上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
1Q84 BOOK 1
新潮社 2009-05-29
評価

by G-Tools , 2009/11/30




ついに読んでしまった。
春樹、年取ったなぁ?
という思いから抜け出せないまま読み終えてしまった。
いや、悪い意味ではなく、いい意味でも悪い意味でも・・・みたいなことなんだけど。
しょうがないのは分かってるの!分かってるんだけど、毎度毎度期待しちゃうからさ。あの学生時代に読んだ春樹の文章をさ。
ま、時代も変わるし、人は年取るし、自分も年取ったし、しょうがないさ。
もう”僕”はパスタをゆでないし、朝からジャズも聴かないし、猫も行方不明にはならないけど、あいかわらず、”素敵な女の子”は出てくるし、脇に汗もかくし、いつも電話は唐突に切られるから、世界はそんなにも変わっていないのかもしれない。

でも、いい意味で、とても丸くなった気がします。文章が。これまでのしゃらかした装飾がきれいに削ぎ取られて、すごく読みやすくなった。読みやすくなった分、春樹チルドレンたちが描く本と近くなったという不思議現象(笑)。何度も伊坂幸太郎の本を読んでるのかと錯覚した。

やぁやぁそれにしても、これはものすごいラブストーリーだったのですね。
なんて強烈な愛の物語。人生の中でほんの一瞬すれ違った縁が、こんなにも人の心に残るものなのでしょうか?人はその縁のため、自分の命をなげうてるものなのですか?

もしかして村上春樹ってものすごくピュア?それとも私が汚れたの?・・・そうかも。もしかしたら、私が無視し続けている流行の恋愛小説の数々。どっかの中心でなにやら叫んじゃったりする系。これらは、学生時代に読んでいたら、一緒に泣いていたのかも??これが、”春樹チルドレン”という意味なのか?
ちょっとショック。
もう、私はむさぼる様に春樹の文章を読めなくなってしまったのだろうか。
それでもまた、春樹が書けば私は読む。だって私もまた春樹チルドレンだから。なんつって。




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


村上春樹『1Q84』をどう読むか河出書房新社 刊発売日 2009-07-22 リ... アマゾン情報局【2009/12/23 12:25】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。