅したミュージカルに出る夢を持つアリスに恋をする話。

とにかく、トムの会話は常に映画からの引用や比喩だったりするので、映画好きには相当楽しい本かもしれません。ただ、出てくる映画は相当古いです(笑)。95年に書かれているけど、新しい方で『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ぐらい。

映画なんて・・・と言いながら、映画をとても愛しているトムのひねくれているところや、アリスのミュージカルに向ける情熱。若い二人の違ったピュアさが、なんともコニーらしいラブストーリーです。
SFとしてのストーリーを楽しむというよりは、古い映画に思いを馳せながらほっこりする小説ですね。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。