上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo
夜をゆく飛行機 (中公文庫)
中央公論新社 2009-05
評価

by G-Tools , 2009/12/02




角田さん、再婚おめでとうございます。
てか、離婚していたのをしりませんでした・・・
やはり恋多き作家というのはいいですよね。


久々に角田ワールド、せつなファミリーの話を読んだ。
なんだか、いつも「そこをつくかぁ」っていうところをつかれちゃうんだよね・・・本当に角田さんの描く家族って、切ない。
今回は、4人姉妹のいる酒屋の下町ファミリーが描かれているんだけど、その漫画みたいな家族を家族の一人が本にしちゃって、新人賞とかとっちゃって、少しずつ家族が変わっていく話。
バカみたいにのん気な家族のように見えても、ひとりひとりが色々と抱えていて、子どもの成長とともに、家族なんてどんどん変わっていってしまう。ずっとそこにあるものだと思っていた家庭っていうものが、永遠ではない。そんな当たり前なんだけど、気づかないでいてしまいそうな、家族の在り様を絶妙に描いています。

そりゃ小説だから多少はキャラがたった登場人物だけど、でも、やっぱりどこにでもある家族の形だと思うんだよね。高校を卒業する年頃の娘の視点っていうのが、上手いところで、それまで当然あると思っていた家族の庇護が薄れていくのを感じる年頃なんだわ。そうして、自分の親も姉もみな、一人の人間として弱いところも理不尽なところもある、自分と同じような人間なのだと気づく。
気づいた後の人生のいかに心細いことか。そして、それでもそばにいる家族のありがたいことか。
そんな家族に対する色々な感情を刺激されます。

居場所がない気がして居心地が悪いときもある。近すぎてうっとおしいこともある。
恥ずかしい。憎たらしい。顔も見たくない。
色々な想いが詰まっている自分の家族。
でも、いてくれてよかったという瞬間がきっとあるはず。
家族って、存在そのものが思春期みたい(笑)。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 たまゆらのつぶやき, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。